プロフィール

藤桜の姫

Author:藤桜の姫
『ようこそ!!ご訪問頂きありがとうございます。』

『ブログでは、長年苦しんだアトピーについて書いています。また、アトピーと“食事”、“季節”、“心”との関係や“身体の仕組み”、“アトピーから学んだこと”など、私がアトピーで悩んでいた時に知りたかった色々な情報を載せています。アトピーの方もそうでない方も、ぜひ読んでみて下さいね^^』

【☆始めての方は、左下のカテゴリ欄の目次をクリックして下さい。今までの記事のリスト載せていますので、そこから読んでみて下さいね!!】


最新記事


カテゴリ


月別アーカイブ


最新コメント


最新トラックバック


FC2カウンター


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今年は、空梅雨かと思いましたが、
ようやく梅雨らしい雨が降り始めましたね

私の住んでいる場所は、雨量が少ないと断水することもあるので、
梅雨時期は、断水しない程度に雨が降って欲しいものです

私自身、リンパ液(浸出液)が酷く出ている時は、
そのリンパ液を洗い流すために、お風呂が欠かせませんでした

酷い時は、1日に3回ほど入っていましたから。。。

だから、もし断水になってしまったら…
と思うと、当時はとても不安でたまりませんでした

だって、悲惨な状態に陥るのは目に見えてますからね。

健康な皮膚であれば、1日2日、お風呂に入らなくても大丈夫かもしれませんが、
アトピーが酷くでている時は、断水は死活問題です。

ただ、雨は自然現象なので、
雨が降らないからといって、誰かを責めるわけにもいきません。

誰も悪くないですからね。

しかし、よく考えてみると、梅雨らしい雨がなかなか降らない原因は、
もしかしたら“私たち人間”にあるかもしれませんよね

今の便利な社会と引きかえに、
私たち人間は豊かな自然を犠牲にしてきたわけですから。。。

雨が降らないのも、そして、断水という事態になってしまうのも、結局は私たち人間が引き起こしたものかもしれませんね。

そして、アトピーも、私たち人間に原因があるのかもしれませんね。。。


突然ですが、皆さんは、自分のアトピーが噴き出た原因は、何だと思いますか

「日頃の不摂生が原因でしょうか?!」

それとも、「ストレスが原因でしょうか?!」

アトピーの原因は人それぞれだとは思いますが、そうした原因が引き金となって、アトピーが噴き出したのも事実だと思います。

では、アトピーが噴き出した後、皆さんはどんな対応をされましたか

「食事の内容を見直しましたか?!」

「運動を毎日するようになりましたか?!」

「睡眠時間を増やしましたか?!」

「ステロイドを止めましたか?!」

「健康食品を試し始めましたか?!」

「今までの治療方法から、別の治療方法に変えましたか?!」

………

きっと、自分のアトピーを少しでも早く治したいという思いから、インターネットなどで効果的な治療法を探しては、自分に合った治療法を求め、片っ端から様々な治療法を試された方もいるのではないでしょうか。

いきなり何でこんな質問をしたかというと、どれがアトピーの原因だとか、どれが間違った対応だとかいうことを決して言いたかったわけではありません。

以前の記事を見て頂ければ分かりますが、私も、自分のアトピーが噴出した原因が分からず、とにかく食事や運動、睡眠など日常生活全てを見直し、規則正しい生活を徹底してを実行してきた人間ですからね。。。

だから、片っ端から様々な治療法を試してしまう気持ちは、よく分かります

ただ、以前の記事にも書きましたが、「アトピーを必死になって治そう」と頑張れば頑張りすぎるほど、逆にアトピーが悪化してしまうことがあるんですよね。

それは、『体からの“大切なメッセージ”を、私たちがきちんと受け取れていない』ことと密接に関係していると私は思っています

というのも、私たちの体は、“意味もなく”アトピーという症状を体に出しているわけではないからです。

私たちの体は、私たちに少しでも早く“大切なメッセージ”に気づいて欲しくて、アトピーという形で、体からメッセージを出しているんですよね。

だから、私たちの体は、ただ必死になって、
私たちにメッセージを伝えようとしているだけなんです

しかし、私たち自身が、その体からのメッセージをきちんと受け取れずに、体からの“大切なメッセージ”であるアトピーを様々な治療法で、ただ『抑えてしまう』と、私たちの体はどんな気持ちになるでしょうか??

