プロフィール

藤桜の姫

Author:藤桜の姫
『ようこそ!!ご訪問頂きありがとうございます。』

『ブログでは、長年苦しんだアトピーについて書いています。また、アトピーと“食事”、“季節”、“心”との関係や“身体の仕組み”、“アトピーから学んだこと”など、私がアトピーで悩んでいた時に知りたかった色々な情報を載せています。アトピーの方もそうでない方も、ぜひ読んでみて下さいね^^』

【☆始めての方は、左下のカテゴリ欄の目次をクリックして下さい。今までの記事のリスト載せていますので、そこから読んでみて下さいね!!】


最新記事


カテゴリ


月別アーカイブ


最新コメント


最新トラックバック


FC2カウンター


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
梅雨の時期は、雨の日は肌寒く感じることもありますが、
晴れの日は一転、蒸し暑いですね。

今年は皮膚に出ているアトピーの症状も悪化することはないのですが、
そうでなくとも、この激しい気温の変動には、なかなかついていけません。

何といっても、雨の日は気分が沈みがちですし…^^;
でも、このことばかりは愚痴を言っても仕方ないですよね。

お気に入りの音楽を聴いたり、好きなテレビ番組を見たりして、
上手く気分転換をしていこうと思います。

このように、心も身体も沈みがちな日が多い梅雨の時期ですが、
その一方で、何もなかった私の日常に変化が見られるようになりました。

ブログを読んで下さっている方はご存知かもしれませんが、
4月の終り頃から、徐々に体調が良くなってきたので、近所を毎日散歩するようになっていました。

それから1ヶ月ほどは、一人で散歩をしてたのですが、
毎日散歩をするうちに、近所の方と話す機会も増えていきました。

そして、散歩を始めて2ヶ月を迎えようとする今、
なんと“散歩仲間”まで作ることができました。

散歩を始めた一番の理由は、「アトピーを治すため」だったので、
散歩に“行かなければいけない”といった気持ちの方が、散歩を始めた当初は強かったように思います。

そのため、散歩は、毎日行うべき義務のような位置づけでした。

それが今では、“散歩仲間”までできたので、毎日の散歩が楽くて仕方ありません。

もちろん、散歩仲間の方はアトピーの方ではなく、昔馴染みの方ですが、家族以外の方と交流することが今までできなかった私にとって、自分の世界が変わるほどの大きな出来事でした。

健康な方から見れば、家族以外の方と交流することなんて大したことではないでしょう。

それが、当たり前の日常なのですから、、、

しかし、他の方からみれば大したことではないことが、
私にはとても意味のあることで、何もなかった私の日常に彩りを加えてくれました。

そして何より、他の誰もが行っている当たり前のことを、自分も当たり前にできているという事実が、自分に自信を持つことができる切っ掛けになりました。

というのも、アトピーが酷く自分の身の回りのことも思うようにできないことが長いこと続くと、自分がこの世に存在する意味がわからなくなってきてしまい、何をするにしても尻込みしてしまっていたからです。

そのため、前へ進むことをためらってばかりいました。

でも、これで前へ進むことを躊躇う自分とも少しずつ「さよなら」できそうです。

むしろ今は、“新しい世界へ足を踏み出したい”という気持ちの方が勝っています。

2ヶ月前までは、まさか自分自身に、これほどの心境の変化があるとは思ってもみませんでした。

ほんの些細なことでも、自分の世界を変える切っ掛けには、十分なのかもしれません。

そして、何かを始めるのに、大きいも小さいも関係ないのでしょう。

これから先、私にどんな未来が待ち受けているのかはわかりませんが、
私の世界がどのように変化していくのか、自分の目にしっかりと焼き付けていこうと思います。



さて、今回は、アトピー性皮膚炎専用の療養温泉宿についてご紹介したいと思います。

それは、北海道にある『山辺の家族』という
“アトピーの方だけ”が滞在できる療養温泉宿です。

先日、NHKの朝のニュース番組でも取り上げられていたので、
もうすでにご存知の方も多いのではないでしょうか。

実は、『アトピーから有機農業へ』というブログを運営されているkanadeさんと知り合えたことが切っ掛けで、『山辺の家族』を運営されいる方とほんの少し前から交流させて頂いていました。

まだ、交流させて頂いてから日は浅いですが、
とても気さくな人柄で、相手を思いやることのできる方だという印象を持っています。

現在はアトピーを克服されていますが、『山辺の家族』を運営されている方も、
重度のアトピーで実際に悩んだ経験のある方です。

ご本人から直接お話を聞いたわけではないですが、『山辺の家族』のホームページやブログを読むと、アトピーを克服されるまで、身体的にも精神的にも、とても辛い日々を乗り越えてこられたことがよくわかります。

『山辺の家族』は、そうしたご自身の辛いアトピーの経験をもとに開設されたアトピー専用の療養所です。

もちろん、日本にはアトピーの効能を謳う温泉はたくさんありますが、ただ、そうした温泉宿には、アトピー以外の方や一般の観光客の数の方が多いため、好奇や嫌悪の目からアトピーの方が逃れることはなかなかできません。

そのため、結局のところ、アトピーの方に配慮した施設はほとんどないのが現状です。

しかし、『山辺の家族』は、“アトピーを克服された方による、アトピーの方のためだけに作られた療養所”なので、アトピーの方はそうした余計な心配をすることなく、心から安心して療養に取り組むことができるのではないかと思います。

気になる方は是非、『山辺の家族』のホームページを覗いてみて下さいね^^
『山辺の家族』
(上の青文字をクリックすると、ホームページに移動できます。)

また、『山辺の家族』を運営されている方には、さらに大きな夢があるようです。

その夢とは、「アトピーの仲間の輪」を広げていくということです。

アトピーで悩む方たちが集まり、力を合わせてアトピーでも暮らしていける社会を自分たちの力で成し遂げていきたいという強い思いを持っておられます。

アトピーの方であっても、人それぞれ様々な考えを持っておられるとは思いますが、一人の力ではどうにもならないことも、多くの人が集まれば、きっと大きな力となり、自分たちが望む未来を掴むことができるかもしれません。

私もこれから自分に何ができるのか、真剣に考えていこうと思います。


☆いつもブログを読んで下さってありがとうございます!!
『「アトピーの仲間の輪」について皆さんはどう思われたでしょうか?!
人それぞれ考え方は違うかもしれませんが、アトピーで悩む他の方と知り合うことで、
今、悩んでいることの糸口になるかもしれません。
下のサイトからは、アトピーに関する情報を調べることができます。
もしかしたら、参考になる記事があるかもしれません。

最後に更新の励みになりますので、応援もよろしくお願いします^^』
    ↓↓         ↓↓
にほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : アトピー性皮膚炎 - ジャンル : 心と身体

先日、東北地方北部も梅雨入りしたというニュースがあったので、
梅雨のない北海道を除き、日本列島全域が長雨の季節に入りましたね。

私自身、雨の日が大嫌いというわけではないのですが、
雨の日が続くと、なぜか憂鬱な気分になってしまいます。

体はだるいし、重いし、その上、気分もすっきりしません。

雨が酷いと、外出するのも億劫なので
自分の家にこもりがちになってしまい、余計に気分が沈んでしまいます。

それに、いくら気持ちを引き締めたところで、雨の日は長続きしないんですよね^^;

皆さんも、そんなことありませんか?!

また、この梅雨時期は、晴れれば暑いのですが、夜は冷えたり、
雨が続くと昼間でも肌寒かったりと、意外に寒暖の差が激しい季節ですよね。

もしかしたら、体調を崩している方もいらっしゃるのではないでしょうか。

東洋医学では、暑かったり、風が強かったり、寒かったり、雨が多かったりといったような気候の変化が病気を引き起こすものを「外邪」と言うそうです。

普段は体に大きな影響を及ぼすものではないのですが、体力の低下や免疫力の低下がある場合は、体内に侵入し体の不調を引き起こしてしまいます。

外邪には、「風邪」、「寒邪」、「暑邪」、「湿邪」、「燥邪」、「火邪」があり、
この梅雨時期は、「湿邪」が多くなる季節です。

「湿邪」は自然界の湿の性質を持った邪気で、
体に過剰な水分を溜めてしまう他、消火器系に強い影響を与えるものとされています。

そのため、梅雨時期は、お腹の張りや胃もたれ、足のむくみや体のだるさといった様々な症状が出てくるようです。

特に、私を含めアトピーの方は、もともと水分を排出するための腎臓の機能が低下しているだけでなく、胃や腸といった消化器系が弱っているので、この梅雨時期は食事や運動に気をつけた方が良いのではないかと思います。

胃や腸に負担をかけないように、食事は腹八分を心がけたり、体から余分に溜まった水分を出すために、近所を歩いて軽く汗を出したりするのも、アトピーの症状が悪化するのを防いでくれるのではないでしょうか。

何にせよ、梅雨の時期はジメジメして過ごしにくいので、早く梅雨明けしてい欲しいです^^



先程も書きましたが、この梅雨時期は、体に様々な症状が出てくる季節だと言われています。

何らかの慢性疾患を持っている患者の方を始め、アレルギー疾患はもちろん、アトピーや喘息、蕁麻疹や意味不明の湿疹が長引くといった、様々な症状が出てきます。

そして、そうした症状は悪化する傾向にあるようです。

上に書いたように、雨が多いという気候の変化が様々な病気を引き起こしているのですが、症状の悪化の原因は、自律神経が気圧の変動や湿度に多大な影響を受けることが関係していているのではないかと考えられています。

実は、自律神経は、気象に対応して変動しています。

気象の重要な要素に、気圧がありますが、
高気圧が覆っている時は「晴れ」、低気圧になると「曇り」や「雨」になります。

自律神経は、この気圧に反応して変化していくのです。

では、雨の日が多い梅雨時期はというと、低気圧の影響を強く受けることになります。

低気圧の時は、「交感神経」と「副交感神経」の二つの自律神経のうち、
“副交感神経”が優位になって働いている状態です。

以前書いた記事で少しふれましたが、「交感神経」は、活動状態に適した体内環境に調整する神経で、心臓の拍動や血圧、体温などを上げる働きをしています。

一方の「副交感神経」は、リラックスした状態に適した体内環境に調整する神経で、心臓の鼓動を緩やかにし、腸の蠕動運動を活発にして食物の消化を促します。さらに、臓器の排泄や分泌能力を高める働きをします。

普通は、この二つの自律神経が一定のリズムでバランスを取り、人間の体の機能を調整しているのですが、雨の多い梅雨時期は、低気圧の影響により、“副交感神経”が優勢になっています。

また、気圧が低下すると、「ヒスタミン」という物質が増加します。

アトピーの方なら、「ヒスタミン」について、ご存知の方も多いのではないかと思いますが、「ヒスタミン」は、外部からの刺激に反応して増加することで、アトピーや喘息などのアレルギーや炎症を引き起こします。

その他にも、「ヒスタミン」には、血管を拡張させる作用や血管から水分などを周囲の組織に染み出させる作用があります。

そのため、ヒスタミンが増加すると、まず血管を拡張させます。

血管が拡張すると、おのずと血液の量が増えますが、その血液中にはヒスタミンが増加しているため、アレルギー抗原(アレルゲン)に対する過敏性も増してしまっているのです。

そこで、私たちの体は外に抗原を出そうとして、くしゃみや咳、涙といった分泌物を出します。

この分泌物が増えることで、アレルギー性鼻炎や喘息、アトピーといったアレルギー症状として現れるのです。

こうして、血管から水分などを周囲の組織に染み出すことで、体外に放出します。

これらの作用により、血圧を急低下させたりもするのです。

さらに、「ヒスタミン」には、神経伝達物質として交感神経を刺激する作用もあります。

そのため、低気圧で副交感神経が優勢になっているところに、ヒスタミンの作用で交感神経へ逆の指令も出るので、気圧の低下に合わせてバランスがとれるまで、体は混乱してしまうのです。

梅雨時期は、まさに体がバランスを上手く取れずに、パニックを起こしている状態だといえます。

そうしたことから、アトピーも含め、様々な症状が悪化してしまう傾向にあるのだと思います。


アトピーに関してもう一つ付け加えるのであれば、梅雨時期は汗をなかなかかきにくい環境であることも、アトピーの症状が悪化してしまう原因の一つであるのかもしれません。

夏の暑い日はダラダラと汗をかきますが、
梅雨のジメジメとした暑い日は、少し汗はかくものの、夏のように汗を長く出すことはあまりないと思います。

汗の主な役割は、“体温を一定に保つこと”ですが、
水分とともに、体内の老廃物を排泄する役割もあります。

汗は、蒸発することで、体から熱を奪って体温を下げるようとしますが、
湿度が高い梅雨時期は、空気中に水分が多く含まれている状態なので、汗を気化しにくくなります。

汗をかかないため、体から熱を逃がすことができないことから、
梅雨時期は、体が蒸し暑く感じてしまうのです。

そのため、梅雨時期は、発汗作用が抑えられてしまった状態、つまり、体内に老廃物が溜まってなかなか外に出ることができない状態であるともいえます。

結果、体内の老廃物を汗という形で出すことができないと体が判断してしまうので、
特に、排泄機能が正常に働いていないアトピーの方は、皮膚から老廃物を排泄してしまうことになります。

それが、この時期のアトピーの悪化の原因の一つではないかと思っています。



“梅雨時期のアトピー”に関して、色々な側面から書いてきましたが、
これだけが、梅雨時期に起こるアトピーの悪化の原因であるということではありません。

アトピーの原因は、ただ一つではなく、様々な要因が絡みあっています。

そのことは、誤解しないで下さい。

今回の“梅雨時期のアトピー”に関しての記事は、人間の身体の仕組みがわかることで、自分に出ているアトピーの症状について不安を抱いている方に、少しでもその不安が和らいで頂ければという思いから書きました。

アトピーの症状は良くなったり、悪くなったりを繰り返すので、
不安を抱いている方が多いのではないかと思ったからです。

実際、私も何も知らないでいた時は、不安で一杯でしたから、
少しでも皆さんの参考になればと感じています。



最後になりますが、こうした季節の変わり目は、
ある意味「身体が健康になったかどうか」の目安にもなります。

この時期に、前の年よりも軽い症状になっていれば、
身体は改善していると考えることができます。

逆に、あまり変化が見られないのであれば、
普段の食生活を見直したり、運動をしたりして、体質改善をする必要があると思います。

「体を温め、血液の循環を改善し、身体の免疫力を高める」ことが、自律神経のバランスを取り戻すことに繋がるだけでなく、アトピーが出ない体作りの第一歩ではないでしょうか。


☆いつもブログを読んで下さってありがとうございます!!
『今回は、「梅雨時期のアトピー」について書きました。
アトピーの原因はこれだけではないですが、少しでも参考になれば嬉しいです。
下のサイトからは、アトピーに関する情報を調べることができます。
もしかしたら、参考になる記事があるかもしれません。

最後に更新の励みになりますので、応援もよろしくお願いします^^』
    ↓↓         ↓↓
にほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

テーマ : アトピー性皮膚炎 - ジャンル : 心と身体

今日は、ブログのご紹介です!!

お気づきになった方もいらっしゃるかもしれませんが、
ブログの右側の欄に「アトピー交流リンク集」を作りました。

実は先日、相互リンクの申請をして頂いていたんです。

相互リンクのお願いをされたことが初めてだったので、正直、とても嬉しかったです。

また、何といっても自分と同じ思いを持った方が、
この世界に、しかも自分の住む日本に、確かに存在しているということが一番驚きました。

というのも、私は今までアトピーで悩んでいるのは“自分だけ”だと思っていからなんです。

“この世に一人だけ…”と、悲観してばかりいました。

もちろん、アトピーが現代病であり、大勢の方が悩んでいることを知らなかったわけではありません。

ただ、自分の身近には、見た目にアトピーとわかる方が少なく、
どちらかというと、アトピーとは無縁のハリのある肌を持つ方が多かったので、
アトピーの私は、余計に孤独を感じていました。

特に、身体から浸出液(リンパ液)が大量に出たり、ベットから起き上がることができないほどアトピーの症状が酷かった時は、孤独を通り越して、廃人のようになっていました。

“何も考えたくない、というよりも、何も考えれない、、、、”

“体が痒くて、痛くて、きつくて、だるくてたまらない、、、”

そのため、毎日、苦痛しか感じられず、
私の頭の中は、“死にたい”とう言葉だけで埋め尽くされていました。

不謹慎なことかもしれませんが、殺人事件などのニュースを見る度に、
“どうして私を殺しにこないんだろう?!私はいつ死んでもいいのに、、、”
と思っていました。

今ではそのように考えることはなくなりましたが、
当時は本気で“死にたい”と考えていました。

それほど、皮膚に出ているアトピーの症状は、目も当てられないほど酷かったですし、
自分の将来に希望を見出すことが全くできませんでした。

とにかく、「アトピーである自分」が、嫌で嫌でたまらなかったんです。

そのため、この頃の私は、身体的にも、精神的にも、極限の状態まで追い詰められていました。

そんな状態だったので、自分以外の外の世界に、目を向けることなんてできませんでした。

だからこそ、“自分だけ”という思いが人一倍強かったのかもしれません。

毎日、アトピーのことばかり考え、自分とそれ以外との間に境界線を引き、自分以外の全てを拒絶し、決して受け入れようとしませんでした。

そうして、自分の殻に閉じこもることで、擦り切れそうな精神状態の中、必死に自分を守っていたのです。

でも、私は一人ではありませんでした。

アトピーで悩み、苦しみ、必死に頑張っているののは、私だけではなかったのです。

今回ブログを通して、自分と同じようにアトピーで苦しんだ経験のある方と知り合えたことで、そう実感することができました。

私が知らなかっただけで、私は一人では決してなかったのです。

身近にアトピーの方がいなかっただけで、私は一人だと思い込んでしまっていました。

もし、もっと早くこのことに気付くことができていれば、
あそこまで自分を精神的に追い詰めることはなかったかもしれません。

でも、気付くのに、遅いも早いもないですよね。

“そのことに気付けたことに意味がある”と、今はそう思っています。

もしかしたら、このブログを読んで下さってる方の中には、
以前の私と同じように、アトピーで悩み、苦しんでいる方もいらっしゃると思います。

でも、一人ではありません。

『あなたは一人ではないのです。』

今はこの言葉を受け入れられない方もいるかもしれません。

また、綺麗事だと思っている方もいるかもしれません。

私もそう思っていた時期がありましたから、それはそれで構いません。

ただ、忘れないで下さい。

『あなたは一人ではないのです。』

あなたと同じように、アトピーで悩まれてる方は大勢います。

どうか一人で悩まないで下さい。

心からそう思っています。



今回、相互リンクをさせて頂いた方は、
『アトピーから有機農業へ』というタイトルのブログです。

このブログを運営されているkanadeさんは、社会生活が困難なほど重症のアトピーを克服し、有機農業での自立を目指されている方です。

普通のサラリーマン生活が困難だと感じてるアトピーの方が、自分で作った安心・安全な野菜を食べて健康になり、また自分のつくった野菜で、同じ病気で苦しむ人達を救うことができる可能性があることを、有機農業という仕事を通して、道を示したいと考えておられます。

