プロフィール

藤桜の姫

Author:藤桜の姫
『ようこそ!!ご訪問頂きありがとうございます。』

『ブログでは、長年苦しんだアトピーについて書いています。また、アトピーと“食事”、“季節”、“心”との関係や“身体の仕組み”、“アトピーから学んだこと”など、私がアトピーで悩んでいた時に知りたかった色々な情報を載せています。アトピーの方もそうでない方も、ぜひ読んでみて下さいね^^』

【☆始めての方は、左下のカテゴリ欄の目次をクリックして下さい。今までの記事のリスト載せていますので、そこから読んでみて下さいね!!】


最新記事


カテゴリ


月別アーカイブ


最新コメント


最新トラックバック


FC2カウンター


先日、東北地方北部も梅雨入りしたというニュースがあったので、
梅雨のない北海道を除き、日本列島全域が長雨の季節に入りましたね。

私自身、雨の日が大嫌いというわけではないのですが、
雨の日が続くと、なぜか憂鬱な気分になってしまいます。

体はだるいし、重いし、その上、気分もすっきりしません。

雨が酷いと、外出するのも億劫なので
自分の家にこもりがちになってしまい、余計に気分が沈んでしまいます。

それに、いくら気持ちを引き締めたところで、雨の日は長続きしないんですよね^^;

皆さんも、そんなことありませんか?!

また、この梅雨時期は、晴れれば暑いのですが、夜は冷えたり、
雨が続くと昼間でも肌寒かったりと、意外に寒暖の差が激しい季節ですよね。

もしかしたら、体調を崩している方もいらっしゃるのではないでしょうか。

東洋医学では、暑かったり、風が強かったり、寒かったり、雨が多かったりといったような気候の変化が病気を引き起こすものを「外邪」と言うそうです。

普段は体に大きな影響を及ぼすものではないのですが、体力の低下や免疫力の低下がある場合は、体内に侵入し体の不調を引き起こしてしまいます。

外邪には、「風邪」、「寒邪」、「暑邪」、「湿邪」、「燥邪」、「火邪」があり、
この梅雨時期は、「湿邪」が多くなる季節です。

「湿邪」は自然界の湿の性質を持った邪気で、
体に過剰な水分を溜めてしまう他、消火器系に強い影響を与えるものとされています。

そのため、梅雨時期は、お腹の張りや胃もたれ、足のむくみや体のだるさといった様々な症状が出てくるようです。

特に、私を含めアトピーの方は、もともと水分を排出するための腎臓の機能が低下しているだけでなく、胃や腸といった消化器系が弱っているので、この梅雨時期は食事や運動に気をつけた方が良いのではないかと思います。

胃や腸に負担をかけないように、食事は腹八分を心がけたり、体から余分に溜まった水分を出すために、近所を歩いて軽く汗を出したりするのも、アトピーの症状が悪化するのを防いでくれるのではないでしょうか。

何にせよ、梅雨の時期はジメジメして過ごしにくいので、早く梅雨明けしてい欲しいです^^



先程も書きましたが、この梅雨時期は、体に様々な症状が出てくる季節だと言われています。

何らかの慢性疾患を持っている患者の方を始め、アレルギー疾患はもちろん、アトピーや喘息、蕁麻疹や意味不明の湿疹が長引くといった、様々な症状が出てきます。

そして、そうした症状は悪化する傾向にあるようです。

上に書いたように、雨が多いという気候の変化が様々な病気を引き起こしているのですが、症状の悪化の原因は、自律神経が気圧の変動や湿度に多大な影響を受けることが関係していているのではないかと考えられています。

実は、自律神経は、気象に対応して変動しています。

気象の重要な要素に、気圧がありますが、
高気圧が覆っている時は「晴れ」、低気圧になると「曇り」や「雨」になります。

自律神経は、この気圧に反応して変化していくのです。

では、雨の日が多い梅雨時期はというと、低気圧の影響を強く受けることになります。

低気圧の時は、「交感神経」と「副交感神経」の二つの自律神経のうち、
“副交感神経”が優位になって働いている状態です。

以前書いた記事で少しふれましたが、「交感神経」は、活動状態に適した体内環境に調整する神経で、心臓の拍動や血圧、体温などを上げる働きをしています。

一方の「副交感神経」は、リラックスした状態に適した体内環境に調整する神経で、心臓の鼓動を緩やかにし、腸の蠕動運動を活発にして食物の消化を促します。さらに、臓器の排泄や分泌能力を高める働きをします。

普通は、この二つの自律神経が一定のリズムでバランスを取り、人間の体の機能を調整しているのですが、雨の多い梅雨時期は、低気圧の影響により、“副交感神経”が優勢になっています。

