プロフィール

藤桜の姫

Author:藤桜の姫
『ようこそ!!ご訪問頂きありがとうございます。』

『ブログでは、長年苦しんだアトピーについて書いています。また、アトピーと“食事”、“季節”、“心”との関係や“身体の仕組み”、“アトピーから学んだこと”など、私がアトピーで悩んでいた時に知りたかった色々な情報を載せています。アトピーの方もそうでない方も、ぜひ読んでみて下さいね^^』

【☆始めての方は、左下のカテゴリ欄の目次をクリックして下さい。今までの記事のリスト載せていますので、そこから読んでみて下さいね!!】


最新記事


カテゴリ


月別アーカイブ


最新コメント


最新トラックバック


FC2カウンター


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
まだ時折、寒い日はありますが、
汗ばむくらい暖かい日もあるので、春は確実にやってきているようですね。

近所の公園の桜も少し前から咲き始め、
綺麗なピンク色の花びらをたくさんつけていると母も言っていました。

実は、今年に入って、私はまだ桜を間近で見ることができていません。

今年に限らず、去年も一昨年もそうでしたが、
ここ数年間、自分の目で桜を見れていないんです^^;

というのも、ほとんど寝たきりの状態だったので、
桜を見るどころではなかった、というのが本当のところです。

そんな私を思って、父親が桜を写真に撮ってきてくれたこともありました。
たぶん、桜も見ることができないなんて可哀想だ、と思ってくれたのでしょう。。。

有難いことです。

でも、当の私は、父親が思っているほど、
悲観して考えているわけではありませんでした。

というのも、桜は毎年咲くので、元気になればいくらでも見れると、
結構、楽観的に考えていたからです。

友達が就職や結婚をして、自分よりも先にどんどん進んでいくことと違って、
桜は毎年同じ時期に咲くので、自分をいつも待ってくれている感じがしていました。

“毎年同じ時期に咲くこと”が、何より私に安心感を与えてくれていたのかもしれません。

でもやはり、桜を何年も見ることができていない分、
他の方よりも桜に対して当然、思い入れはあります。

それに、ちょうどこの時期はアトピーが悪化してしまう時期とも重なるので、
私にとって『桜を見れたということは、アトピーが改善してきている』ということも意味するからです。

そのため、プロフィールの欄に、
アトピーが改善するよう願いを込めて、桜の写真を載せています^^

桜が散るまであと少し、今年桜を見れるかどうかはわかりませんが、
アトピーの症状が去年よりも改善していることを、ただただ願うばかりです。



話は変わりますが、少し前、にほんブログ村のサイトのトーナメントに参加していました。

私が参加したトーナメントは、 『読め!!』 3 トーナメント です。

トーナメントに自分のブログに書いた記事を1つ投稿すると、
他に投稿されたブログの記事と対決する仕組みになっています。

トーナメントというだけあって、投票による勝ち抜き戦が何回か行われ、
順位が決められます。

実は、そのトーナメントで優勝したんです^^

投稿した記事は「震災とアトピー、そして逃れられない現実」ですが、
何より優勝できたことが、とても嬉しかったです。

前にも書いたように、ここ数年間ほぼ寝たきりの状態だったので、
“自ら行動を起こす”ということが、なかなかできませんでした。

もちろん、何もできなかったことが、
全てアトピーのせいだと考えているわけはありませんが、
何をするにしても、人の手を借りないといけませんでした。

そのため、何もできない自分へ、苛立ちと焦りを常に感じていました。

世間の常識からすると、私の歳にでもなれば、大抵のことはできて当たり前です。

でも、私は当たり前のことさえもできないでいました。

そんな“当たり前以下の自分”が、どうしても許せませんでした。

しかし、だからといって、アトピーの症状がすぐに改善するわけでもありません。
そんな思いを抱えたまま、ほんの数ヶ月前まで過ごしていました。

それが去年の暮れ頃から、ようやく、アトピーの症状が落ち着き始めると、
“アトピーの自分”に対しても考え方が変わってきました。

少しずつですが、“アトピーの自分”を許せるようになってきたのです。

それまで友達に自分のことを話す時は、「アトピー」ではなく「病気」と言っていました。

どうしても“自分がアトピーだ”なんて言いたくありませんでした。

“アトピーの自分”が、嫌いで、情けなくてたまらなかった。。。

そんな自分は、絶対に、認めたくありませんでした。

そうして、“アトピー”と“自分”とを切り離して考えるようにしていました。

しかし、アトピーの症状が徐々に治ってきていることを実感できるようになってくると、
あの手のつけようがないくらい酷かった症状が治ってきていること、
それ自体がとても凄いことだと感じるようになってきました。

もちろんアトピーの症状が落ち着いてきたのは、
凄いとかいうことではなく、ただ治療の効き目が出てきただけなののかもしれません。

でも、ここまで体を治すのに一番貢献してくれたのは誰かと考えた時、
やはり一番必死になって頑張ってくれていたのは、
紛れもなく自分の体以外、他にありませんでした。

そのことに気づいた時、初めて私は自分の体に感謝することができました。

すると、自然に“アトピーの自分”を受け入れる気持ちも出てきました。

このブログも“アトピーの自分”を受け入れることができたからこそ書くことができています。
以前の私では、アトピーに関するブログを書くなんて到底無理なことでしたから^^;

だからこそ、今回トーナメントで優勝できたことは、私にとって大きな意味がありました。
何といっても、ブログは“アトピーの自分”を受け入れることができた証でもあるからです。



また、そのトーナメントで私の記事を読んだ方からお手紙をもらいました。

その方もアトピーで苦しんだ経験があり、
今では普通の人と変わらない生活を送っているそうです。

手紙には「諦めないで頑張って欲しい」と書いてありました。

私はその手紙をもらったことがとても嬉しかったです。

私のことを思って書いてくれていることが、手紙からひしひしと伝わってきました。

こんな心温まる手紙がもらえたのも、トーナメントで優勝できたのも、
ようやく“アトピーの自分”を認めることできるようになってきたことが、
一番関係しているのではないかと思っています。

やはり、自分の考え方一つで、良くも悪くも自分の世界は変わってくるようです。

そして結局、自分の世界をより良いものにするのは、自分しかいないのでしょう。。。

少し大袈裟かもしれませんが、
そのことに気付くことができるか、できないかで、
自分の人生は大きく変わってくるのだと思います。



最後になりますが、右側にアンケートを設置しています。
アトピーの治療の際、食事をどのくらいとっているのか気になったので、
アンケート形式で聞いてみようと思いました。

よければ、アンケートに答えてみて下さいね^^

*いつもブログを読んで下さってありがとうございます。
ブログ更新の励みになるので、どうぞポチッとクリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : アトピー性皮膚炎 - ジャンル : 心と身体

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。