プロフィール

藤桜の姫

Author:藤桜の姫
『ようこそ!!ご訪問頂きありがとうございます。』

『ブログでは、長年苦しんだアトピーについて書いています。また、アトピーと“食事”、“季節”、“心”との関係や“身体の仕組み”、“アトピーから学んだこと”など、私がアトピーで悩んでいた時に知りたかった色々な情報を載せています。アトピーの方もそうでない方も、ぜひ読んでみて下さいね^^』

【☆始めての方は、左下のカテゴリ欄の目次をクリックして下さい。今までの記事のリスト載せていますので、そこから読んでみて下さいね!!】


最新記事


カテゴリ


月別アーカイブ


最新コメント


最新トラックバック


FC2カウンター


私の住んでいる所では、昼間はまだ30度を越す暑い日が続いていますが、
朝と夜はだいぶ涼しくなってきました。

ようやく長かった残暑も終わり、
肌寒い秋の季節がやってくるようですね^^



以前、ブログでも書きましたが、
今年の夏、私は例年に比べ、大量に汗をかくことができました。

しかも、大量に汗をかくことができるようになっただけではなく、
“暑い”と身体が感じると、自然に汗がかけるようになっていました。

今までは、自然に汗をかくことができなかったので、真夏の暑い時間、特にお昼頃を見計らっては、掃除機をかけたり、階段を上り下りしたりといったような運動をすことで、汗を出すことに必死になっていました。

私にとって、汗を出そうと懸命に努力する真夏のお昼の時間帯は、
毎年欠かすことのできない恒例行事のようなものでした。

ところが、今年は必死なって汗を出そうとしなくても、汗が自然と出るようになり、
今年は今までの地道な努力が実った年だったのではないかと感じています。

そのため、アトピーの症状だけでなく、
身体全体が快方に向かっていることを強く実感していました。

そんな喜びを一人噛み締めていた頃、夏真っ盛りになるにつれて、
背中にボコボコした感触の赤い湿疹が徐々に広がり始めました。

アトピーの症状が落ち着いてきたと喜びを感じていただけに、
背中の症状が悪化したことは、私にとって、とてもショックな出来事でした。

しかも、その湿疹がなかなか治らないことが、さらに精神的に追い討ちをかける形となり、
夏真っ盛りの頃はすっかり落ち込んでしまっていました。

実は、夏に入る前までは、背中に出ているアトピーの症状が落ちついてきていたので、この調子でいけば、「夏の終わり頃には、背中はツルツルお肌になっているはず!!」と密かに楽しみにしていたのです。

しかし、残念なことに私が期待していた通りにはいかず、
夏の間中、背中には赤い湿疹ができたままでした。

背中に湿疹ができ始めた頃は、特に心配することなく、症状の経過を見守ることができていたのですが、なかなか症状が治まらないとなると、焦る気持ちが強くなり、夏の終わり頃には、背中に出ている症状が本当に治るかどうかという不安で一杯になっていました。

そんな不安がピークに達した頃です。

丁度、朝と夜の気温が下がり始め、徐々に汗をかく量が減ってきた頃、
私のそうした不安をよそに、徐々に背中に出ていた湿疹が落ち着き始めてきました。

そして、なぜか、あっさり背中に出ていた湿疹が引いてしまったのです。

背中に出ていた湿疹が引いたことは、とても嬉しいことだったのですが、あんなに不安を感じていたにも関わらず、背中に出ていた症状があまりにもあっという間に治ってしまったので、呆気にとられてしまいました。

そのため、背中に突然できた赤い湿疹が一体何だったのか、
とても気になって仕方がありませんでした。

夏真っ盛りの頃と夏の終わり頃の違いといえば、
私の場合、「汗をかく量の違い」しか思い当たる節がありません。

食事の内容や運動量に関しても、その前後で特に不摂生をしたわけでも、運動量を増やしたり減らしたりしたわけでもなかったですし、その前後で起こった大きな違いといえば、「汗をかく量の違い」だけしか考えられませんでした。

