プロフィール

藤桜の姫

Author:藤桜の姫
『ようこそ!!ご訪問頂きありがとうございます。』

『ブログでは、長年苦しんだアトピーについて書いています。また、アトピーと“食事”、“季節”、“心”との関係や“身体の仕組み”、“アトピーから学んだこと”など、私がアトピーで悩んでいた時に知りたかった色々な情報を載せています。アトピーの方もそうでない方も、ぜひ読んでみて下さいね^^』

【☆始めての方は、左下のカテゴリ欄の目次をクリックして下さい。今までの記事のリスト載せていますので、そこから読んでみて下さいね!!】


最新記事


カテゴリ


月別アーカイブ


最新コメント


最新トラックバック


FC2カウンター


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
皆さん、お久しぶりです
1ヶ月以上ぶりの更新となりますが、いかがお過ごしだったでしょうか

私はというと、7月の中旬頃に、
この急激な暑さにやられてしまい、体調を崩していました。

そのため、1週間ほどは寝たきりに近い生活に逆戻りしていました。

その後も体調が安定しない日々が続き、ようやく8月に入った頃から元気を取り戻し、普段通りの生活を送ることができるようになりました。

きっと、今年の1月頃まで寝たきりの生活をしていたのが、4月には外出できるようになり、徐々に皮膚の調子も、身体の調子も上向きになっていたので、自分ではもうすっかり元気になったものだと思い込んでいたのでしょう。

しかし、まだまだ私の身体は完全に元気になったわけではなかったようです

気持ちばかりが先走りすぎて、
“今の自分”の身体の状態をきちんと把握できていなかったみたいですね。

健康な方が送る生活に少しでも近づこうとして、焦りすぎていました

いつもは皆さんに「焦るのは禁物ですよ!!」と言ってる私ですが、
自分のこととなると、なんとも情けない限りです。

今回は、良い勉強をしたと思い、
この暑い夏は、身体にエネルギーを充電する意味を含めて安静に過ごそうと思います。

まずは、『休息すること』が、
今の私には必要なことのようですからね

でも、以前は『一休みしよう』と思うことなんて、決してありませんでした。

というのも、長年、重症のアトピーを患っていたため、他の方たちよりも遅れていること(就職や結婚など)がたくさんあり、その遅れを取り戻そうと、少しでも体調が好転すれば、必死になって前へ前へと進もうとしていましたからね。

『自分は人一倍頑張らなければ、遅れを取り戻すことはできない』と思っていたんです。

そして、『他の人よりも遅れている自分を認めてあげることができませんでした。』

そのため、どんなに身体が疲れていても、その身体に鞭打って、『もっと頑張れ!』、『もっと!!』、『もっと!!!』と自分の身体を痛めつけていました。

だからでしょう。

せっかく身体に出ている症状が落ち着き始めていたのに、また症状が悪化してしまうということを何度も繰り返していました。

これは、自業自得です

身体を必要以上に痛めつけていれば、当然、症状が悪化することは目に見えてはいるのですが、当時の私には、そんなことよりも、他の人よりも遅れていることの方が我慢ならなかったのでしょう。

そして、“他の人よりも遅れている駄目な自分”が、嫌で嫌でたまらなかったのだと思います。

だから、自分の身体を痛めつけてまでも、
他の人に必死になって追いつこうとしていました。

でも今思うと、自分の身体を痛めつけるわけですから、
ある意味、これは『自己虐待』ですよね。

私は、そんなことを、知らず知らずのうちに、何度も繰り返していました。

本当に無意識ほど怖いものはありません。

私の身体は、「もう身体が限界であること」アトピーを出すことでを教えてくれていたにも関わらず、私は、アトピーが噴出しても“アクセル”ばかり踏み続けてしまうわけですからね。

そして、アクセルばかりを踏み続けるとどうなるでしょうか?!

………………

それは、簡単なことです。

『身体が壊れてしまいます。』

私の身体も、それと同じことが起こっていました。

“他の人と比べる必要も、こんな自分では駄目だと思う必要も全くなかったのに、、、”

“そのままの自分でいいのに、、、”


当時の私は、そのことに全く気づくことができませんでした。

だからこそ、『一旦、その場に立ち止まって休むこと』も大切なことだと私は思います。

「休む」ことは、悪いことでも、無駄なことでもありません。

「休む」ことは、私たちにとって、とても必要なことです。

そして、十分に休んでから、また歩き始めれば良いのだと思います。

無理に歩き始めることありません。

歩き始める時は、その人ぞれぞれのタイミングで来るものですから。。。

そのタイミングに合わせれば良いのだと私は思います。

絶対に、そのタイミングは来ますから、焦らないで下さいね。

私もそのことを肝に銘じつつ、この夏は安静に過ごそうと思います。


*************************************
いつもブログを読んでくださる皆さんへ

『いつもブログを読んで下さってありがとうございます

色んな思いを抱えて、アトピーと向き合っている皆さんも多いのではないかと思います。

きっと、プラスの感情よりも、マイナスの感情を感じることが多いでしょう。

でも、それは自分が感じた自然な感情なので、抑えつけなくても良いと思います。

大事なのは、その後です

“マイナスの感情を感じた自分を責めないこと”です。

皆さんは、マイナスの感情を感じた後、自分を責めてはいませんか

この機会に、自分の心と向き合ってみてはいかがでしょうか

そして、どうしようもない時には私にメールを下さい。

自分一人で悩まないで下さいね。

『それでは、更新の励みになりますので、今後とも応援もよろしくお願いします
 ↓↓         ↓↓
にほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
*************************************

スポンサーサイト

テーマ : アトピー性皮膚炎 - ジャンル : 心と身体

コメント:

はじめまして。

脱ステロイドをされただけでも立派です。

通常なかなかできません。私の子供達が酷いアトピーでしたが完治しました。もちろん病院に行かず薬も使わずに。ステロイドは抑え込むだけですから。

子供の場合はリバウンドは酷くありませんでした。

問題は私の主人です。

私の主人が40年来の喘息の持病を完治させましたが、これまで体内に入れてきた薬の毒が好転反応で今皮膚に噴き出している状態です。

ステロイドを使わないように言っても医師を信じています。これでは本末転倒なのでなんとかステロイドを使わないよう説得していますが、ひどいリバウンドが耐えられなくてステロイドを使います。

あなたのように脱ステロイドをしてほしいのですが、
この2年、隠れてステロイドを使っているので困っています。

痒い、痛い、顔は腫れました。

また、針の束がささるようなリバウンドらしいのです。

どんなにリバウンドがつらくてもステロイドは絶対に使ってはいけないのですが、聞き入れてくれません。

①あなたが意を決してステロイドをやめられたきっかけと理由

②脱ステロイドをされて今でもリバウンドがあるにもかかわらず、一切ステロイドに手をだされない理由を教えていただければ幸いです。

よろしくお願いいたします。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: はじめまして。

Nさん

はじめまして。
コメントありがとうございました。
とても嬉しかったです。

ただ、返事が遅れてしまって申し訳ありませんでした。
本当にすみません。

Nさんのお子さんも酷いアトピーでいらっしゃったんですね。
それを薬を使わずに治されたんですね。
Nさんもお子さんもとても大変だったとは思いますが、よく頑張られましたね。
その頑張りがあったからこそ、お子さんのアトピーは完治されたのだと思います。
アトピーを治す過酷さを十分知っているので、お子さんがアトピーを完治されたという話を聞くと、こちらまで嬉しくなります。

頂いたコメントには旦那様の症状も書いてありましたが、旦那様の今の状態としては、40年来の喘息の持病を完治させ、これまで体内に入れてきた薬の毒が好転反応で、今皮膚に噴き出している状態だということでしたよね。

Nさんは、旦那様にステロイドを使わずに、皮膚の出ている症状を治していって欲しいと考えていらっしゃるんですね。

そこで、脱ステをしている私に二つの質問に答えて欲しいということでしたよね。

では、まず一つ目の「あなたが意を決してステロイドをやめられたきっかけと理由 」ですが、私の場合は、アトピーが全身に噴き出した時、多くの病院をまわったのですが、どこの病院も同じステロイドを処方されるだけでした。しかも、そのステロイドを塗っても、アトピーの症状が治まるどころか、逆にアトピーの症状が悪化していったので、「こんなことをしていては、身体がおかしくなってしまう」という思いから、自然治癒力を引き出す治療法に変えることにしました。これがステロイドを止めた理由です。