皆さん、少し、体の気持ちになって考えてあげてみて下さい

「えっ?!体の気持ち??」と思われる方もしれませんね

でも、決しておかことではないんですよ

皆さんも、「私たちの心と体は繋がっている」という言葉を
耳にされたことがあるのではないでしょうか。

そして、その言葉の意味を、何となくでしょうが、
皆さんも感覚では分かっていると思います。

気持ちが落ち込んでいる時は、
食欲も湧いてきませんもんね。

他にも、緊張すると、トイレが近くなったり、手に汗をかいたりと、皆さんも「心と体は繋がっている」ということを身近に感じていると思います。

つまり、
『体が発する症状は、私たちの心(本当の思い)が発するメッセージでもある』わけなんですよね

そうすると、様々な治療法でむやみやたらに、アトピーの症状を抑えてしまうと、私たちの体、つまり心はどんな気持ちになるでしょうか?!

『皆さんも、自分の本当の思いを、無視されたり、抑えつけたりしたら、どんな感じがしますか?!』


…私は、とても嫌です。

自分の気持ちを分かって欲しいと強く思いますね。

“皆さんはどうでしょうか?!”

きっと、自分の気持ちを抑えつけられて、気分の良い人はいないでしょう。

そして、アトピーが噴出している時の私たちの体も、実はこんな気持ちでいるわけです。

『ただアトピーという症状を抑えるだけで終わらないで、隠された自分の本当の思いに気づいて欲しい』と。


皆さんの中には、この話を受け入れるのは難しいと思う方もいるでしょうし、アトピー体質だからアトピーの症状がでるだけだと思っている方もいるでしょう。

もちろん、それを否定する気はありません

私の話が受け入れなくても、人それぞれの考えがありますから、
それはそれでオッケーだと私は思っています

でも、もしアトピーがなかなか治らなくて困っている方がいるのであれば、今までの考えから、アトピーの見方を少し変えてみてはいかがでしょうか。

見方を変えるだけでも、新たな“気づき”“発見”があると思います。

自分の殻から一歩、外にでてみませんか?!


*************************************
いつもブログを読んでくださる皆さんへ

『いつもブログを読んで下さってありがとうございます

“皆さんのアトピーは、一体どんな自分の本当の思いに気づいて欲しいのでしょうか??”

この機会に、自分の心と向き合ってみてはいかがでしょうか

そして、どうしようもない時には私にメールを下さい。

自分一人で悩まないで下さいね。

『それでは、更新の励みになりますので、今後とも応援もよろしくお願いします
 ↓↓         ↓↓
にほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

*************************************

テーマ : アトピー性皮膚炎 - ジャンル : 心と身体

皆さん、お久しぶりです
今年の梅雨入りは、例年と比べると、とても早かったですね。

梅雨時期といえば、自律神経が気圧の変動や湿度に多大な影響を受けるため、体に様々な症状が出てくる季節だと言われています

そのため、アレルギー疾患はもちろん、アトピーや喘息、蕁麻疹や意味不明の湿疹が長引くといった、様々な症状が出てくる時期でもあります。

そして、この時期を乗り越えれば、暑い夏がやってきますよね

この梅雨から夏にかけての時期は、身体の排泄能力が春よりもさらに高まってくるので、皮膚に出ている症状が悪化したり、痒みが増したりと、アトピーの方にとっては、辛い時期が続きますが、こういった時だからこそ、身体を労わってあげることが、とても大切なことだと私は思います。

