プロフィール

藤桜の姫

Author:藤桜の姫
『ようこそ!!ご訪問頂きありがとうございます。』

『ブログでは、長年苦しんだアトピーについて書いています。また、アトピーと“食事”、“季節”、“心”との関係や“身体の仕組み”、“アトピーから学んだこと”など、私がアトピーで悩んでいた時に知りたかった色々な情報を載せています。アトピーの方もそうでない方も、ぜひ読んでみて下さいね^^』

【☆始めての方は、左下のカテゴリ欄の目次をクリックして下さい。今までの記事のリスト載せていますので、そこから読んでみて下さいね!!】


最新記事


カテゴリ


月別アーカイブ


最新コメント


最新トラックバック


FC2カウンター


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回は、以前の記事「人間の本当の食べ物は何だろう?!」、「“まるごと”食べるがポイント!!」の続きの記事になります。

以前の2つの記事で、人間の持つ「歯の構造」から、人間は“穀物”を中心とした食生活が適していること、そして、一つの食べ物を“まるごと”食べる(無農薬のものに限る)ことで、食べる側の私たちは、全ての栄養素を完璧に取り入れることができ、余計な老廃物を出さずに、体内でスムーズに代謝されていくということをお話ししました。

そこで、今回注目して欲しいのが「玄米」です。

「玄米」は、完全“まるごと”食品の代表とも言われています。

というのも、精白していない「玄米」の糠や胚乳には、酵素やビタミン・ミネラル、食物繊維など身体の機能を整える成分が多く含まれているからです。

“米を白くすると粕(かす)”という字に、また“米を健康にすると糠(ぬか)”という字になりますが、昔の人々は精白すると失われてしまう糠や胚乳にこそ、大切なものが多く詰まっていることを知っていたのかもしれません。

精白された白米は、「玄米」と比べると、精白したことにより、炭水化物の割合はあまり変わらないものの、タンパク質や脂質、繊維質を始め、各種のビタミン・ミネラルといった栄養素の割合が激減しています。

まさに、白米は“粕(かす)”という字、そのままになってしまっているのです。

こういった成分が少ない白米には、
身体を健やかに保つ機能が、かなり失われてしまっています。

さらに、人間の体内では代謝がスムーズに行われず、
疲労物質である乳酸を作ってしまうことにもなり、体に余計な負担をかけてしまうのです。

一方の「玄米」は、“まるごと”食べるだけで完璧な栄養バランスや機能バランスを取り入れることができるため、とても理想的な食べ物だと私は思っています。

ただ、オールマイティな「玄米」にも、少し足りないものがあります。

それが、人間が体内で合成できないと言われている必須アミノ酸の『リジン』です。

しかし、「玄米」にリジンの含有率が低いからといって、
特に心配する必要はないと思います。

というのも、日本には『ご飯に味噌汁』という伝統的な食べ合わせがあり、味噌の原料となる大豆には米に足りないリジンが多く含まれており、米と豆のタンパク質が合わさることで、必須アミノ酸を完璧な構成にしてくれるからです。

もともと、豆が入って五穀と呼ばれていますし、五穀つまり“穀物”の仲間が完璧な栄養バランスを持っているということなのでしょう。

まず、この点が私が白米ではなく、「玄米」を選んで食べている理由の一つです。


他にも、私が「玄米」を好んで食べる理由があります。

それは、玄米の“解毒作用の高さ”にあります。

体内にある老廃物の約75%が便として排出されますが、
「玄米」は白米の約8倍ともいわれる食物繊維が排出のお手伝いをするのです。

また、玄米には“フィチン酸”が含まれているため、
化学物質や重金属を体外に排出させる作用が強いとも言われています。

特に、私を含めたアトピーの方は、アレルゲンや毒素となるものを体内に取り入れまないようにするだけでなく、体内に溜まった毒素をどんどん出してあげないといけません。

そのため、玄米の“解読作用の高さ”は、
アトピーを治療する手助けになるものだと私は感じています。

ただし、このフィチン酸は、少し厄介な問題も抱えています。

というのも、フィチン酸は鉄やカルシウムといったミネラルと強く結びつく作用があるため、ミネラルが体内に吸収されるのを妨げるだけでなく、そのままミネラルを体外に排泄してしまうのです。