、、、ということは、私の場合、
背中にできた赤い湿疹は、どうやら『汗疹』だったみたいです。

よく考えてみれば、今年は去年に比べると大量の汗を出すことができるようになったので、
汗腺が、その大量の汗を上手く処理することができなかったのだと思います。

アトピーの私は、大量の汗をかくことで、汗疹が特に悪化してしまい、ボコボコとした感触の赤い湿疹が背中にできてしまったのでしょう。

汗疹とアトピーとの関係について調べてみると、
アトピーの方は、汗によって『汗疹』が悪化してしまうケースがあるようです。

ところが、純粋な汗疹に関していえば、
汗が直接的に『汗疹』を作っているわけではないそうです。

つまり、『汗疹』は汗が直接肌にダメージを与えることで、
汗疹ができるというわけではないようです。

汗は「毛穴から出るもの」と思われがちですが、
実際、汗腺の一つである“エクリン腺”と呼ばれる皮膚に開いた管から汗が出ています。

汗腺には、“エクリン腺”と“アポクリン腺”の2種類あるのですが、今紹介した“エクリン腺”は毛穴とは別の1本の管のような器官になっており、汗のほとんどは“エクリン腺”から出ていると言われています。

コイル状に絡まったようになった管で汗を作り、
管の先端は皮膚表面に繋がっているのです。

そして“暑い”と身体が感じると、この“エクリン腺”から汗が出てくるわけです。

一方の“アポクリン腺”は、毛穴に付属したような器官で、
思春期以降に発達し始め、ベタつきのある汗を少量出すと考えられています。

“エクリン腺”から出る汗と違う点は、
“アポクリン腺”から出る汗の方が臭いが強いという点になります。

このように、汗は毛穴からではなく、“エクリン腺”から出てくるのです。

そして、この“エクリン腺”エクリン腺の出口が詰まってしまうことが、
汗疹ができる切っ掛けとなってしまうのです。

そのため、“エクリン腺”の管の先端が詰まることで、管の内部で汗が溜まり、その行き場を失った汗が、管の外側である皮膚の内部に漏れ出てしまい、それが原因で皮膚がダメージを受け、汗疹ができてしまうというわけなんです。

要するに、汗を出す管であるエクリン腺が詰まらずに、汗が順調に出てくれれば、
どんなに汗を大量にかいても汗疹はできないということです。

私を含めアトピーの方は、皮膚が薄い上に、汗を出す“エクリン腺”が上手く機能していなため、汗を適切に処理することができず、汗疹を悪化させてしまうようです。

夏は通気性の良い服装を着て、なるべく身体に熱を持たせないようにすること、そして、汗をかいた後は、塗れたたタオルできれいに汗を拭き取り、その後きちんと肌を保湿剤でスキンケアしてあげることが大切だと思います。

今回私は汗疹で終わりましたが、汗疹は熱感を持つだけでなく、
痒みを伴うので、ついつい掻きつぶしてしまい細菌感染することがあるそうです。

この汗疹に細菌が感染すると、症状が悪化して、
「とびひ」に移行することもあるので注意が必要なようです。

残暑ももうすぐで終わりますが、
まだ昼間は暑く汗をかく機会もあると思います。

きちんと汗の処理をして、皮膚に出ている症状が悪化しないように、
お互いお肌の手入れを欠かさないようにしましょう^^



また、以前の記事でも書きましたが、夏は汗も大量にかきますが、
消化器官が非常に弱っている季節でもあります。

皮膚に出る症状は、汗だけでなく、
“自分の口にするもの”からよく悪化すると言われています。

消化器官が弱っている夏の時期は、食べ物には十分気をつけましょう。

特に、揚げ物などの酸化した食べ物は、
身体に活性酸素を発生させ、身体の組織が錆びる原因になります。

身体の組織が錆びてしまっては、身体の機能は上手く働かないばかりか、
アトピーを治すことなんて到底できません。

アトピーを治す身体作りのためにも、
活性酸素を発生させる揚げ物類には注意する必要があると思います。

もしこの夏に皮膚に出ている症状が悪化された方は、
汗や口にしたものを見直してみると、症状が悪化した原因が何かわかるかもしれません。



☆『いつもブログを読んで下さってありがとうございます^^
昨日、間違って途中まで書いた記事をアップさせてしまいました。
その時は「食べる」という行為が、私たちの身体にとってどのような行為なのか
について書いていたのですが、夏も終わるので汗疹の記事に変更しました。