というのも、「この時期をどのように過ごすか」で、
秋以降、アトピーの状態の明暗を分けることにもなるからです。

だからといって、皆さんを脅しているわけでは決してありませんよ。

この時期は、食事や睡眠、運動など日常生活を見直す良い機会でもあります。

この絶好の機会に、皆さんも、日頃の生活を見直されてみてはいかがでしょうか。

秋以降のアトピーの状態に、変化がでてくるかもしれませんよ。

ただ、『ただ』です

自分の限界を超えるほど頑張り“すぎる”と、
逆に、身体には悪影響を与えてしまいます。

とても矛盾した言い方になってしまいますが、
何事も度が“すぎる”と自分の思うように事が進まなくなってしまうのです。

やはり、何事もバランスなんですよね。

ここが難しいところです。

私もアトピーが酷く出ていた時は、食事や睡眠、運動などの生活習慣を徹底的に見直し、規則正しい生活を送ることに必死になって取り組んでいました。

だって、アトピーを治したいですから。。。

だから、家族が、私の前で自分の好きなものを食べていても、いくらでも我慢できたんです。(今は無理ですけどね)

私は、何年もの間、そうしてきました。

まるで、何かに取り憑かれたかのように、
必死になってアトピーを治そうとしていましたね

アトピーを治すことに必死になりすぎて、
当時の私は、自分を冷静に見つめ直すことができなかったように思います。

きっと、心の感覚が鈍くなっていたのでしょう。。。

でも、いくら必死になって頑張っても、我慢しても、
なかなかアトピーは治らなかったんです。

食事も、睡眠も、運動も、どれも規則正しい生活をしているのに、
一体、何がいけなかったのでしょう

一生懸命頑張っているのに、アトピーが治らないなんて、不思議ですよね

しかも、その頑張りは、アトピーに命を捧げるくらいの勢いで、
並大抵の頑張りではなかったわけですからね。。。

そのため、『一体、自分のどこに問題があるのか』、
当時の私は全く気づくことができませんでした

むしろ、『私自身には、問題なんて全くない』と思っていましたね。

でも今思うと、当時の私は、
アトピーのことだけに囚われすぎていたのではないかと思うんです。

アトピーという症状が出ている以上、
治そうとするのは当然のことです。

アトピーの症状が酷く出ると、
日常生活を送ることが、とても難しい事態に陥ってしまいますからね。

ただ、アトピーのことだけに囚われ“すぎる”と、
自分自身が見えなくなってしまいます。

つまり、「本当は、何がしたいのか」という、
本当の自分の思いが分からなくなってしまいます。

そして、アトピー以外のことが、目に入らなくなってしまうんですよね。

すると、自分の世界が“アトピー、一色の世界”になってしまいます。

これでは、一生懸命、頑張ってアトピーを治しているつもりが、逆に、自分自身の心がアトピーに囚われてしまい、その囚われた状態から抜け出さない限り、アトピーはなかなかよくなりません。

だって、『自分の心までもアトピー』に犯されてしまっているわけですからね。

当時の私が、まさにそのような状態でしたから、アトピーを治そうと頑張れば頑張るほど治らない、そんな悪循環にはまってしまっていました。

そして、その悪循環から抜け出すことができたからこそ、
私は、自分のアトピーを治すことができたと感じています。

私が、その悪循環から抜け出すためにしたことは、ただ一つです。

それは、『アトピーへの執着を手放す』、ということです。

ただ、それだけです。

だからといって、規則正しい生活を全て放棄するということではないんですよ。

規則正しい生活をベースとしながらも、「自分の心が望むこと」「自分の心が満足すること」もしてあげる、そんな生活に変えていきました。

要するに、「自分の心が疲れないように労わってあげる」ような生活にシフトしていったんです

例えば、時には自分の好きなものを気の済むまで食べる、
といった自分へのご褒美の日を作りました。

そうすることで、何より心が楽になっていきましたね。

というのも、「アトピーを治すまでは頑張らなくてはいけない、少しでも気を抜いたらいけない」と思っていましたから、その呪縛から解き放たれたので、気持ちが随分と軽くなりました。

すると、不思議なことに、アトピーも少しずつ治まってきたんですよね。

嘘のようですが、本当の話です。

だからもし、アトピーを治すことだけに頑張りすぎているのであれば、一度アトピーへの執着を手放してみてはいかがでしょうか。

“アトピーを治したい”という気持ちが強いほど、
アトピーへの執着を手放すことは、なかなか難しいかもしれません。

しかし、一旦、アトピーへの執着を手放すことで、
自分の心が軽くなってきます。

そして、心が軽くなることで、
アトピーも自然とよくなってくるのではないかと私は思います。

皆さんの心は、今、何色でしょうか

アトピー、一色になっていませんか

もし、アトピー、一色になっているのであれば、
一度、“ポイッ”とアトピーへの執着を捨ててみませんか

何か変わるかもしれませんよ

*************************************
いつもブログを読んでくださる皆さんへ

『いつもブログを読んで下さってありがとうございます

“皆さんはの心の世界は、何色ですか??”

“心までアトピーになってませんか??”

この機会に、自分の心をを見つめ直してみてはいかがでしょうか

そして、どうしようもない時には私にメールを下さい。

自分一人で悩まないで下さいね。

『それでは、更新の励みになりますので、今後とも応援もよろしくお願いします
 ↓↓         ↓↓
にほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

*************************************

テーマ : アトピー性皮膚炎 - ジャンル : 心と身体

目次

いつもブログを読んで下さってありがとうございます

少しずつですが、投稿した記事も多くなってきたので、
整理の意味を含め、目次を作りました。

それぞれのタイトル( 「 」 の部分 )をクリックすると、
そのタイトルの記事が開くようにしてあります。

よければ、利用して下さいね

*最新記事には、投稿した日付と『-New!!』とつけてます。

<ご挨拶>
-私のことやブログを始めた経緯を書いてます。
ブログを読んで下さるみなさんに向けたご挨拶のつもりです。

タイトル:
「はじめまして。私はアトピーです。」


<脱ステロイド前>
-脱ステロイドを始める前、私の体がどういった状態だったのか、
誕生してから順に細かく書いています。

また、自分の体に起きた症状だけでなく、その時起きたこと、
例えば「いじめ」や「受験」もふまえて、自分がその時感じたことも書いています。

タイトル:
1.「幼少の頃から小学生頃のアトピー1」
2.「幼少の頃から小学生頃のアトピー2」
3.「幼少の頃から小学生頃のアトピー3」

4.「中学生の頃のアトピー1」
5.「中学生の頃のアトピー2:異変」
6.「中学生の頃のアトピー3:異変」
7.「中学生の頃のアトピー4:異変」

8.「中学生の頃のアトピー5:最悪の出会い 序章」
9.「中学生の頃のアトピー6:最悪の出会い 2」
10.「中学生の頃のアトピー7:最悪の出会い3」
11.「中学生の頃のアトピー8:最悪の出会い4」


<現在のアトピーの症状>
-現在の私のアトピーの症状を書いてます。

タイトル:
1.「脱ステ中のアトピーの症状 2012/3/1現在」
2.「脱ステ中のアトピーの症状 2012/3/10現在」
3.「脱ステ中のアトピーの症状と近況 2012/3/31現在」
4.「脱ステ中のアトピーの症状と近況 2013/4/24現在」
5.「脱ステ中のアトピーの症状と近況 2012/5/5」
6.「汗疹のメカニズム」
7.「時間が薬」
8.「無理に歩き始めなくてもいい。」
9.「求めるばかりでは、何も手に入らない」


<いろいろ思うこと>
-日々、感じたことを書いてます。
アトピーの視点からのものが多いです。

タイトル:
1.「震災とアトピー、そして逃れられない現実」
2.「アトピーと外食」
3.「アトピーであっても、何であっても存在する意味はある」
4.「自分の考え方次第で世界は少しずつ変わってくる。」
5.「アトピーは簡単に治るから金はいらない?!」
6.「身の回りの出来事には、自分へのメッセージが詰まっている。」
7.「占いからみるアトピー」
8.「悪魔の種」
9.「心までアトピーになってませんか?!」


<アトピーと食事>
-アトピーと食事との関係について書いています。

タイトル:
1.「人間の本当の食べ物はなんだろう?!」
2.「“まるごと”食べるがポイント!!」
3.「玄米の力」
4.「秋の季節と『食べる』という行為」
5.「内臓にも休む時間を!!」


<アトピーと季節>
-アトピーと季節との関係について書いてます。

タイトル:
1.「梅雨時期のアトピー」
2.「夏の「冷え」にはご用心!!」
3.「七草は春の知らせ」


<アトピーと細胞>
-細胞からみたアトピーがどういったものなのか、詳しく書いています。

タイトル:
1.「“細胞”レベルでみる「アトピー」」


<身体の仕組み>
-私たちの身体の仕組みについて分かりやすく書いています。

タイトル:
1.「私たちの身体は全て1つに繋がっている!!」
2.「体内リズムの時間割」
3.「落ちた機能は『鍛える』必要がある。」

<アトピーと心>
-心がアトピーに及ぼす影響について色々な体験を織り交ぜて書いてます。

タイトル:
1.「自分の心の声を聞いてあげていますか?!」
2.「勇気を出して動いてみませんか^^」
3.「『自分の本当の思い』と「大事なお知らせ」」
4.「自分の殻から一歩外にでてみませんか?!」


<お知らせ>

タイトル:
1.「私も、あなたも、一人じゃない。」
2.「アトピー仲間の輪」

※アトピーに関する情報など参考になることが、下のサイトから調べることができます。
興味のある方は参考にされてはいかがでしょうか^^

にほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ




ブログランキングNo.1

テーマ : アトピー性皮膚炎 - ジャンル : 心と身体

ゴールデンウィークが終わってしまいましたね。

皆さんは、今年のゴールデンウィークはどのように過ごされましたか

今年のゴールデンウィークは、去年と比べると、
とても過ごしやすい日が多かったのではないかと思います。

もちろん、汗ばむくらい暑い日もありましたが、
絶好の行楽日和だったのではないでしょうか。

私も、何十年かぶりに、
ゴールデンウィークを楽しむことができました

久しぶりに遠出し、家から離れた場所で、
休日を満喫することができました。

今までは、ゴールデンウィークであっても、
どこかに遠出することなんて「ありませんでした。」

というか、『できませんでした。』

というのも、以前の私は、車に乗ってるだけで吐き気をもよおし、行楽地に着いたら着いたで、きつくて歩くことができない状態だったので、行楽地を満喫すことができませんでした。

行楽地に着いても、ただ、『きつい』、とにかく、『きつい』としか感じず、『早くお家に帰りたい』と思っていました。

だから、遠出して「楽しい」なんて感じたことは、今まで全くありませんでしたね。

それどころか、「また行きたい」なんて微塵も感じませんでした

まさに、遠出は、私にとって、ただの『苦行』でしかなかったんです。

行楽地が悪いわけではないのですが、
私の目には、行楽地が地獄のように映っていましたね。

だから、連休が続いた日に、家族で遠出することなんてありませんでした。

家族も私が遠出をしたがらないことを知っていたので、
お休みの日に遠出しようと言い出す家族は一人もいませんでした。

今思うと、せっかくのお休みに、私に合わせて、家の中でばかり過ごすことになってしまい、家族には本当に申し訳ない気持ちになりますが、アトピーが酷く出ていた時は、そんなことを考える余裕なんて正直ありませんでしたね。

“自分のことだけで精一杯”

“生きているだけで精一杯”

そんな状態でした。

それが今年は、体調も良くなり、外出もできるようになったので、今年のゴールデンウィークは、とても充実した休日を過ごすことができました。

ここまで元気になって思うこと、
それは『時間が薬』だということです。

私は、アトピーを治す方法として、
“脱ステ”という道を選択しました。

“脱ステ”というと、ただステロイドを塗るのを止めることだと思われるかもしれませんが、実際はそれだけを意味するわけではありません。

ステロイドを塗らないということは、
『薬で身体に補っていたものを止める』ということでもある
のです。

すると、身体にはどのような異変が起こるでしょうか

今まで身体に薬で補っていたものを止めるのですから、もし薬でアトピーの症状を抑えていたのであれば、その抑えていた分だけ、身体にアトピーの症状が出てくることになりますよね。

“脱ステ”というのは、言葉でいうと、とても簡単で、短い言葉ですが、その言葉が真に意味することは、決して簡単なものではありません。

脱ステを経験したからこそ言えることでですが、
それは、とてもとても壮絶なものです。

普通の生活を送ることが難しくなりますからね…

だからこそ、私は“脱ステ”に関して、簡単に考えて欲しくはありません。

ただ、アトピーを治す方法として、“脱ステ”という方法を選択したのであれば、このことを一つ覚えておいて欲しいと思います。

それは、『時間が薬』だということです。

今まで薬で抑えていたものを、身体からアトピーという形で噴き出しているわけですから、その症状を抑えるには時間がかかります。

今までの記事でも書いていますが、
アトピーの原因が、たった一つということはありません。

内臓の消化・吸収、排泄機能などが上手く働いていなかったり、免疫力が低かったり、体温が低かったり、身体が酸化していたり、と他にも様々な原因が複雑に絡み合って、一番身体の弱い部分である皮膚にアトピーという症状で出てきているわけなんです。

そのため、これらの原因を解決していくには、時間が必要になります

そのことを忘れないで欲しいのです。

そして、時間がかかるからこそ、『焦らないで』欲しいと思います。

焦る気持ちは分かりますが、
焦れば焦るほど、悪い方へ悪い方へと向かってしまいます。

適度に息抜きをしながら、
自分のアトピーを長い目で治していきませんか。

きっと、治る日は来ますから、
それまで今まで頑張ってきてくれた自分の身体を労わってあげて下さいね。

アトピーの症状が出たのも、
『もう身体は限界だよ』という私たちへのメッセージだと私は思います。

そのメッセージを無視するのではなく、
耳を傾けてあげて下さい。

そして、焦らないで。。。。

これが、脱ステを選択した、私から皆さんへのメッセージです


*************************************
いつもブログを読んでくださる皆さんへ

『いつもブログを読んで下さってありがとうございます

アトピーの治療中は、自分の思うようにアトピーが治らないので、
焦ってしまう気持ちは分かりますが、やはり『時間が薬』です。

身体が本来持つ機能を回復させるには、時間が必要です。

そのことだけは、忘れないで下さいね。

それでも、どうしようもない時には私にメールを下さい。

自分一人で悩まないで下さいね。

『それでは、更新の励みになりますので、今後とも応援もよろしくお願いします
 ↓↓         ↓↓
にほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

*************************************

テーマ : アトピー性皮膚炎 - ジャンル : 心と身体

皆さん、ゴールデンウィークはいかがお過ごしでしょうか

ゴールデンウィーク中は、天気の良い日が続くそうのなので、
絶好の行楽日和になりそうですね。

日頃のストレスから解放される良い機会ですから、
自分の好きなことをして、お互いエネルギーを充電しておきましょうね


今回は『内臓にも休む時間を』の続きの記事を書いてきたいと思います。

皆さんは、1日24時間の人間の生活に、
「生理のリズム」があることをご存知でしょうか。

「生理のリズム」というと、少し難しく聞こえますが、
簡単に言えば、「体内リズム」のことです。

実は、人間の身体は、
毎日、ある一定のリズムを繰り返しているんですよ

その人間の「生理のリズム」ですが、
大きくつに分けられています。

まず、一つ目の時間帯は、朝から昼間までの時間帯、だいたい午前4時からお昼12時までの時間は、「排泄・浄化の時間帯」となっています。

次に、二つ目の時間帯は、お昼から夕方までの時間帯、だいたいお昼12時から午後8時までの時間は、「活動・消費の時間帯」となっています。

最後に、三つ目の時間帯は、夕方から朝までの時間帯、だいたい午後8時から午前4時までの時間は、「休養・蓄積の時間帯」となっています。

この人間の「生理のリズム」は、先程書きましたが、私たちの「体内リズム」でもあるわけですから、内臓がどのような時間割で働いているのかということを示しているものでもあるわけなんです。

ということは、この「生理のリズム」を知っておくことで、私たちは「いつ食事を摂っったら良いのか」、また「この時間帯は食事を控えた方が良いのではないか」ということが、自分でも把握できるようになってきますよね

