プロフィール

藤桜の姫

Author:藤桜の姫
『ようこそ!!ご訪問頂きありがとうございます。』

『ブログでは、長年苦しんだアトピーについて書いています。また、アトピーと“食事”、“季節”、“心”との関係や“身体の仕組み”、“アトピーから学んだこと”など、私がアトピーで悩んでいた時に知りたかった色々な情報を載せています。アトピーの方もそうでない方も、ぜひ読んでみて下さいね^^』

【☆始めての方は、左下のカテゴリ欄の目次をクリックして下さい。今までの記事のリスト載せていますので、そこから読んでみて下さいね!!】


最新記事


カテゴリ


月別アーカイブ


最新コメント


最新トラックバック


FC2カウンター


今回の記事は、前回の記事「“細胞レベル”でみるアトピー」を踏まえたお話になります。

以前書いた「秋の季節と『食べる』という行為」という記事とも関連したお話になるので、その記事を読まれていない方は、今回の記事を読む前に、まずはそちらの記事にも目を通してみて下さいね

その「秋の季節と『食べる』という行為」という記事の中で、私たちの身体にとって『食べる』という行為が、いかに大量のエネルギーを消費する行為であり、また、私たちの身体に非常に負担をかける行為でもある、ということを書きました。

つまり、私たちの身体は、食べ物を食べると、その食べ物を身体に取り込むために、分子レベルまで細かく小さく切り刻み、その取り込まれなかった食べ物のカスは便として排出されるだけでなく、あらゆる臓器が協力し合って、体内に取り込んだ食べ物の処理に全力を注ぐので、私たちの身体にとって、『食べる』という行為は、非常にエネルギーを浪費してしまう行為だといえるわけなんです

このように、気の遠くなるような過程を、私たちの身体は、食べ物を『食べる』度に内臓をフル回転させ、毎回休むことなく繰り返していることになります。

ご飯や味噌汁、ハンバーグやスパゲティ、ジュースやお菓子など、口に入れたものはどんなものであれ、同じように処理されるわけです。

『でも、なぜ私たちの身体は、食べ物を『食べる』と、毎回必ずこうした過程を繰り返すのでしょうか

突然ですが、“『食べる』とはどういうことですか?”と質問されたら、
皆さんはどのように答えますか

きっと、ほとんどの方が、「口から食べ物を食べる」ことが『食べる』ということ、だと答えるのではないかと思います。

というのも、私たちは当たり前のように「口から食べ物を食べる」ので、多くの方が、『食べる』とは「口から食べ物を食べる」ことだと考えているのではないでしょうか。

もちろん、その考えは間違ってはいないのですが、私たちの身体にとって、『食べる』とは「口から食べ物を食べること」だけを意味するわけではありません

例えば、私たちがりんごを食べる時のことを想像してみて下さい。

当然、私たちは、そのりんごを口に運び、噛み砕き、飲み込みますよね。

ほとんどの方は、ここまでの流れを『食べる』ということだと考えていると思います。

しかし、私たちの身体にしてみれば、
実は、これからが『食べる』という行為の始まりなんです

というのも、私たちの身体は、口でりんごを噛み砕き、飲み込んだだけでは、まだりんごを身体の栄養として取り込んでいないので、りんごをただ身体の中に入れただけにすぎません。

そのため、私たちの身体にとってみれば、この時点で『食べた』というには少し早すぎます。

では、一体、私たちの身体にとって『食べる』とはどういうことなのでしょうか

先程も書いたように、私たちの身体がりんごを栄養として取り込むためには、胃や腸といった消化器官で分子レベルまで細かく小さく切り刻まなければなりません。

でも、どうしてわざわざこのようなことをする必要があるのでしょう

それは、私たちが多くの“細胞”からできていることと深く関係しています

私たち人間を形作る“細胞”は、種類により大きさは様々ですが、細胞の直径は約5~50μm(ミクロン)あり、なかでも栄養をエネルギーに変える器官であるミトコンドリアは2μmしかないと言われています。

人間の目で見える限界は200μmだと言われているので、
“細胞”は、私たちの目には見えないほど小さいことになりますよね。

ちなみに、一番大きな細胞は卵子で200μm(0.2mm)あり、
これが唯一肉眼で見れる細胞になるそうです。

0.5mmのシャープペンの芯と比較すると、
卵子はその半分以下の大きさになります。

それが人間を形作る細胞の中で、一番大きな“細胞”だなんて、
とっても小さいですよね

そうした小さい“細胞”が栄養をきちんと取り込むことで、元気で健康な身体が作られ、身体を動かすエネルギーを養うことができ、私たちは健康を維持することができる仕組みになっています。

つまり、小さい“細胞”が栄養をきちんと『食べる』ことで、
ようやく私たちの身体は正常に機能し始めることになります。

しかし、私を含めたアトピーの方は、その“細胞”自体が酸化(サビている)し、二酸化炭素などの老廃物を溜め込んでしまっているので、“細胞”自体に元気がありません。

さらに、血液の流れも悪いので、残念なことに、
新鮮な酸素や栄養が身体の隅々の“細胞”まで、きちんと運ばれていないんですね。

そのため、アトピーの方は、
身体が持つ本来の働きを十分に発揮できていないことになります。

“細胞”自体に元気がないことだけが、アトピーの原因というわけではありませんが、“細胞”が本来の働きをしていないことが、アトピーを発症してしまった大きな要因の一つになっていることは間違いありません。