また、気圧が低下すると、「ヒスタミン」という物質が増加します。

アトピーの方なら、「ヒスタミン」について、ご存知の方も多いのではないかと思いますが、「ヒスタミン」は、外部からの刺激に反応して増加することで、アトピーや喘息などのアレルギーや炎症を引き起こします。

その他にも、「ヒスタミン」には、血管を拡張させる作用や血管から水分などを周囲の組織に染み出させる作用があります。

そのため、ヒスタミンが増加すると、まず血管を拡張させます。

血管が拡張すると、おのずと血液の量が増えますが、その血液中にはヒスタミンが増加しているため、アレルギー抗原(アレルゲン)に対する過敏性も増してしまっているのです。

そこで、私たちの体は外に抗原を出そうとして、くしゃみや咳、涙といった分泌物を出します。

この分泌物が増えることで、アレルギー性鼻炎や喘息、アトピーといったアレルギー症状として現れるのです。

こうして、血管から水分などを周囲の組織に染み出すことで、体外に放出します。

これらの作用により、血圧を急低下させたりもするのです。

さらに、「ヒスタミン」には、神経伝達物質として交感神経を刺激する作用もあります。

そのため、低気圧で副交感神経が優勢になっているところに、ヒスタミンの作用で交感神経へ逆の指令も出るので、気圧の低下に合わせてバランスがとれるまで、体は混乱してしまうのです。

梅雨時期は、まさに体がバランスを上手く取れずに、パニックを起こしている状態だといえます。

そうしたことから、アトピーも含め、様々な症状が悪化してしまう傾向にあるのだと思います。


アトピーに関してもう一つ付け加えるのであれば、梅雨時期は汗をなかなかかきにくい環境であることも、アトピーの症状が悪化してしまう原因の一つであるのかもしれません。

夏の暑い日はダラダラと汗をかきますが、
梅雨のジメジメとした暑い日は、少し汗はかくものの、夏のように汗を長く出すことはあまりないと思います。

汗の主な役割は、“体温を一定に保つこと”ですが、
水分とともに、体内の老廃物を排泄する役割もあります。

汗は、蒸発することで、体から熱を奪って体温を下げるようとしますが、
湿度が高い梅雨時期は、空気中に水分が多く含まれている状態なので、汗を気化しにくくなります。

汗をかかないため、体から熱を逃がすことができないことから、
梅雨時期は、体が蒸し暑く感じてしまうのです。

そのため、梅雨時期は、発汗作用が抑えられてしまった状態、つまり、体内に老廃物が溜まってなかなか外に出ることができない状態であるともいえます。

結果、体内の老廃物を汗という形で出すことができないと体が判断してしまうので、
特に、排泄機能が正常に働いていないアトピーの方は、皮膚から老廃物を排泄してしまうことになります。

それが、この時期のアトピーの悪化の原因の一つではないかと思っています。



“梅雨時期のアトピー”に関して、色々な側面から書いてきましたが、
これだけが、梅雨時期に起こるアトピーの悪化の原因であるということではありません。

アトピーの原因は、ただ一つではなく、様々な要因が絡みあっています。

そのことは、誤解しないで下さい。

今回の“梅雨時期のアトピー”に関しての記事は、人間の身体の仕組みがわかることで、自分に出ているアトピーの症状について不安を抱いている方に、少しでもその不安が和らいで頂ければという思いから書きました。

アトピーの症状は良くなったり、悪くなったりを繰り返すので、
不安を抱いている方が多いのではないかと思ったからです。

実際、私も何も知らないでいた時は、不安で一杯でしたから、
少しでも皆さんの参考になればと感じています。



最後になりますが、こうした季節の変わり目は、
ある意味「身体が健康になったかどうか」の目安にもなります。

この時期に、前の年よりも軽い症状になっていれば、
身体は改善していると考えることができます。

逆に、あまり変化が見られないのであれば、
普段の食生活を見直したり、運動をしたりして、体質改善をする必要があると思います。

「体を温め、血液の循環を改善し、身体の免疫力を高める」ことが、自律神経のバランスを取り戻すことに繋がるだけでなく、アトピーが出ない体作りの第一歩ではないでしょうか。


☆いつもブログを読んで下さってありがとうございます!!
『今回は、「梅雨時期のアトピー」について書きました。
アトピーの原因はこれだけではないですが、少しでも参考になれば嬉しいです。
下のサイトからは、アトピーに関する情報を調べることができます。
もしかしたら、参考になる記事があるかもしれません。

最後に更新の励みになりますので、応援もよろしくお願いします^^』
    ↓↓         ↓↓
にほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : アトピー性皮膚炎 - ジャンル : 心と身体

 | BLOG TOP |