身体に「食べる」という行為がどういうことなのかについては、
次回お話できたらと思います。

最後に更新の励みになりますので、応援もよろしくお願いします^^』
    ↓↓         ↓↓
にほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

テーマ : アトピー性皮膚炎 - ジャンル : 心と身体

ゴールデンウィークも後半にさしかかりましたね。

ゴールデンウィーク前半の天気はあまりよくなかったですが、
残り2日間は天気が回復してくるみたいです。

遊びに行く予定のある方は、思う存分楽しんできて下さいね。

遊びに夢中になって、アトピーのことを忘れる時間というのは、とても大切だと思います。
何といっても、遊びに夢中になっている時は、痒みも感じません。

不思議なことですが、自分が好きなことをしている時は、身体も喜んでくれているようです。

お休みも残り2日ですが、
この機会に、日頃のストレスを発散し、お互い心と身体をリフレッシュしておきましょう^^



前回の記事を書いてから1週間ほど経ちますが、
あれから少しずつ体調は良くなってきています。

あの時はまだ、何をしていても体がきつくてたまらず、
お昼になると必ず寝込んでしまっていました。

そのため、ただじっとベットに横になって、
きつさが通り過ぎるのを待つことしかできませんでした。

アトピーの症状が悪化することはありませんでしたが、とにかくきつかったです。

しかし、記事を書いた数日後には、お昼になると必ず寝込まないといけなかった状態から、
お昼にベットに横にならなくても1日元気に過ごすことができる状態にまで回復してきました。

もちろん、まだ突然気持ちが悪くなったりすることはありますが、
体が重く感じることが少なくなってきたので、近所を散歩することができるようになりました。

ほんの数日前では、体がきつくてたまらず、ベットに横になっていないといけなかった状態が、近所を散歩することができる状態にまで回復するなんて、自分でも信じられません。

まるで魔法にでもかかった気分です。

でも、そんなに都合の良い魔法があるわけないですよね。

きっと、私の体が急激な気候の変化に慣れてきたのでしょう。

だから、ここ最近、急激に体調が回復してきたのだと思います。

今回の季節の変わり目は、特にきつかったので、
きつい思いをした分、1日を元気に過ごせることはとても嬉しいのですが、

その反面、季節の変わり目に体調を崩したということは、私にはまだ、環境の変化に対応できる丈夫な免疫力が備わっていないという証拠でもあるので、とても複雑な思いで一杯です。

なぜなら、私にしっかりとした免疫力が備わっていれば、
季節の変わり目に、ここまで体調を崩すことはなかったわけですからね。

こうしたことから考えても、
アトピーの私は、健康な方と比べると、断然免疫力が低いはずです。

そして、免疫力が低いからこそ、アトピーを発症してしまっているのだと思います。

実は、数年前、今よりもアトピーの症状が酷く出ていた時、
心配になって血液検査と尿検査を受けたことがあります。

しかし、何も異常は見つかりませんでした。

免疫システムの要である白血球の数も正常値で問題ないと言われたのです。

こんなにアトピーの症状が酷く出ているのに、
“何も異常がない”ということ自体、おかしいと思いましたが、
その時はただ、お医者さんの言葉をそのまま受け取ることしかできませんでした。

そして結局、血液検査を受けたものの、何もわからないまま終わってしまいました。

しかし、1年くらい前に、免疫は、病気から体を守る白血球の数だけが問題ではなく、
リンパ球、単球、顆粒球といったそれぞれ役割を持った白血球がお互いバランスを取りながら働いている時に、免疫システムが健全に機能するということを知りました。

そこでもう一度、当時の血液検査の結果を見直してみることにしました。

正常な白血球のバランスは、およそ「リンパ球35%、顆粒球65%」だと言われています。
そして、顆粒球が70%を超えると、様々な病気を招くことなるので注意が必要だそうです。

私の当時の血液検査の結果は、
“リンパ球18%、顆粒球77%”と白血球のバランスが全く取れていなかったのです。

しかも、私の顆粒球の値は77%と正常値を遥かに超えており、
異常なほど顆粒球のパーセンテージが高くなっていました。

当時、お医者さんには、“体に異常は見当たらない”と言われましたが、
実際には、体に異常が“あった”わけです。

そして、顆粒球が多すぎるということは、
交感神経が緊張した状態が続いているということも意味しています。

交感神経とは、
自らが意識せずに体の各機能を調整するために働いている自律神経の一つです。

大まかに言うと、
交感神経は、人間が活動している時、ストレスや緊張を感じた時に働く神経で、
もう一つの副交感神経は、人間が休息や体の修復をしている時、リラックスしている時に働く神経です。

この二つの神経が、バランスよく切り替わることで、血流や内蔵機能を正常に保つことができます。決して、どちらか一方に傾いているのが良いわけではありません。

私の場合、交感神経が活発に動いているわけですが、
交感神経が緊張した状態が続くと、血管が収縮して全身の血液循環が悪化し、低体温になってしまいます。

さらに、顆粒球は細菌と闘った後に、活性酸素を発生させるので、様々な病気を招くことになってしまうそうです。

当時のことを振り返ると、確かに体温は低かったように思います。
真夏にも関わらず、長袖で過ごしても平気でしたし、クーラーをつけている部屋には、寒くていられませんでした。

おそらく自分が考えている以上に、体の中はかなり冷えきっていたのでしょう。

今ではそのようなことはなくなりましたが、
当時の私の体の機能は、相当バランスを崩していたようです。

そして今もまだ、アトピーの症状が出ているので、
体の機能は正常なバランスを取れていないと思います。

しかし、逆に考えれば、
そうした体の機能のバランスを取って上げることで、体は正常に機能し始めるということです。

『体が交感神経の方に傾きすぎているのであれば、
 その針を副交感神経の方に傾かせてあげる。』

そうすることで、少しずつアトピーも治ってくるのではないかと感じています。

やはり、まずは、“血流をよくする”、“体温を上げる”といったことが、
治す上で重要なポイントになってくるではないでしょうか。

体温を上げることで、さらに体の浄化が加速していくことは間違いないと思います。

アトピーは皮膚に症状が酷く出るので、そちらにばかり目が行ってしましますが、
皮膚だけを治すのではなく、『体全体を治していく』、そういう意識が大切なのかもしれません。


☆いつもブログを読んで下さってありがとうございます。
『今回は、現在の私のアトピーの状態について書きました。
治療法は人ぞれぞれ違うとは思いますが、少しでも参考になればと思っています。
アトピーに関しては下のサイトからも調べることができました。
もしかしたら、参考になる記事がみつかるかもしれません。
最後に更新の励みになりますので、応援もよろしくお願いします^^』
               ↓
にほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

