プロフィール

藤桜の姫

Author:藤桜の姫
『ようこそ!!ご訪問頂きありがとうございます。』

『ブログでは、長年苦しんだアトピーについて書いています。また、アトピーと“食事”、“季節”、“心”との関係や“身体の仕組み”、“アトピーから学んだこと”など、私がアトピーで悩んでいた時に知りたかった色々な情報を載せています。アトピーの方もそうでない方も、ぜひ読んでみて下さいね^^』

【☆始めての方は、左下のカテゴリ欄の目次をクリックして下さい。今までの記事のリスト載せていますので、そこから読んでみて下さいね!!】


最新記事


カテゴリ


月別アーカイブ


最新コメント


最新トラックバック


FC2カウンター


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ゴールデンウィークが終わってしまいましたね。

皆さんは、今年のゴールデンウィークはどのように過ごされましたか

今年のゴールデンウィークは、去年と比べると、
とても過ごしやすい日が多かったのではないかと思います。

もちろん、汗ばむくらい暑い日もありましたが、
絶好の行楽日和だったのではないでしょうか。

私も、何十年かぶりに、
ゴールデンウィークを楽しむことができました

久しぶりに遠出し、家から離れた場所で、
休日を満喫することができました。

今までは、ゴールデンウィークであっても、
どこかに遠出することなんて「ありませんでした。」

というか、『できませんでした。』

というのも、以前の私は、車に乗ってるだけで吐き気をもよおし、行楽地に着いたら着いたで、きつくて歩くことができない状態だったので、行楽地を満喫すことができませんでした。

行楽地に着いても、ただ、『きつい』、とにかく、『きつい』としか感じず、『早くお家に帰りたい』と思っていました。

だから、遠出して「楽しい」なんて感じたことは、今まで全くありませんでしたね。

それどころか、「また行きたい」なんて微塵も感じませんでした

まさに、遠出は、私にとって、ただの『苦行』でしかなかったんです。

行楽地が悪いわけではないのですが、
私の目には、行楽地が地獄のように映っていましたね。

だから、連休が続いた日に、家族で遠出することなんてありませんでした。

家族も私が遠出をしたがらないことを知っていたので、
お休みの日に遠出しようと言い出す家族は一人もいませんでした。

今思うと、せっかくのお休みに、私に合わせて、家の中でばかり過ごすことになってしまい、家族には本当に申し訳ない気持ちになりますが、アトピーが酷く出ていた時は、そんなことを考える余裕なんて正直ありませんでしたね。

“自分のことだけで精一杯”

“生きているだけで精一杯”

そんな状態でした。

それが今年は、体調も良くなり、外出もできるようになったので、今年のゴールデンウィークは、とても充実した休日を過ごすことができました。

ここまで元気になって思うこと、
それは『時間が薬』だということです。

私は、アトピーを治す方法として、
“脱ステ”という道を選択しました。

“脱ステ”というと、ただステロイドを塗るのを止めることだと思われるかもしれませんが、実際はそれだけを意味するわけではありません。

ステロイドを塗らないということは、
『薬で身体に補っていたものを止める』ということでもある
のです。

すると、身体にはどのような異変が起こるでしょうか

今まで身体に薬で補っていたものを止めるのですから、もし薬でアトピーの症状を抑えていたのであれば、その抑えていた分だけ、身体にアトピーの症状が出てくることになりますよね。

“脱ステ”というのは、言葉でいうと、とても簡単で、短い言葉ですが、その言葉が真に意味することは、決して簡単なものではありません。

脱ステを経験したからこそ言えることでですが、
それは、とてもとても壮絶なものです。

普通の生活を送ることが難しくなりますからね…

だからこそ、私は“脱ステ”に関して、簡単に考えて欲しくはありません。

ただ、アトピーを治す方法として、“脱ステ”という方法を選択したのであれば、このことを一つ覚えておいて欲しいと思います。

それは、『時間が薬』だということです。

今まで薬で抑えていたものを、身体からアトピーという形で噴き出しているわけですから、その症状を抑えるには時間がかかります。

今までの記事でも書いていますが、
アトピーの原因が、たった一つということはありません。

内臓の消化・吸収、排泄機能などが上手く働いていなかったり、免疫力が低かったり、体温が低かったり、身体が酸化していたり、と他にも様々な原因が複雑に絡み合って、一番身体の弱い部分である皮膚にアトピーという症状で出てきているわけなんです。

そのため、これらの原因を解決していくには、時間が必要になります

そのことを忘れないで欲しいのです。

そして、時間がかかるからこそ、『焦らないで』欲しいと思います。

焦る気持ちは分かりますが、
焦れば焦るほど、悪い方へ悪い方へと向かってしまいます。

適度に息抜きをしながら、
自分のアトピーを長い目で治していきませんか。

きっと、治る日は来ますから、
それまで今まで頑張ってきてくれた自分の身体を労わってあげて下さいね。

アトピーの症状が出たのも、
『もう身体は限界だよ』という私たちへのメッセージだと私は思います。

そのメッセージを無視するのではなく、
耳を傾けてあげて下さい。

そして、焦らないで。。。。

これが、脱ステを選択した、私から皆さんへのメッセージです


*************************************
いつもブログを読んでくださる皆さんへ

『いつもブログを読んで下さってありがとうございます

アトピーの治療中は、自分の思うようにアトピーが治らないので、
焦ってしまう気持ちは分かりますが、やはり『時間が薬』です。

身体が本来持つ機能を回復させるには、時間が必要です。

そのことだけは、忘れないで下さいね。

それでも、どうしようもない時には私にメールを下さい。

自分一人で悩まないで下さいね。

『それでは、更新の励みになりますので、今後とも応援もよろしくお願いします
 ↓↓         ↓↓
にほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