アトピーという辛い経験をばねにするだけでなく、
その辛い経験を自分の力に変えて、道を開こうとしているところは、とても素晴らしいと思います。

ぜひ、ブログを覗いて見て下さいね。

kanadeさんのブログはこちら
『アトピーから有機農業へ』

きっと勇気をもらえますよ^^

☆いつもブログを読んで下さってありがとうございます^^
『今回は、アトピーを克服され、自分の道を切り開こうとしている方をご紹介させてもらいました。アトピーを克服された方の話は、とても貴重だと思います。ぜひ覗いて見て下さいね。
また、下のサイトからは、アトピーに関する情報を調べることができます。
もしかしたら、参考になる記事があるかもしれません。

最後に更新の励みになりますので、応援もよろしくお願いします^^』
  ↓↓           ↓↓
にほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


ブログランキングNo.1

テーマ : アトピー性皮膚炎 - ジャンル : 心と身体

最近は肌寒く感じる日もなくなり、暖かい日が続いていますね。
少し動いただけでも、汗が出てきます。

しかし、去年の今頃を思い返してみると、
暖かい日があっても、汗をかくことはありませんでした。

むしろ、梅雨に入る前は寒くもまた暑くもないので、
この時期は、とても過ごしやすい時期だと今までは思っていました。

というのも、梅雨が明けて7月の後半辺りから、30度を越す本格的な暑さがやってくるので、
私はいつもこの時期辺りからようやく汗を出すことができていたからです。

そのため、梅前入り前のちょうど今の時期は、
私にとって「汗をかく季節」ではありませんでした。

でも、“体は熱いと感じると、体から熱を逃がすために、汗を出す”のですね。

当たり前のことなのでしょうが、私にとっては当たり前のことではなかったので、
「体が熱いと感じて、自然と汗が出てくる」ことに、とても驚いています。

ただその一方で、私の体の機能がどれだけ低下していたかと思うと恐ろしくなりますが、
どれだけ体の機能が低下していようと、私の体は正常な機能を取り戻そうとしてくれていたようです。

そんなこととは知らずに、私はアトピーの症状が酷く出ると、
自分の体を憎んでばかりいました。

“どうして、私はこんな体に産まれてきてしまったんだろう、、、”
“、、、こんな体なら、死んだ方がましだ” といつも思っていました。

しかし、どんなに酷い状態であれ、今年は“自然と汗を出せる”までに私の体の機能は回復してきたわけですから、私の体は、毎日、毎日、正常な機能を取り戻すために一生懸命頑張ってくれていたのでしょう。

アトピーは皮膚に症状が出るので、出ている症状に目を奪われてしまいますが、
皮膚に出ている症状だけでは、“自分の体が良くなっているかどうか”について判断することは難しいようです。

アトピーの症状が一向に良くならないと、気持ちばかりが焦ってしまいますが、
焦る気持ちを抑えて、長い目でアトピーと付き合っていくことが必要なのかもしれません。

先が見えない治療は辛いことの方が多いかもしれませんが、
『人間には本来、自分の身体を自分の力で治す力』が備わっていると言われています。

私は、アトピーも“その一つ”だと思っています。

というのも、通常の排泄では間に合わなくなった結果、体内に溜まった毒素を皮膚の毛穴から出すことで、体の正常な機能の回復に努めている状態が、まさに“アトピー”だからです。

そのため、アトピーは、“身体の強力な浄化作用”だと私は考えています。

アトピーという形で体内に溜まった毒素を出すことができ、正常な排泄が機能し始めれば、徐々に皮膚も落ち着いてくるのではないでしょうか。

事実、去年と比べると、私の皮膚の状態は断然違いますし、
治るスピードも速くなってきています。

たとえ今どんなにアトピーの症状が酷く出ていようとも、
体は必死に自分の身体を治そうとしてくれているのです。

そうすると、アトピーも悪いことばかりではないような気がします。



先日、楽天の検索サイトのニュース欄で、とても衝撃的な記事を見つけました。

それは、「アトピーは簡単に治るから金にならない。院長ブログ炎上」
というタイトルの記事です。

アトピーを長年患っている身としては、とても気になる記事だったので、
早速読んでみることにしました。

記事の内容は、某クリニックの院長により投稿された記事が
ネットで話題になっているということでした。

その院長が投稿した記事には、以下のようなことが書いてありました。

「アトピーは、非常に治りやすい。治りやすいが、儲からない。それを信じない患者は一時期話題になったアトピービジネスのような、「ニセ科学」の餌食になって頂くしかない」というのです。

