プロフィール

藤桜の姫

Author:藤桜の姫
『ようこそ!!ご訪問頂きありがとうございます。』

『ブログでは、長年苦しんだアトピーについて書いています。また、アトピーと“食事”、“季節”、“心”との関係や“身体の仕組み”、“アトピーから学んだこと”など、私がアトピーで悩んでいた時に知りたかった色々な情報を載せています。アトピーの方もそうでない方も、ぜひ読んでみて下さいね^^』

【☆始めての方は、左下のカテゴリ欄の目次をクリックして下さい。今までの記事のリスト載せていますので、そこから読んでみて下さいね!!】


最新記事


カテゴリ


月別アーカイブ


最新コメント


最新トラックバック


FC2カウンター


前回の記事で幼少の頃は、とても“体の弱い子”だったと話しました。

そんな体の弱い子が小学生にあがると、どうなっていたかというと、、、
見た目には、とても“元気で、活発な子”に変貌を遂げていました。

家から小学校まで2km歩いて毎日通っていたので、
自然に体力がついていったのだと思います。

「歩く」ことは健康に良いとよく言われていますが、
私自身の経験からしても本当にそうだと思います。

日本で初めて日本地図を作ったことで有名な伊能忠敬も、
当時の平均年齢が50歳であるにも関わらず、73歳まで生きたそうです。

こんなに長く生きられたのは、
全国を“歩いて回った”ことが関係してるのではないでしょうか。
(これは私の憶測ですが。。)

話がそれましたが、
小学生時代の私はたくさん“歩いていた”ことが功を奏してか、
『表向き』には元気で活発な子でした。

しかし、たくさん歩いても体の中まで改善しなかったのか
『虚弱体質である』ことには変わりありませんでした。

相変わらず、「食は細い」ままでしたし、
クラスで一番に、「風邪も引いて」いました。

そして、理由はわかりませんが、よく「お腹が痛く」なっていました。
病院に行くと「過敏性症候群」と診断されたことがあります。

と、幼少の頃に比べると、少しは強くなったものの、
体の中身つまり“体質”自体は全く変わっていませんでした。

だから、幼少の頃と同じように、
病気にかかれば病院に通い、処方された薬を飲むことを繰り返していました。


そして、小学生の頃になると、アトピーの症状が顕著に現れてくるようになりました。

体育会の時期は砂埃などの影響で目が赤くなり、「アトピー性結膜炎」になっていました。
もちろん、目が赤くなると眼科に通い、その症状を抑えるために薬をもらっていました。

眼科といえば、視力が少し落ちた時、お医者さんから薦められて
「視力がよくなる薬」というものを1度試したことがあります。

その「視力がよくなる薬」は病院の指導の下でしか使用できないらしく、
病院でその薬を時間を空けて、看護婦さんにさしてもらいました。

目に何度も何度もさすのですが、これが痛くて痛くてたまりませんでした。
その薬をさした後は、目も開けられないほど痛く、本当に視力が戻るのかとても心配になりました。
その後、視力は戻ったのですが、あの激痛だけは今でも忘れません。

でも、この「視力がよくなる薬」とは一体何だったのでしょうか??

今だったら「視力がよくなる薬」とだけ聞いて、それを目にさすことなんて怖くてできません。

ただ、その当時は『目が悪くなるくらいなら、さした方が良いだろう』という気持ちが強く、
また、お医者さんの言うことだから問題ないと思い、目にさすことを了解しました。

しかし、いくらお医者さんの言うこととはいえ、
何も考えずに了解したことは、あまりにも軽率な行為だったと反省しています。

「視力がよくなる薬が一体何なのか?」
「どういった副作用があるか?」 

などきちんと知っていれば、

「目にさすのか」それとも「目にささないのか」、またその他の選択もできたと思います。

『世の中知らないことが良いこともありますが、
きちんと知っておくべきことは知っておいて損はないようです。』

知ることで自分の選択肢が広がりますし、自分にとって良い選択をすることが自分の力でできるからです。
でも本当に知らないって怖いですね。

では、話を戻します。

目の他には、この頃、皮膚にもアトピーの症状がでてきました。
腕と脚の関節がカサカサした状態になっていました。
でも常にカサカサした状態が続いていたのではなく、
特に季節の変わり目にそういった症状が出ていました。
軟膏もその症状が出た時だけ塗っていました。

だからこの頃、見た目には私がアトピーを持っている、と誰もわからなかったと思います。

ただ小学校高学年頃にると、顔を洗った後、顔が突っ張る感じがしていました。
何だか顔が動かしくいという感じです。

この頃から少しずつ、皮膚の異変を感じるようになっていきます。


アトピー以外のことで何か変わったことといえば、『排泄能力』がかなり低かったです。
つまり、便や尿、汗といった体の中に溜まった悪いものを出す力がとても弱かったです。

便に関していえば、1週間に1度出るか出ないかという感じでした。
だから検便の時は便がなかなか出ないで苦労しました。
一人だけいつまでたっても検便を提出しないので、先生に怒られたことがあるくらいです。
だから検便がある時は憂鬱で仕方ありませんでした。

また、汗もあまりかかない子でした。
夏の暑い日、弟は汗をだらだら流しながら帰ってくるのに、
私は汗が出ないので、どこか涼しげな感じでした。
たぶん体がとても冷えていたのだと思います。
こんな感じだったので、逆に冬は寒くて寒くてたまりませんでした。


このように、
小学生の頃の私は、幼少の頃と比べると、体力は少しついたものの
『虚弱体質』であることには変わりなかったようです。
しかも、体に溜まった悪いものを出す力も弱かったといえるでしょう。

そして、アトピーの症状もも徐々に出てくるようになっていました。

アトピーが噴出したのは中学2年生の終わり頃です。
それまでに何があったのでしょうか?
それまでには、もう少し話をしないといけません。

どうぞお付き合いくださいませ。

*ランキングに参加しています。
ブログ更新の励みになるので、どうぞポチッとクリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

テーマ : アトピー性皮膚炎 - ジャンル : 心と身体

コメント:

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP |