プロフィール

藤桜の姫

Author:藤桜の姫
『ようこそ!!ご訪問頂きありがとうございます。』

『ブログでは、長年苦しんだアトピーについて書いています。また、アトピーと“食事”、“季節”、“心”との関係や“身体の仕組み”、“アトピーから学んだこと”など、私がアトピーで悩んでいた時に知りたかった色々な情報を載せています。アトピーの方もそうでない方も、ぜひ読んでみて下さいね^^』

【☆始めての方は、左下のカテゴリ欄の目次をクリックして下さい。今までの記事のリスト載せていますので、そこから読んでみて下さいね!!】


最新記事


カテゴリ


月別アーカイブ


最新コメント


最新トラックバック


FC2カウンター


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私の体は、他にも様々な“異変”を起こしていきます。。。

前回の記事で書いた、左手の薬指から緑色の液体が出たのは、
中学1年生の2学期頃です。

その症状は、絆創膏を貼ったり、軟膏を塗ったりすることで落ち着いてきたのですが、
その後すぐに、今度は左側のこめかみにぷくっと大きな“ニキビ”が1つでき始めます。

サイズでいうと、小豆くらいの大きさです。
それが1つこめかみにできたのです。

ただ、こめかみに1つニキビがあるだけで、顔には他に何もできませんでした。
その1つのニキビを除いて、“できもの”なんて何一つ顔にはなかったです。

しかも、そのニキビができた場所がちょうどこめかみだったので、
前髪で隠すことができ、さほど気にしていませんでした。

むしろ、他の子が顔中にたくさんニキビができているのを尻目に、
「私はニキビがたくさんできなくてよかった」と思っていたくらいです。

しかし、顔中にニキビが出ている子は時間が経てば、少しずつ良くなっていきましたが、
私は1つしかできていないのに、ニキビが一向によくなりませんでした。

膿んでは乾いて、膿んでは乾いてを繰り返すだけで、いくら経ってもよくなりません。

なかなか治らないので、少しは気になっていたのですが、
他の子と比べて私は“1つしか”ニキビができていないということだけに安心していたのか、
薬指の時とは違い、大して何も対処はしませんでした。

それが功を奏したか分かりませんが、脱ステ中の現在、
左側のこめかみに小豆サイズのニキビはありません。

影も形もありません。
左手の薬指とは違い今はきれいに治っています。

ただ、“アトピーが噴出した頃は、そこから何か悪い菌が入って
アトピーが噴出したのではないかと疑うことはありましたが、、、”

当時の私は“1つしか”ニキビができていないことに囚われ、
ニキビが治らないことよりも、その“1つ”という数だけを問題にしていました。

正直な話、「見た目がよければ問題ない」と当時の私は思ってました。

だからニキビがなかなか治らないことよりも、ニキビの数の方が気になっていました。

今になってみると
ニキビの数といった“外見”を問題にするのではなく、
ニキビを治すことができない“自分の体”に目を向けるべきだったとつくづく思います。

結局、当時の私は何も気づくことができず、
ここでまた1つ、体が発する“サイン”を見逃してしまいます。


また、「なかなか治らない」といえば、足や手にできた傷が治りにくくなっていました。

例えば、転んで膝を擦りむいたとします。
当然そこから出血しますが、一時すると出血もおさまり、かさぶたができ始め、
そのかさぶたがとれると、また元通りの皮膚になりますよね。

これが傷を治す時にたどる過程だと思います。
人間なら誰でも持っている自然治癒力で傷を治しているのですが、、、

私の場合は、そのかさぶができるまでに、かなりの時間がかかっていました。
しかも、かさぶたがようやくできたと思っていたら、そこから膿が出てき始めます。

そして、ようやく膿も止まり、かさぶたがとれると、
元通りに戻っているはずの皮膚の色が少し黒ずんでいるわけです。

そのため、結局「傷がちゃんとよくなったのか、よくなっていないのか」は
自分自身でもあやふやな感じでした。

ただ、ニキビと同じように、膝が少し黒ずんでいるだけで、
特に人の目に触れるわけでも、体に特別な変化が起きたというわけでもなかったので
当時の私は特に気にしませんでした。

しかし、その黒ずんでいた所は、今では黒ずみも消え、きれいな肌になっています。

ということは、今になってようやく
私の体に、中学生の頃にできた傷を“治す力”がついてきたのだと思います。

その当時は今のように酷くアトピーの症状は出ていませんでしたが、
ニキビも膝の傷も治らなかったことから考えると、相当免疫力が低かったのでしょう。。。

今の方がアトピーの症状としては酷く出ているものの、
もしかしたら、いや確実に、
中学生の頃の方が今よりも免疫力が低かったのではないかと思います。

当時の私が自覚していないだけで、確実に私の体はおかしくなってきていたようです。

そんなこととも露知らず、「自分は健康だ」と思い、日々の暮らしを送っていました。

アトピーが噴出した時は、
何もないところから“突然”アトピーが発症したと思っていましたが、
こうやって知らず知らずのうちに、アトピーになる原因が私の中にあったのだと思います。

やはり、
私がアトピーを突然発症したのも、発症するべくして発症したのかもしれません。

そしてさらに、私の体には、ちょっと変わった異変が起こり始めます。

*いつもブログを読んで下さってありがとうございます。
ブログ更新の励みになるので、どうぞポチッとクリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : アトピー性皮膚炎 - ジャンル : 心と身体

トラックバック:


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


2012/03/22 02:35 | まとめwoネタ速suru | まとめteみた【アトピーと私~15年以上におよぶ脱ステロイドの全記録~】 私の体は、他にも様々な“異変”を起こしていきます。。。前回の記事で書いた、左手の薬指から緑色の液体が出たのは、中学1年生の2学期頃です。その症状は、絆創膏を貼ったり、軟膏

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。