ブログランキングNo.1

テーマ : アトピー性皮膚炎 - ジャンル : 心と身体

桜も散り始め、葉桜が目立ち始めているようですね。
また、気温も急に高くなり、日中は半袖で過ごしても丁度良いくらいです。

ほんの数週間前は、朝と昼の気温差が激しく過ごしにくかったですが、
そんな日々がまるで嘘のように、初夏を思わせるような天気が続いていますよね。

こんな日が続けば、
今年のゴールデンウィークは絶好の行楽日和になるのではないでしょうか。

私は特にゴールデンウィークに予定が入っているわけではないですが、
外に出かける予定のある方は、思う存分楽しんできて下さいね^^



少し前の記事で、今年に入ってまだ、桜を見れていないと書いたと思います。
その時は、ちょうど桜の花が咲き始めた頃でした。

それから桜の花が散り、葉桜になってしまった現在、
残念ながら、今年も桜を見ることができませんでした。

だからといって、落ち込んでいるわけではないですよ。

ただ、今年の季節の変わり目は、去年のように皮膚に症状が出るのではなく、
「きつさ」がメインだったように思います。

特に皮膚の症状が悪化したわけではないのですが、とにかく“きつかった”です。
お昼からは、ベットに横になっていないといけないほどでした。

実は「きつさ」に関しては、今年の1月頃から、徐々にその度合いが軽くなってきていました。

調子の良い時は、体が軽く感じることが多くなってきていたんです。

だから、今年は桜を見ることができるかもしれない、と思っていました。

それが、3月の終り頃から「きつさ」の度合いが増し始め、
ちょうど桜の花が咲いている時は、体が重く、きつくてたまりませんでした。

そのため、結局、今年も桜を見ることができなかったというわけです。

1月頃から体の調子が良くなってきていただけに、
今年は桜を見ることができるかもしれないと期待していましたが、
そんなに現実は甘くはないですね。

アトピーが完全に良くなっていない私の体は、
季節の変わり目に敏感に反応してしまったようです。

しかし、考え方によっては、体が自然の摂理に沿って、きちんと反応し、
体の悪いものを排泄しているのですから、喜ばしいことなのかもしれません。

それに、何より、この時期に皮膚の症状が悪化しなかったことは、
アトピーの治療を開始して以来、初めてのことでした。

たぶん、いやきっと、いや確実に、これまでの治療の成果が出始めているのでしょう。

それだけでも、私にとっては、大きな進歩だと思います。

自分の体を褒めてあげないといけないですね^^


ただ、皮膚に症状が出なかった代わりに、“尿の量と回数”が急に増えました。

夜寝ている時までも、尿意を感じます。

酷い時は、5回もトイレに駆け込むことがあるんです。

5回もトイレに行けば、出る量も少なくなるものかと思いきや、
そんなことは全くなく、尿は大量に出ます。

そのため、急にトイレに行く回数と量が増え始めてきた時は、
水分の摂り過ぎではないか、とまず思いました。

しかし、よく考えてみると、
水分の摂り過ぎが、アトピーの方にはよくないということを知ってから、
水分を摂ることを控えた生活を今も送っています。

ご飯を食べる時にもお茶は飲みませんし、
むやみに水分を摂ることはありません。

というのも、食べ物には相当の量の水分が入っているので、
わざわざ追加して水分を摂らなくても、体内には十分に水分が行き渡っているそうです。

むしろ、アトピーの方に関しては、摂取した水分を排泄する力が弱いので、
大量に水分を摂取してしまうと、排泄できなかった水分が体の中に溜まってしまい、
それが体に悪影響を及ぼしてしまいます。

そのため、皮膚に問題を抱えているアトピーの方は、
水分の摂り過ぎが、皮膚の症状を悪化させる一因にもなるのだと思います。

私も水分を取り過ぎた日は、肌の調子が悪くなることはもちろん、
ガスが臭かったり、便が緩かったりします。


ということは、私の場合、水分の摂り過ぎには、人一倍注意を払っているので、
水分の摂り過ぎが、急に尿の量と回数が増えた直接の原因だとは考えにくいですよね。

とすると、季節の変わり目が私の体に影響を与えたとしか考えられません。

また今回、皮膚に症状があまり出なかったことから考えても、
体の悪いものを、皮膚から排泄するのではなく、
体の悪いものを、尿として排泄できるようになってきたのではないかと感じています。

もしそうなら、
きちんとした排泄機能が働き始めている良い兆候ではないでしょうか。

人間の四大排泄器官は、大腸、腎臓、肺、皮膚ですから、
『便、尿、呼吸、汗やニキビなど(女性の場合は生理も)』がきちんと出せるようになってきたことは、本来人間が排泄すべきルートで、体内から毒素を出せる体に近づいてきた証拠だと思うのです。