この時点で、私はすでに度肝を抜かれていましたが、さらに、その記事にはアトピーの治療法についても衝撃的な内容が綴られており、驚かずにはいられませんでした。

(この記事に書いてあったアトピーの治療法については省略します)

そして、この院長の発言が波紋を呼び、ネットでは多くの議論が繰り広げられているそうです。

アトピーを薬を使わずに、自らが持つ自然治癒力で治してきた立場からすると、この記事に書かれた治療法に関しては、正直、疑問に感じることが多かったです。

現在、アトピーの治療法に関して、巷では様々な情報が飛び交っています。

それは事実です。

正しい情報だけが行き交うのであれば問題はないのですが、また、そうでない情報もたくさんあります。

残念なことに、その情報が正しいかどうかを判断する術はなく、
アトピー患者自身が、その情報が正しいかどうかを判断しなければいけない状態にあります。

私が知る限りでは、数十年という長い間、このような状態が続いています。

日本の医療は世界で最も進んでいるとよく言われますが、
アトピーの治療法に関しては、なかなか進歩が見受けられません。

きっと、医療の現場でも、アトピーを治療する明確な方法が、まだ確立されていないのでしょう。

それだけ、医療の立場からみても、アトピーは厄介なものであるのかもしれません。

そのため、アトピーを取り巻く環境は、年々複雑になってきているように思います。

そんな状況の中で、医者という立場にある方が、さらに追い打ちをかけるように、
不審に思われる記事を投稿したことに、私はとても憤りを覚えました。

院長がどのような意図でこの記事を投稿したかは見当もつきませんが、
アトピーで悩んでいる方の実情をもっと理解して欲しいと感じました。

アトピーで悩んでいる方の実情を本当に知っているのであれば、
誰もが目にすることのできるネット上で、このような発言をすることは決してできないはずです。

何といっても、アトピーに関する記事を書いているのですから、
アトピーで悩んでいる方が読むことを配慮した上で、発言するべきだったのではないでしょうか。

医者の一番の役目は、病気を治療することであるのかもしれませんが、
患者の心に目を向け、寄り添うべきだと私は思います。

治療する相手は、心を持たないロボットではなく、生身の人間なのですから。。。

医者である以上、そのことは決して忘れてほしくありません。


ただその一方で、私を含めアトピー患者の方も、忘れてはいけないことがあります。

それは、アトピーの治療に関して医者ばかりに頼るのではなく、
私たちも自分の頭で、自分が患っているアトピーに関して、きちんと考えるということです。

そのためには、アトピーの治療に関して、自分で調べ、理解し、判断する目を養わないといけません。

それこそが、アトピーを治す近道ではないかと感じます。

病気を治療する役目は医者にあるのかもしれませんが、
最終的に、アトピーを治すのは“私たち自身”です。

自分のアトピーを治すのは、医者ではないのです。

その点は、履き違えてはいけないと思います。

☆いつもブログを読んで下さってありがとうございます!!
『今回は、「現在の自分のアトピーの状態」と「アトピーについて思うこと」を書きました。
人それぞれ意見は違うとは思いますが、これが私の考えです。
下のサイトからは、アトピーに関する情報を調べることができます。
もしかしたら、参考になる記事があるかもしれません。

最後に更新の励みになりますので、応援もよろしくお願いします^^』
             ↓
にほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


ブログランキングNo.1

テーマ : アトピー性皮膚炎 - ジャンル : 心と身体

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。