これでは、「玄米」に並外れた“解毒作用”があっても、身体に必要不可欠なミネラルが吸収されないとなると、玄米を食べる意味がありません。

そこで、どうにかして「玄米」の“解読作用”だけを上手く働くようにしてあげなくてはいけませんよね。

そのためには、まず「玄米」をしっかり“発芽”させる必要があります。

つまり、「玄米」をしっかり“吸水”させれば良いわけです。

フィチン酸は胚芽の部分に多く含まれているのですが、水につけることで、このフィチン酸は減り、玄米が少し発芽状態になることで、フィターゼという酵素が生まれ、このフィターゼがフィチン酸とミネラルを切り離してくれます。

そして、ミネラルはフィチン酸にくっつくことはなく、
体内できちんと吸収されることになります。

こうして、身体に必要なものは問題なく吸収され、
体内に溜まった老廃物もきちんと排泄することができるわけです。

だから、「玄米」を食べる時はしっかり“発芽”させて下さいね。

そこで、吸水時間の目安ですが、
前の日の夕飯時に次の日の朝の玄米を準備するといった具合で問題ないと思います。

だいたい4~8時間くらい吸水してあげれば良いのではないでしょうか。


そして、「玄米」を食べる時は必ず“よく噛んで”食べてくださいね。

これは、とても大切なことです。

というのも、「玄米」は完璧な栄養バランスを持っているのですが、
体内で吸収されにくいという難点も持っています。

そのため、よく噛んでたべないと、
逆に体内の中に老廃物として残ってしまいます。

そうならないためにも、
「玄米」は必ず“よく噛んで”食べて欲しいと思います。

また、「玄米」をしっかり噛んで食べることで、唾液の分泌も高まり、副交感神経が刺激されるので、身体の修復機能が一気に働き始めます。

アトピーを克服するためにも、しっかり噛んで、
身体の修復機能を活発に働かせるようにしてあげましょう。


では、何回噛めば良いのでしょうか?!

年齢の分だけ噛めば問題ないと書いてある本など様々なことが言われていますが、
私は食べ物の形がなくなるまで噛むのが最も良いと考えています。

食べ物の形がなくなるまで噛むことで、胃や腸が食べ物を消化吸収する負担を軽くすることができますし、その負担が軽くなった分、身体は別のことにエネルギーを使うことができるので、やはり形がなくなるまで噛むのが身体に一番負担をかけないで済むベストな方法だと私は感じています。

特にアトピーの方は、皮膚や内臓といった身体全体の機能の修復にエネルギーが使われなければいけません。

そのため、身体が食べ物を消化することだけにエネルギーを費やしてしまわないように、身体に余計な負担をかけないようにすることこそが一番大事だと思うのです。

食養でも、病人は100回以上噛むことが大切だと言われています。

「玄米」をしっかり噛むことで、「玄米」の力を最大限に引き出すことが、
アトピーを治す手助けになると私は考えています。

玄米の力を見直されてみてはいかがでしょうか^^



☆『いつもブログを読んで下さってありがとうございます^^
次の記事では、「食べる」という行為が、
私たちの身体にとってどのような行為なのかお話できたらと思います。

もちろん、「食べる」という行為は、
私たちにとって楽しみの行為の一つではありますが、
私たちの身体は一体どのような行為なのでしょうか?!

ここにもアトピーを改善するヒントが隠れていると思いませんか^^??