今回の季節の変わり目は、きつくてたまりませんでしたが、
私の体は、少しずつ、少しずつ、正常な人間の機能を取り戻しつつあるのでしょう。

皮膚に出ている症状が悪化しなかったことが何よりの証拠だと思います。

私はそれが一番嬉しいです。

まだ皮膚には症状が出ており、綺麗な肌とはいえませんが、
“快方に向かっている”実感があるだけでも今までとは全然違います。

『ようやくここまで来れた』、そんな思いで一杯です。



☆いつもブログを読んで下さってありがとうございます。
『今回は、現在の私のアトピーの状態について書きました。
読んで下さっている方が、今どのような状態かわかりませんが、一緒に頑張りましょう!!
アトピーに関しては下のサイトからも調べることができました。
もしかしたら、参考になる記事がみつかるかもしれません。
最後に更新の励みになりますので、応援もよろしくお願いします^^』
               ↓
にほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

ブログランキングNo.1

テーマ : アトピー性皮膚炎 - ジャンル : 心と身体

3月も昨日で終わり、今日から4月になりましたね。
朝のドラマ「カーネーション」も昨日で最終回を迎えてしました。
大好きなドラマだったので、終ってしまうとやはり少し寂しいです。

でも、4月からは堀北真希さん主演の「梅ちゃん先生」が始まります。
テレビに流れている予告編を見たのですが、これもまた面白そうです!!

何といっても、注目は今回の朝のドラマの脚本を担当する遊川和彦さんです。
遊川さんは、去年大ヒットした「家政婦のミタ」を手掛けた方でもあります。

「家政婦のミタ」は今までにない、一風変わったドラマでしたが、
ただ変わったドラマというだけでなく、
家政婦のミタが発する説得力のある言葉が見所のドラマでもありました。

そんな脚本を手掛けた遊川さんが、
今度はどんなストーリーを手掛けるのかとても楽しみです。
興味がある方は、ぜひ「梅ちゃん先生」を見てみて下さいね^^



話は変わって、自分の現在のアトピーの症状ですが、
前回の記事に書いた症状と皮膚の状態はあまり変わりありません。

アトピーの症状が出ている箇所も
『顔・首・デコルテ・お腹・脇の後ろ・腕と脚の関節・足首』と
依然としてアトピーの症状が出ています。

ただ、顔と足首の赤みが少しずつ減ってきています。
顔は、赤みの中に地肌がポツポツと見え隠れしている状態です。

まだ目の周りやおでこに赤みは残っていますが、
全体的にみると、顔に出ている症状は少しずつ落ち着いてきているので、
最近徐々に、しっかり目を開けて自分の顔を鏡で確認できるようになってきました。

でも、長い間、目を細めて鏡を見る癖がついてしまっているので、
ついつい鏡の前に立つと目を細めてしまいます。
長い間に身についた癖というのは、なかなか直りませんね^^;


足首の方は赤い色をしていた皮膚が黄色っぽくなり、
本来の皮膚の色に戻りつつあります。
ただ触るとぼこっとした感触があるので、まだ分厚い皮がついているようです。

腕と脚の関節部分は顔や足首と比べるとまだ赤みを帯びていますが、
少しずつ皮もとれ、地肌が見える箇所も出てきました。

また、お腹の部分の皮膚の症状ですが、
黒ずみが、少しずつ、少しずつ、薄くなってきています。

皮膚が“ほくろ”と同じくらい、いやそれ以上に黒かったので、
今までは“ほくろ”があることにさえ、気づくことができませんでした。

それが最近、その黒ずみが少し薄くなってきたので、
“ほくろ”を確認することができるようになってきたんです。

そんなことはアトピーの症状が出ていない人にとって、
大したことではないのかもしれません。

むしろ、可笑しなことなのかもしれません。

でも私にとっては何よりも嬉しいことで、
隠れた“ほくろ”を見つけることが最近のマイブームになっています^^


今一番酷い症状が出ている箇所といえば、首とデコルテと脇の後ろでしょうか。

脇の後ろは、分厚く、大きな皮が、まだ剥けています。
アトピーの症状が出ている箇所の中でも、
この部分から、一番大きな皮が剥けているようです。

ただ脇の後ろは自分の目に付きにくい場所なので、
たとえ大きな皮がとれていたとしても、あまり気にせずに済んでいます。

だから、私が今一番気になっている部分といえば、首とデコルテになります。
この部分からたくさん皮がとれていて、とても『痒い』んです。
特に最近、その痒みが増したような気がします。