『皮膚は内臓の鏡』とよく言われますが、まさに『アトピー』は“内臓の疲れ”が一つの引き金となって発症したものだと私は思います。

そこで、アトピーの肌の状態を少し思い浮かべてみて下さい。

皮膚がパックリ割れたり、そこから出血したり、
肌が乾燥したり、炎症が起きたり、リンパ液が出たりしますよね。

この皮膚の状態は、
決して皮膚の表面だけで起こっているわけではありません。

こうした状態は、
私たちの目に見えない“内臓”でも同じことが起こっているわけなんです

特に“内臓”は、私たちの目には見えないため、なかなか自覚しづらいですが、『アトピー』を持つ私たちの“内臓”はとても弱っているんですよね。

「内臓にも休む時間を」の記事でも書きましたが、口に食べ物を入れれば、あらゆる“内臓”がフル回転し、食べ物の処理に全力を注ぐので、食事と食事の間のほんの数時間しか空けないような食べ方をしていると、“内臓”は1日中休みなく働きっぱなしの状態になります。

しかも、これが1日だけではなく、毎日休みなく続くわけですから、
こんな食生活を送っていれば、“内臓”はすっかり弱ってしまっているはずですよね

さらに付け足して言えば、内臓は“細胞”からできているので、“内臓”が疲れていれば、自ずと私たちを形作っている“細胞”も非常に疲れた状態に陥っていることになります。

こんなに疲れ弱りきった状態の“内臓”であれば、
『アトピー』を発症してもおかしくはないですよね。

だからこそ、“内臓”にも休む時間を取ってあげることが必要になってくるわけなんです

先程の「生理のリズム」を簡単にまとめると…

①午前4時からお昼12時が“排泄の時間”
②お昼12時から午後8時が“摂取の時間”
③午後8時から午前4時が“吸収の時間”

となります。

この時間に合わせて、私たちの“内臓”は、身体に溜まった老廃物を排泄し、食べたものから栄養を取り込み、その取り込んだ栄養素で代謝し、細胞の入れ替えを行っています。

朝ご飯抜きと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、朝からしっかりご飯を食べることで、昨日食べたものからできた老廃物を体外に排泄する妨げになります。

また、食べた物を消化、吸収するには莫大なエネルギーが必要となるので、排泄の時間帯に、余計な仕事を増やすと、身体も内臓も細胞も非常に疲れてしまいます。

その結果、不要物を体外に上手く排泄することができずに、
そのまま体内に不要物を残してしまうことになります。

それが、むくみや冷えを引き起こし、
基礎代謝量を低下させてしまうことにもなるわけなんですよね

そのため、この人間の「生理リズム」に合わせて食事を摂ることで、“内臓の疲れ”を効果的に取ってあげることができるようになります。

そして、“内臓の疲れ”を取ってあげることは、
最終的に、荒れた肌を健康な状態に戻すことにも繋がるんですよ。

アトピーの原因は人それぞれですし、原因がたった一つということはありませんが、食事を摂る時間を見直されてみてはいかがでしょうか。

日中活動をして夜眠るといった脳と身体の休息のリズムは意識されますが、食べ物を消化したり、老廃物を排出したりする“内臓の休息”はなかなか意識されませんよね。


ただ、成長過程の子供は栄養をきちんと取らないといけないので、
子供が朝食を摂らないのは問題だと私は思います。

あくまで、今回のお話は成人の方向けのお話ですので、
その点はご理解下さいね。


“内臓の疲れ”を取ることに意識を向けることは、
自分の身体を大切に扱うということでもあります。

今まで皆さんは、自分の身体を大切に扱ってきましたか

このくらいは平気だと思い込み、
身体に負担のかかる食生活を送ってきたりしませんでしたか

この機会に、身体の内なる声に耳を傾けてみませんか


*************************************
いつもブログを読んでくださる皆さんへ

『いつもブログを読んで下さってありがとうございます

今回は、『体内リズムの時間割』について書きました

皆さんは、どのような食生活を送ってきたでしょうか

「皮膚は内臓の鏡」と言いますが、身体の外に出ていえる症状は、身体の中でも同じように起っているものです。

今一度、自分の身体の扱い方について見直してみてはいかがでしょうか。

それでは、残り少ないゴールデンウィークですが、十分楽しんで下さいね


『それでは、更新の励みになりますので、今後とも応援もよろしくお願いします
 ↓↓         ↓↓
にほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

*************************************

テーマ : アトピー性皮膚炎 - ジャンル : 心と身体

««BACK  | BLOG TOP |  NEXT»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。