*************************************
スポンサーサイト

テーマ : アトピー性皮膚炎 - ジャンル : 心と身体

コメント:

はじめまして。

はじめまして!
只今、脱ステしています。
ブログを見て、いろんな事に共感しました、自分は30歳の男です!
アトピーを気にしていたら、もう30歳です(T-T)
未だに自立も出来ず、現在仕事もしていません、アトピーが酷くなるとなぜかパニックになり家から出ることが出来なくなり、人と会うことを拒絶します。
そんなこんなで、全ての薬を止めようと決心してから今年の夏で2年が経ちます。
今現在、まったく外にでれません出ようと考えるだけでダメです、本当は行きたくてしょうがないんですけどね~。
仕事もしたいし、好きなことのひとつもしたいし、相変わらず自分の事ばかりだけど(__)両親に対して感謝してもしきれないのに上手く話せないし、人生そう上手くはいかないもんですね。
こんな事書くのも初めてなんで、なにを書いていいか判らないけど、諦めずに頑張ります、同じように思っている人がいて嬉しく思いました!

Re: はじめまして。

>sasukeさん

はじめまして。
初めてのコメントありがとうございます^^

とても勇気がいったとは思いますが、
sasukeさんからコメントを頂けて、本当に嬉しかったです。

sasukeさんは、脱ステをされて2年が経つのですね。
アトピーが酷くなると、パニックになり、外出したり、人と会ったりするのを拒絶してしまうんですね。

その気持ち、すごく分かります。

私もsasukeさんと同じように、アトピーが酷く出ている時は、家を出ることも、人と会うことも拒絶していました。どうしても周りの目が気になり、家の外に出ることや親しい家族以外の人に会うことが、とても怖くて怖くてたまらなかったんです。そして、こんなにアトピーが酷く出ている自分を、アトピーのことを何も知らない人たちが受け入れてくれるはずがないと思っていました。

でも、そんな思いがある一方で、“家族に迷惑をかけている自分”や“自立できないでいる自分”が情けなくて仕方ありませんでした。それに、何かを始める勇気もありませんでしたね^^;

だから、こんな駄目な自分を責めてばかりいました。

頭では、『このままでは駄目だ』ということは、十分、分かってはいるんです。

自分の考えが矛盾していることも…

でも、できない…

私も、そんな思いに長い間、悩まされてきました。

思いが重く自分の心にのしかかり、身動きがとれない状態にずっといましたね。

ただ、冷静に自分を見つめ直すことができるようになった今、当時の自分を振り返り思うことは、「自分で自分を追い詰めすぎていたのではないか」、ということです。

というのも、私は「みんなが当然のようにできることを、自分は何もできていない…」そんな思いで一杯だったので、自分がとても惨めな存在に見え、そんな自分を責めては「何でこんなこともできないのか」と自分で自分をいつも追い詰めていたからです。

これは、アトピーになったことがある人しか分かりませんが、アトピーが酷く出ている時は、普通の生活を送ることがとても難しくなります。

それは、事実です。

私はそれを認めることができずに、健康な方とアトピーの自分を比べてばかりいたんですよね。

でも、アトピーが酷く出ている以上、現実として、できないこともあるわけです。

そのことは、しっかりと認め、受け止めなくてはいけないと思ったんですよね。

それは、当然、アトピーの自分を受け入れることにも繋がります。

だから、とても抵抗がありましたが、少しずつそんな自分を受け入れていくようにしてみました。

すると、少しずつですが、「今の自分に何ができのか」が見え始め、気持ちも楽になってきました。

よく考えてみえれば、 “こんな自分は駄目だ”と、自分に鞭打っていたわけですもんね。

心もズタズタになるわけです。

アトピーが酷く出ている以上、色々なことが頭を巡り、焦ってしまうことはしょうがないことだと思います。

この気持ちは、自分の中から自然と湧いてくるものなので、抑えることも、止めることもできません。

でも、その感情のまま、自分を責めてばかりいると、自分で自分の首を絞めてしまっていることも忘れないで欲しいと思います。

「今の自分にできることを焦らず、ゆっくりやればいい」、それで十分だと私は思います。

それでも、やはり納得はできない部分もあるとは思いますが、必要以上に自分を責めないで下さいね。

自分の一番の味方は、やはり自分でしかありません。

そのことは忘れないで下さいね。

また、何かあれば、コメントやメールをしてきて下さいね。
いつでも待ってます。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。