最後に更新の励みになりますので、応援もよろしくお願いします^^』
    ↓↓         ↓↓
にほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : アトピー性皮膚炎 - ジャンル : 心と身体

なかなかブログを更新できない間に、
本格的な夏がもうすでに始まっていますが、皆さんはいかがお過ごしでしょうか。

30度を超える猛暑日が続いているので、熱中症などには十分に気をつけて下さいね。

それにしても、日本の夏は、北海道を除いて、
気温だけでなく、湿度も高いので、とても蒸し暑く感じます。

まるで亜熱帯にでもいるような、そんな気分にさせられます。

こんなに暑いと、“冷たいもの”や“水分”が、特においしく感じられますよね。

そのため、ついついアイスやジュースといった冷たいものを
食べ過ぎてしまうことはありませんか?!

頭では「冷たいものの摂り過ぎが体に悪い」と分かってはいても、
こなに暑い日が続くと、冷たいものに手を伸ばさずにはいられませんよね。

私も今年の夏は、アトピーの症状が軽減したこともあり、
例年よりも、冷たいものを摂り過ぎてしまっていると少し反省しています。

でも、冷たいものの摂り過ぎには、やはり注意が必要です。

というのも、胃腸の機能が低下するだけでなく、血液も薄まるので、「食欲不振」や「体がだるい」といった夏バテの症状を引き起こすことになってしまうからです。

特に、私を含めたアトピーの方は、胃腸の機能が健康な方と比べると非常に弱っているので、冷たいものの摂り過ぎには用心しないといけません。

そして何より、夏は自分が想像している以上に、
身体が冷えていることも忘れないで欲しいと思います。

夏と「冷え」とは、あまり関係がないように思われる方もいるかもしれませんが、
実は、冬よりも夏の方が、身体を冷やしていしまっている方が沢山います。

暑いからといって、お風呂に入らずにシャワーだけにしたり、お風呂上りに冷たい飲み物を飲んだり、一晩中クーラーをつけていたりしていませんか?!

皆さんの中にも、何か思い当たる節があるのではないでしょうか。

このような生活を続けていると、身体は必要以上に冷えてしまうことになります。


また、もともと「冷え」というのは、
足首から先が低温で、上半身が温かい状態を意味します。

手足が冷たく感じるといった、
いわゆる“冷え症”だけが「冷え」ではないのです。

たとえ、足元を温かくしていても、
上半身をそれ以上に熱くしていれば、「冷え」の状態であることになります。

つまり、先程書いたように、クーラーの部屋に一日中いたり、冷たいものを食べ過ぎたりといった、居住環境による「冷え」や食べ物による「冷え」だけが、体が冷える原因ではないということです。

そのため、夏でも「冷え」の状態を引き起こすことになります。

というのも、暑い夏は、頭や上半身が日光などによって高温にさらされた結果、足元よりも上半身の方が温度が熱くなってしまうので、足元が寒くなくとも、相対的に上半身よりも足元の温度の方が低くなってしまうからです。

このように、夏は居住環境による「冷え」や食べ物による「冷え」、季節による「冷え」といった様々な「冷え」に対応しないといけないので、もともと体が冷えてしまっているアトピーの方の身体にとっては、とても辛い季節なのではないかと思います。

体が冷えると、まず血液の循環が悪くなり、血液の循環が悪くなると、消化器官の機能だけでなく、排泄器官までも上手く働かなくなり、さらに免疫力まで低下してします。

事実、体温が1度下がると、
免疫力が37%落ちることが分かっていますし、基礎代謝も12%も下がってしまうのです。

逆に考えれば、体温を上がることができれば、血液の循環が良くなり、消化機能も排泄機能も上手く働き出し、免疫力アップに繋がることになりますが、すぐに体温を上げることはなかなか難しいことです。

体温を上げるには、最低2年くらいかかるとも聞いたことがあります。

ただ体温を上げることが難しいとはいえ、日頃のちょっとした心がけが、体温を上げること、そして免疫力を上げることに繋がるのではないかと思います。

居住環境や季節による「冷え」に対しては、クーラーの部屋に一日中いないように気をつけたり、クーラーの温度を高めに設定したり、靴下を履いたりといったように、体が冷えるのを防ぐ工夫をすると、身体が冷えるのを少しでも抑えることができるのではないでしょうか。