…と、少し話が逸れてしまいましたが、

要するに、私たちの身体にとって『食べる』とは、
私たちを形作る“細胞”一つ一つが栄養を『食べる』ということを意味しています

ところが、私たちがいつも食べている『食べ物』の大きさでは、
“細胞”の大きさに比べると、かなり大きすぎるとは思いませんか

私たちの肉眼では確認できない“細胞”が、
片手ほどの大きさのりんごを食べるなんて到底無理な話です。

あまりにも大きすぎますよね

そこで、その小さい“細胞”が栄養を食べられるようにするために、
体内でりんごを“細胞”よりも細かく小さく切り刻む必要があるわけなんです。

りんごを細かく小さく切り刻んで初めて、
“細胞”は『食べる』ことができます。

“細胞”は、片手ほどの大きさのりんごのままでは、
大きすぎて『食べる』ことができないんですね。

従って、“細胞”は、りんごを細かく小さく切り刻んだ、
つまり、りんごから分解した栄養素をご飯として頂くことになります。

説明が長くなりましたが、私たちの身体にとって『食べる』とは、「口に入れた食べ物」から、このように途方もない過程を経て、ようやく取り出された栄養素を“細胞”が『食べる』ことが、私たちの身体にとって『食べる』という意味になるわけなんです。

私たちが考えている『食べる』とは随分違いますが、
これが私たちの身体にとって『食べる』という行為になります。

このように、「口に入れた食べ物」を目では確認できないほど、細かく小さくするのですから、私たちの身体の中では、相当の労力とエネルギーが費やされていることが想像できますよね。

…ということは、私たちが食べ物を食べれば食べるほど、私たちの身体の中にある内臓がフル回転するので、食べ物を食べた分、内臓にはどんどん疲れが溜まってしまうことになります。

例えば、朝7時頃に朝ご飯を食べ、お昼までお腹がもたないからといって、11時ぐらいにお菓子をつまみ食いした後、1時間もしないうちにお昼の時間になるので、そのままお昼ご飯を食べ、、午後の一息といって3時か4時頃におやつを頂き、さらに、夕飯まで少し間が空くからといって6時頃にお菓子をつまみ食い、夜8時頃になってようやく夕飯を食べ、これで今日1日の食事が終了したかと思えば、小腹が空いたからとって寝る前に夜食を食べるといった生活を毎日送っていたとしたら、内臓はどうなってしまうでしょうか

先程も書いたように、口に食べ物を入れれば、あれゆる内臓がフル回転し、食べ物の処理に全力を注ぐので、食事と食事の間のほんの数時間しか空けないような食べ方をしていれば、内臓は1日中動いていることになります

しかも、これが1日だけではなく、毎日休みなく続くのですから、
こんな食生活を送っていれば、内臓はすっかり弱ってしまっているはずですよね

さらに付け足して言えば、内臓も“細胞”からできているので、
内臓が疲れていれば、自ずと“細胞”も非常に疲れた状態に陥っていることになります。

こんなに疲れ弱りきった状態の内臓では、
病気を患ってもおかしくはないですよね。

アトピーも「食べ過ぎ」が原因で起きているともよく言われますし…

だからこそ、内臓にも休憩する時間を作ってあげる必要があるわけです

そのためには、「人間の生理のリズム」に合わせて、
内臓にも休む時間を取ってあげること
がとても大切なことになってきます。

日本のことわざに「腹八分目に病なし、腹十二分に医者たらず」という食べ過ぎを戒める言葉がありますが、昔の方は、食べ過ぎが、ありとあらゆる病気の種を増やし、いくら医者が増えても対処しきれない状態を招くことを知っていたのでしょう。

やはり、内臓も、そして“細胞”も、
無限に動くことができるわけではないんですよね

飽食の時代に生きる私たちは、
このことをしっかりと肝に銘じておかないくてはいけませんね

それでは次回の記事で、「人間の生理リズム」に合わせた内臓の休み時間の取り方について、詳しく紹介していきたいと思います。

*************************************
いつもブログを読んでくださる皆さんへ

『いつもブログを読んで下さってありがとうございます

今回は、いかに『食べる』という行為が、
私たちの身体の内臓のエネルギーを浪費するのかについて、詳しく書きました

私たちが、たとえどんなものを口にしようが、毎回同じように、
休むことなく内臓はフル回転する仕組みになっています。

そのことをきちんと知っていれば、
自分が好き食べ物を、好きな時間に、好きな分だけ食べるといったような、
食生活を送り続けていれば、最終的に内臓は疲れ弱りきってしまうことは、
目に見えていますよね

そのため、内臓が日頃の疲れを取るためにも、
休む時間をきちんと取ってあげる必要があります。

「人間の生理リズム」に合わせて内臓を休ませてあげれば、
内臓も疲れを取ることができるので、
次回はそのことについて記事にしたいと思います。

『それでは、更新の励みになりますので、今後とも応援もよろしくお願いします
 ↓↓         ↓↓
にほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
*************************************
スポンサーサイト

テーマ : アトピー性皮膚炎 - ジャンル : 心と身体

コメント:

はじめましてこんにちは。
食は大事です。
また読みに来ます。

Re: タイトルなし

>まもさんへ
はじめまして。ブログを読んで下さってありがとうございます。
私たちの身体は食べた物から作られているので、
食は本当に大切だと私も思います。
また、遊びに来てくださいね^^

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP |