プロフィール

藤桜の姫

Author:藤桜の姫
『ようこそ!!ご訪問頂きありがとうございます。』

『ブログでは、長年苦しんだアトピーについて書いています。また、アトピーと“食事”、“季節”、“心”との関係や“身体の仕組み”、“アトピーから学んだこと”など、私がアトピーで悩んでいた時に知りたかった色々な情報を載せています。アトピーの方もそうでない方も、ぜひ読んでみて下さいね^^』

【☆始めての方は、左下のカテゴリ欄の目次をクリックして下さい。今までの記事のリスト載せていますので、そこから読んでみて下さいね!!】


最新記事


カテゴリ


月別アーカイブ


最新コメント


最新トラックバック


FC2カウンター


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
はじめまして。藤桜の姫といいます。
タイトルにも書いてある通り、『私はアトピー』です。

もう15年以上もの長い間、アトピーに苦しんできました。
実年齢はブログなのでふせますが、人生の半分以上、アトピーで悩まされてきました。
それは今も継続中です。

ただ、現在はある方に出会い、アトピーの症状も快方に向かっています。
アトピーが噴出した当初は、皮膚科と言われる病院は全て回りました。
しかし、どこの病院に行ってもステロイド剤を処方されるばかりで、
アトピーの症状は治まるどころか、一向に治りませんでした。

しかも、自分の手に負えない患者だと思うと、
病院は「紹介状を書きます」とだけ言って、
症状が悪化してしまった患者に手紙を一通、手渡すのです。

私は、その手紙を何度も受け取りました。
最初のうちは、「きっと次の病院でよくなることができる!」という期待で一杯でしたが、
何度もその手紙をいろんな病院でもらううちに、
「たらい回し」されていることに嫌でも気づかされました。

そんな状況だったので、病院に対する不満は積もるばかりでした。

でも何よりも心配だったことは、
「もしかして、一生このままなんじゃないか」ということでした。

今まで何ともなかった皮膚が、
赤く腫れたり、
黒く変色したり、
象の皮膚のように硬くなったり、
深いしわができたり、
そのしわが何かの衝撃で切れると、
そこから出血したり、
たまらなく臭くて、ねちょっとした黄色い膿が出てきたり、と

とにかく皮膚はボロボロの状態でした。

そんな状態だったので、体はとても動かしにくかったです。

しかも、頭は毎日ぼーっとしたような状態が続き、
体がだるくて、きつくて仕方ありませんでした。

この時は『生きている』という実感はなく、
『ただ毎日をやり過ごしている』という感じがとても強かったです。

「生きる屍」という言葉がピッタリ当てはまる状態でした。

でも一番ショックだったことは、
顔が別人のように変わってしまったことでした。

本当にショックでした。

まるでお岩さんのように赤く腫れあがった顔が、
自分の顔だという現実を受け入れることはできませんでした。

だから、極力、自分の顔が映る鏡やガラスなどを見ないようにしていました。
どうしても見ないといけない時は、
目を細めて、なるべく自分の顔を見ないですむようにしていました。

今まで経験したことのない状況に、
私の精神の糸は今にもはち切れるばかりの状態に達していました。


こんな私を救ってくれたのは『母親』でした。


この話は長くなるので後で書きますが、
二人で話し合った結果、薬(ステロイド剤)を使うことを止め、
自分が本来持っている免疫力で治していくことにしました。
いわゆる「自然治療力」というやつです。


ここから『私と母の長い長い脱ステロイドの道』が始まりました。


それから今まで、漢方薬や温泉治療、指圧や様々な民間療法を試してきました。
しかし残念ながら「体の底から快方に向かっている」と感じることは全くありませんでした。

もちろん、漢方薬や温泉治療などで一旦は症状は落ち着くのですが、
またアトピーの症状がぶり返していました。
『治っては、またぶり返す』、この繰り返しです。

一度、自然治療で治していくと固く決意したものの、
何度挫折しようと思ったかわかりません。

特に、アトピーの症状が「ぶり返し」た時は、
『せっかく、あそこまで良くなっていたのに、どうして!!』
という気持ちで一杯でした。

そして、いつも思っていました。
「私が一体何をしたの?」
「何も悪いことなんてしてないのに!」
「どうして私だけこんな目にあわないといけないの!!」
「死んだほうがまし!!!」って。
母親にも何度暴言を吐いたことか・・・

アトピーを治そうと頑張っても、
その努力が報われないことへの苛立ちと一向に改善しないことへの不満は
脱ステロイド中、ずっと続きました。

でも、そんな心の葛藤がある中で、
少しずつ「アトピー」や「人間の体」のことを本屋インターネットで調べていくうちに
「どうして今私がアトピーの症状が出ているのか?」ということが
なんとなく分かり始めてきました。

そんな矢先に、最初に書きましたが、ある方と出会いました。

そして、
今ようやくアトピーの症状のぶり返しも治まり始め、
本来の元気な体を取り戻そうとしています。

今まで感じることのできなかった「体の底から快方に向かっている」実感があります。
体に生命のエネルギーがみなぎっているような感じがあるのです。

ようやく、ようやく、ここまで辿り着くことができました。

あともう少しです。

今回、ブログを書こうと思ったのは、
ただ単純にアトピーを克服しましたという報告をしたかったからではありません。

現在、アトピーの治療には様々な方法が世の中にはあります。
西洋医学、漢方やアロマテラピー、指圧やお灸、断食などたくさん存在しています。
別にどの方法が悪くて、どの方法が良いということをここで議論しようとは思っていません。
どの方法を選んで治療していくかは、その人自身が選択すべきであるからです。
病気を治すのは、医者でも、家族でもありません。
病気を治すのは、その人自身でしかないからです。

私が『脱ステロイド』に関するブログを書こうと思ったのは、
とても辛いことでしたが、この15年に起こった出来事を忘れないためです。
そして、アトピーの現状、特に脱ステロイドすることがどういうことかを
みなさんに知ってもらいと思ったからです。

脱ステロイドをしている方には「同じ悩みを持っている人がいる」ということを。
アトピーを知らない方には「アトピーがどんなものか」ということを。
少しでも知って欲しいです。

15年間、本当にいろいろなことがありましたが、
今ようやく脱ステロイドをしてよかったと思える私がここにいます。
15年前はそう思える自分がいるとは思ってもみませんでしたが、
諦めないで今日まで来ることができたことを感謝しています。
特に、今まで私を支え続けてくれた家族には感謝してもしきれません。

それでは、15年の間に起きた出来事を書いていこうと思います。
よろしくお願いします。

*ランキングに参加しています。
ブログ更新の励みになるので、どうぞポチッとクリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : アトピー性皮膚炎 - ジャンル : 心と身体

コメント:

はじめまして^^

 藤桜の姫さんへ

はじめまして。
おはようございます^^

私もアトピー歴は
中学2年次後半から軟膏の副作用で悪化しました。
もう、23年になります。

自己紹介はブログに書いていますから省きます。
ブログ“ようこそ【サガリバナ】の世界へ”を書き綴ります
ペンネーム沖縄自然詩エッセイスト澤藤敦と言います^^

私は澤藤と書いていますが
生まれも育ちも沖縄県那覇市若狭出身です。
実は沖縄県は特にアトピー患者が多いですよ。
そして、きちんと治療も出来ない病院も多いです。

間違っていない情報からヒントを得て私も治したい。

今では慢性疾患ですね^^

私のブログから言葉や詩などで癒されて欲しいし、
貴女から情報を共有しながら進めていけたら嬉しい限りです。

私はアトピーであることを隠しませんし、
堂々とステロイド軟膏を使用したことも発言します。
詳細は私のブログからお願いします^^

澤藤とは
サガリバナのことで沖縄県西原町の方言【サワフジ】から
頂いた言葉です。

http://sawafuji.ti-da.net/

二人三脚は大切だよ

 藤桜の姫さんへ

おはようございます。
沖縄自然詩エッセイスト澤藤敦です^^

少しだけ追記です。
アトピー治療はひとりでは完治難しく、
二人三脚での治療法が必ず出来る気持ちが高まります。

本当にいいことですよ^^

Re: はじめまして^^

> 澤藤敦さんへ
はじめまして。ブログを読んで下さってありがとうございます^^
コメントが遅くなって申し訳ありません。

沖縄に住んでいらっしゃるんですね。
そして、特に沖縄県の方にアトピーの方が多いとは知りませんでした。
沖縄のイメージからすると、気候も良いので、アトピーとは無縁だと思っていました。
まだまだ、アトピーの実情に関して、私は知らないことが多いみたいです。

コメントを書く前に、澤藤さんのブログにはお邪魔させてもらいました。
アトピーの症状を撮った写真がありましたが、私も同じような感じでした。酷い時は指も動かすことができなかったので、ご飯を食べる時は母親に食べさせてもらっていました。今ではそんなこともなくなりましたが、当時は気持ちも落ち込んで、何をするにしても無気力な状態でした。

アトピーを長い間患っていると、心が折れてしまうことが多いですが、お互い頑張りましょう!!
私もできる限り、自分の知る情報をブログに書いていこうと思います。

ストレスを感じないように^^

 藤桜の姫さんへ

今晩は。
沖縄自然詩エッセイスト澤藤敦ですと書きましたが
書き忘れがありまして那覇市若狭町出身の具志堅敦といいます。

そうなんですね。
本当に辛かっただろうに。

色々な説はあります。
遺伝子異常に高Ige抗体症にストレス。
更に言えば、市販や食べ物など。

私の場合はIgeが本当に高い「30150」ので、
ストレスを回避して私のペースで進行しています。

沖縄でも私のようにアトピー性皮膚炎は成人もあって、
今では子供も多いし、更には他の持病や難病の方々も多いです。

頑張るというより
ストレスを感じないよう互いに進みましょうね。

出来るだけ体内の毒素を減らすことと、
食物アレルギーでなければ和食中心や沖縄の料理から
低栄養だったらアレルギーやアトピーを引き起こすことも
判っています。

私も手だけでなく足も宜しくないですね。
ステロイド軟膏の副作用と言えよう。
私のブログから訴えることになることは明確ですね。

http://sawafuji.ti-da.net/

Re: ストレスを感じないように^^

>澤藤敦さんへ
返事が遅れてしまい本当にすみませんでした。
実は、母が体調を崩してしまい、その看病に追われていました。
本当にすみません。

Igeが高いんですね。
私の記憶ではIgeの値は計ったことはありませんが、いつかブログの記事にも書きましたが、私の場合は血液検査をすると免疫のバランスが悪く、免疫の力強さが全くない状態でした。免疫を司る白血球の数も少なかったです。はっきりとは言えませんが、Igeが高いということは、身体が何にでも敏感に反応している状態だと思うので、免疫のバランスが上手くとれていないのかもしれません。澤藤さんのブログにも書いてありましたが、寝込んでしまうのも、免疫のバランスに問題があると私も感じます。私も同じような状態だったので、気持ちはわかります。ただ、免疫を高めることができれば、Igeの数値も下がってくるのではないでしょうか。免疫のバランスが取れてないので、Igeが高くなっているのではないかと推測しています。アトピーの方は、アトピーが出ているということからも、普通の方と比べると、免疫のバランスは全く取れていないのは明らかです。また、体の免疫が上手く機能していないことが原因で、風邪や大病(ガンなど)を患ったりします。その点はアトピーも同じだと私は考えています。

長々と書いてしまいましたが、余計なことを言い過ぎてしまっていたら、すみません。

沖縄には色々な病気を持つ方がいるんですね。知りませんでした。
沖縄の方はみんな元気なイメージがあるので、意外です。

低栄養がアトピーを引き起こすとは初めて聞きました。後で調べてみようと思います。

そうですね。頑張るというよりは、自分のペースで進んでいく方がいいですね。
お互いアトピーの症状は出ていますが、気持ちは明るくいましょう!!

ためになりますよ^^

 藤桜さんへ

今晩は。
沖縄自然詩エッセイスト澤藤敦です^^

ご指摘に感謝しありがとうございます。
免疫の力もアトピーの発症や大病は大きなストレスと食事にあることも私なりに考えています。そして、食事だけでなく化学物質や添加物は特に大問題ですね。更に化粧品もです。石油系の化粧品は必ず癌やアトピーになりますので気を付けて欲しいです。勿論、食べ物もですよ。

病は全国各地にあります。
ですので、病にならない病になってもご家族の協力がかかせないことはいうまでもありませんね。ストレスを溜めずにマイペースで^^。

http://sawafuji.ti-da.net/

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。