次に「脱ステロイドをされて今でもリバウンドがあるにもかかわらず、一切ステロイドに手をだされない理由」ですが、私は“ステロイドを身体に塗ると、自分の身体でどのような働きをするのか”、また、“身体に塗り続けたステロイドを抜くと、身体がどんな反応を起こし、どのような症状が出るのか”を知っています。そして、“症状が出た時の対処法”も知っています。だから今でもステロイドには手をだしていません。リバウンドがあるのも、自分がきちんと納得した上でのリバウンドですから、症状が酷い時は辛いですが、頭ではきちんと納得しているので、ステロイドを使うという手段を私は選ばないだけです。

ただ、頂いたコメント読んでいると、旦那様の場合は、私とは違い、ステロイドを使わないことに納得してない様子でしたよね。

脱ステロイドをした私がこんなことを書くのは矛盾していると思われるかもしれませんが、私はアトピーを治すために、脱ステロイドという道を選択しましたが、アトピーを治すためには本当に様々な方法があります。どの方法が駄目だということではないと思うんです。

お子さんのリバウンドが旦那様のリバウンドよりも酷くなかったのは、お子さんと旦那様とでは、身体に溜まっている毒素の量にも違いがありますし、今までの病歴や体質などにも親子といえど違いはあります。
また、お子さんと旦那様とでは年齢が違うので、細胞の元気度なども関係しているのではないかと思います。

アトピーを治すために脱ステロイドをするのも一つの手段ですが、今まで薬で補ってきたものを、急にはずしてしまうと、それはそれは酷いリバウンドが来るのは目に見えています。

Nさんの立場としては、ステロイドを塗っても同じことの繰り返しなので、旦那様にすぐにでもステロイドを止めて欲しい気持ちは分かりますが、一気にステロイドを止めてしまうと、精神的に旦那様がとても辛い思いをされるのではないかと思います。

それに、何と言っても、旦那様自身が納得した上で治療を進めなければ、それが逆に旦那様のストレスになってしまうと思います。

旦那様に少しでも早く健康な身体を取り戻して欲しいNさんの気持ちは痛いほど伝わってくるのですが、アトピーを治すために、ステロイドを使うか使わないかは、症状がでている本人が納得していないと、なかなか難しいです。

それでも、ステロイドを止めて欲しいのであれば、一気にステロイドを止めるのではなく、少しずつ量を減らしながらなど、旦那様の納得した上で、そして旦那様の負担にならないような方法を取るのが良いのではないいかと思います。

Nさんの質問にきちんと答えられたか分かりませんが、これが質問に対する答えです。

また、何かあれば、いつでも連絡して下さいね。

ありがとうございました!

私の質問にとても丁寧にご返答していただき、ありがとうございました。

藤桜の姫さんは誠実な方ですね。

主人の顔が最近どんどん赤黒くなり、アトピーではなかったのにステロイド塗布によって典型的なアトピーの顔になってきています。それがとても心配でした。

ステロイドによって皮膚が薄くなって赤黒く変色して腫れたような顔になっていることが主人にはまだわかりません。

毒が体に出た時よりも、ステロイドによって起こることの方がこれからははるかに苦しくなりますが、それもまだわかりません。気がついた時にはどうにもならないような状態になっていると思います。

本人が脱ステロイドさえできたら、後はどのようにしたら良いか私はわかりますし、それで皆さん完治しているのに、自分の主人がこのようだから、本当に情けないですしもどかしいです。

藤桜の姫さんにアドバイスしていただいたことを今後に生かしたいです。

私は主婦湿疹でステロイド地獄を体験していますので、藤桜の姫さんのお気持ちが理解できます。

江崎ひろこさんの『顔つぶれても輝いて』という本がとても役に立ち、この本のお蔭でステロイドが恐ろしい薬と認識できました。

私でお役に立てることがありましたら、おっしゃってください。

ステロイドを塗り続けると免疫力が低下し、癌にもなりやすくなるようです。

ですから、どんなに苦しくても★思い切って脱ステロイド★は大正解です!!

頑張ってくださいね☆

私もなんとか主人にステロイドの怖さをわかってもらえるよう努力します。

また、よろしくお願いいたします。



コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。