そして、何と言っても「動く」ことが、
「冷え」を防ぐためには最も有効な手段ではないかと感じています。

「動く」ことで血液の循環もよくなりますし、体温も上がります。

暑いとからといって、涼しい部屋でじっとしているのではなく、体を動かして足先から頭のてっぺんまで、血液を十分に行き渡らせることで、体が冷えるのを防ぐことができるでしょう。

一方の食事に関する「冷え」に対しては、もともと体が冷えてしまっているアトピーの方は、身体が夏の生理になっていないので、夏野菜や冷奴など身体を冷やす食べ物は避けた方が良いかもしれません。

どちらかというと、主食の穀物(玄米)をメインに、身体を温める作用のある根菜類や海藻類などを上手くおかずに取り入れた食事で、まずは体質改善をする必要があるのではないでしょうか。

もちろん、夏野菜や冷奴などを全く食べてはいけないということではないので、
その点は誤解しないで下さいね。

やはり、バランスよく食事を摂ることが大切だと思います。


また、東洋医学では、夏は“心臓の毒だし”の季節にあたります。

消化器に毒が溜まると、何とか楽になろうと腎臓を攻めたり、心臓に助けを求めるのですが、夏は心臓の毒出しの季節なので、消化器からの毒をあまり受け取ることができません。

そのため、夏は心臓のためにも、冷たいものだけでなく、
食べ過ぎには注意をした方が良いようです。


ここまで読んでくると、アトピーの方にとっては、夏は悪いことばかりが起こる季節のように感じる方もいるかもしれませんが、決してそんなことはありません。

実は、夏こそ、汗という形で、毒素を出すには絶好の季節なんです。

他の季節と比べると、気温が高い分、身体が冷えてしまっているアトピーの方であっても、少し動いただけで汗をかくことができる季節です。

先程も書きましたが、「動く」ことで血液の循環が良くなりますし、
内臓も上手く働き、汗もたくさん出てくることになります。

汗という形で毒素を出すには、
私は夏こそ絶好の季節ではないかと思います。

ちなみに私はというと、朝からとにかく動いて、汗を出すように心がけています。
夕方からは、毎日散歩にも行っています。

皮膚にアトピーの症状が出ていると、汗でアトピーの症状が出いてる箇所が痒くなりますが、それでも毎日汗をかくようにしています。

アトピーの症状が出ていると、汗をかくことを躊躇ってしまいますが、
汗で身体の中に溜まった毒素を出さなければ、別の形で出すことになってしまいます。

もちろん、その身体の中に溜まった毒素が、便や尿、女性なら生理といった形で外へ排出されれば問題ないのですが、アトピーの方は内臓の機能が上手く働いていないので、アトピーという形で皮膚から毒素を身体の外に出すことになってしまうのです。

アトピーの症状を速く落ち着かせるためにも、この夏に汗をかくことは、
とても大切なことだと私は思います。

汗をかくことで、汗腺だけでなく、皮膚も鍛えられますしね。

また、夏にどれだけ身体の中に毒素を溜めているかどうかで、
秋以降の皮膚の調子も変わってきます。

秋以降は、身体の生理が冬に向けて身体の中に栄養を溜め込むようになるので、
毒素も身体の外へ出しにくくなってきます。

その前に、きちんとこの夏に毒素を出し切ることができれば、
秋以降の皮膚の症状が良い方へ変わってくると思います。


まだまだ暑い夏は続きますが、
この夏に身体に溜まった毒素を出し切りたいと思います。

でも無理は禁物ですので、お互い無理せず、
自分のペースでアトピーと付き合っていきましょう^^


☆『いつもブログを読んで下さってありがとうございます^^
更新が遅くなったにも関わらず、ブログを覗いて下さりありがとうございました!!
本当に嬉しかったです^^これからもどうぞ宜しくお願いします。
何度も言いますが、夏の「冷え」には十分に気をつけてくださいね。

最後に更新の励みになりますので、応援もよろしくお願いします^^』
    ↓↓         ↓↓
にほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

テーマ : アトピー性皮膚炎 - ジャンル : 心と身体

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。