数日前の話になりますが、首の痒みが酷く、
夜中の3時くらいまで寝ることができませんでした。

最近は、そこまでの強い痒みを感じることが少なくなってきていたのですが、
やはり痒みが出るとイライラしますし、寝れないと辛いです。

それに、皮膚を掻いた後は、当然皮膚の状態は悪化してしまうので、
『掻かなければよかった。。。』と後悔するだけでなく、罪悪感も残ります。

それなら掻かなければいいのではないかと思うかもしれませんが、
自分の意思で簡単に掻くのを止められるような、軽い痒みではないわけです。

その酷い痒みが出ると、自分の理性もどこかへ吹っ飛び、
“気づいたら掻いてしまっていた、、、”という状態なんです。

私を含め、アトピーの方にとって、「痒み」との闘いは避けて通ることはできませんが、
かといって、「痒み」に対抗する有効な手段があるわけではないですよね。。。

ただ「痒み」も体の排泄機能の一種だそうなので、
体の浄化が進んでいると思えば、痒みに対する見方が少しは変わりますが、
どちらにしても、痒みに耐えることは、なかなか難しいです。


話を少し戻して、
先程、「特に“最近”首とデコルテの部分が痒くなってきた」と書きましたが、
私が思うに、これは、“季節の変わり目”が強く影響しているのではないかと感じています。

朝・夜と昼では、気温差がかなりありますし、
寒い日もあれば、暖かい日もあり、なかなか気温の安定した日が続きませんよね。

私が調べたところによると、春になにつれ、
体の新陳代謝が活発になり、ホルモンの分泌も盛んになるので、
皮膚表面では、皮脂や汗の分泌も増えてくるそうです。

これは、寒い冬から暖かい春へと季節が変わっていく中で、
体そのものが外部環境の変化に対応しようとするため起るようです。

そのため、体調が一種の緊張状態にあり、
皮膚も含め、体そのものが大変敏感になっているそうなんです。

、、、ということは
元々敏感な肌を持つアトピーの私は、
季節の変わり目、という急激な環境の変化による影響を受けた結果、
いつも以上に敏感に肌が反応してしまい、さらに痒みが増しているのかもしれません。

ここ最近のことを思い返すと、私以外の家族にも体に異変が起こっていました。

私の父は高血圧なのですが、安定していた血圧が
最近、急に血圧が上がった日が何回かありました。

祖母も洗顔をした後、
急に顔が真っ赤に腫れ上がったことがありました。
今までは洗顔をしても何ともなかったのに、突然赤く腫れてしまったのです。

たぶん、私を含め父も祖母も、季節の急激な変化に
体が敏感に反応しているのではないのでしょうか。

暖かい春が近づいてくることは嬉しいですが、
体に与える影響は半端なものではないようですね。

春の季節は毎年、覚悟はしているものの、
これから体にどんな異変が起るのか、少し心配です。

去年は、背中から急にリンパ液が出始めたり、
1時間に1回パットを変えないといけないほど生理が大量に出たりしました。

今年はまだどうなるのか全く見当もつきませんが、
去年よりも症状が軽くなっていれば、体の体質改善が進んでいる証拠でもあるので、
自分の体の体質改善が進んでいることを願うばかりです。

“去年よりもよくなっていますように!!”
“この1年間の成果がでますように!!”



最後に私事ですが、実はパソコンが壊れてしまい、修理に出していました。
パソコンがないと、ブログも書けないですし、今の世の中、何かと不便ですね。

先週はブログを更新できませんでしたが、
今週からはブログを更新することができそうなので一安心です。

今の私にとって、ブログを書くことが楽しみの一つになっています。

皆さん、これからもどうぞよろしくお願いします^^

*いつもブログを読んで下さってありがとうございます。
ブログ更新の励みになるので、どうぞポチッとクリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

テーマ : アトピー性皮膚炎 - ジャンル : 心と身体

3月に入り気温も2月と比べると暖かくなってきましたが、
私の住んでいる所は、残念ながらあまり晴れた日がありません。

どちらかというと、曇りの日が多く、どんよりした天気ばかりが続いているので、
「もうすぐ春だな」といった実感がなかなか湧いてきません。

ただ、『春』といえば、冬に体の中に溜め込んだものを排泄する時期ですよね。
私もそうですが、アトピーの方にはとても辛い時期でもあります。

でも逆に考えれば、
体の悪いものを出すのですから、体の中を一気にデトックスできる良い機会です。

アトピーの症状が酷く出ると、なかなかそういうふうには考えることは難しいですが、
自分の体は「悪いものを出そう」と頑張って働いてくれいるので、
自分の体をもっと褒めてあげてもいいのかなとも思います。

嫌な思いを毎日抱えたままで春を過ごすよりは、
1年に1度咲く桜を満喫でもしながら、心穏やかに春を過ごしたほうがきっといいはずです。

とは言ってみましたが、、、なかなかそうはいきませんよね。
やはり、アトピーの症状が酷くでてしまうと落ち込みますし、
なかなか心穏やかに過ごすことはできません。

「せっかく治っていたのに。。。」
「また悪化してしまった。。。」
「いつになったらよくなるんだろう。。。」
そんな思いばかりが頭の中を巡ります。

まるで春一番のように、心は荒れに荒れ狂います。

私の心も春は毎年、荒れ狂っていました。
でも、私は今年の春、そこから脱却しようと考えています。
なるべくアトピーの症状で落ち込むことがないようにしたいと思っています。

なかなか難しいことかもしれませんが、チャレンジしてみます!!

他の人から見れば大したことではないかもしれませんが、
どんなに大したことがなくても、
そしてどんなに小さなことでも、
積み重ねれば大きくなるでしょうし、
皮膚に出ているアトピーの症状がすぐによくなるわけではないので、
心だけでも「前に進んでいる!」という実感が湧くだけでも
違ってくるんじゃないかと思っています。

何かやらないと何も変わりませんもんね。
少しでも先に進むためにチャレンジしてみます。


話が脱線してしまいましたが、
1週間前の記事で、「体がだるく、きつい」と書いたこと覚えてますか?

いつものことなので、あまり気にせず過ごしていたのですが、
記事を書いて3日後の夜寝る前に、
急に気分が悪くなり、吐き気もしてきたので、
もうそのまま寝てしまおうとしたのですが、
あまりの気分の悪さになかなかその日は寝ることができませんでした。

そのきつさの度合いというのが、“それがそれが”かなり酷いものでした。
寝返りを打つとさらに気分が悪くなり、久々にきつさの度合いも強いものでした。

最近はきつくなることも少なくなってきていたので、
「どうしてこんなにきついんだろう?!」と考えていたところ、、、

それから数日後に生理がやってきました。
急にきつい症状が出てきたのも、ちょうど生理が始まる7日前だったので
最近きつかったのは、生理のせいだったことがわかって一安心しました。

今までは、体調が悪化したり、皮膚の症状が悪化すると、
そればかりに目がいってしまい
「どうして?」「なんで?」と落ち込むことの方が多かったのですが
最近は悪い症状が出たからといって、
「また悪くなった」とすぐに判断することが少なくなってきたように思います。

少し時間を置いて、症状の経過を見ながら
「自分の体が今どういった状態なのか」を判断できるようになってきているようです。

『体の声に耳を傾ける』ことができるようになるまでに長い時間がかかりましたが、
アトピーになって一番の収穫物といえば、「体の声を聞く」ようになったことかもしれません。

アトピーも悪いことばかりじゃないですね^^

☆ブログを読んで下さってありがとうございます。読んで頂けてとても嬉しいです。
ブログ更新の励みになるので、どうぞポチッとクリックよろしくお願いします。
 にほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

テーマ : アトピー性皮膚炎 - ジャンル : 心と身体

««BACK  | BLOG TOP |  NEXT»»