プロフィール

藤桜の姫

Author:藤桜の姫
『ようこそ!!ご訪問頂きありがとうございます。』

『ブログでは、長年苦しんだアトピーについて書いています。また、アトピーと“食事”、“季節”、“心”との関係や“身体の仕組み”、“アトピーから学んだこと”など、私がアトピーで悩んでいた時に知りたかった色々な情報を載せています。アトピーの方もそうでない方も、ぜひ読んでみて下さいね^^』

【☆始めての方は、左下のカテゴリ欄の目次をクリックして下さい。今までの記事のリスト載せていますので、そこから読んでみて下さいね!!】


最新記事


カテゴリ


月別アーカイブ


最新コメント


最新トラックバック


FC2カウンター


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回の記事は、前回の記事「“細胞レベル”でみるアトピー」を踏まえたお話になります。

以前書いた「秋の季節と『食べる』という行為」という記事とも関連したお話になるので、その記事を読まれていない方は、今回の記事を読む前に、まずはそちらの記事にも目を通してみて下さいね

その「秋の季節と『食べる』という行為」という記事の中で、私たちの身体にとって『食べる』という行為が、いかに大量のエネルギーを消費する行為であり、また、私たちの身体に非常に負担をかける行為でもある、ということを書きました。

つまり、私たちの身体は、食べ物を食べると、その食べ物を身体に取り込むために、分子レベルまで細かく小さく切り刻み、その取り込まれなかった食べ物のカスは便として排出されるだけでなく、あらゆる臓器が協力し合って、体内に取り込んだ食べ物の処理に全力を注ぐので、私たちの身体にとって、『食べる』という行為は、非常にエネルギーを浪費してしまう行為だといえるわけなんです

このように、気の遠くなるような過程を、私たちの身体は、食べ物を『食べる』度に内臓をフル回転させ、毎回休むことなく繰り返していることになります。

ご飯や味噌汁、ハンバーグやスパゲティ、ジュースやお菓子など、口に入れたものはどんなものであれ、同じように処理されるわけです。

『でも、なぜ私たちの身体は、食べ物を『食べる』と、毎回必ずこうした過程を繰り返すのでしょうか

突然ですが、“『食べる』とはどういうことですか?”と質問されたら、
皆さんはどのように答えますか

きっと、ほとんどの方が、「口から食べ物を食べる」ことが『食べる』ということ、だと答えるのではないかと思います。

というのも、私たちは当たり前のように「口から食べ物を食べる」ので、多くの方が、『食べる』とは「口から食べ物を食べる」ことだと考えているのではないでしょうか。

もちろん、その考えは間違ってはいないのですが、私たちの身体にとって、『食べる』とは「口から食べ物を食べること」だけを意味するわけではありません

例えば、私たちがりんごを食べる時のことを想像してみて下さい。

当然、私たちは、そのりんごを口に運び、噛み砕き、飲み込みますよね。

ほとんどの方は、ここまでの流れを『食べる』ということだと考えていると思います。

しかし、私たちの身体にしてみれば、
実は、これからが『食べる』という行為の始まりなんです

というのも、私たちの身体は、口でりんごを噛み砕き、飲み込んだだけでは、まだりんごを身体の栄養として取り込んでいないので、りんごをただ身体の中に入れただけにすぎません。

そのため、私たちの身体にとってみれば、この時点で『食べた』というには少し早すぎます。

では、一体、私たちの身体にとって『食べる』とはどういうことなのでしょうか

先程も書いたように、私たちの身体がりんごを栄養として取り込むためには、胃や腸といった消化器官で分子レベルまで細かく小さく切り刻まなければなりません。

でも、どうしてわざわざこのようなことをする必要があるのでしょう

それは、私たちが多くの“細胞”からできていることと深く関係しています

私たち人間を形作る“細胞”は、種類により大きさは様々ですが、細胞の直径は約5~50μm(ミクロン)あり、なかでも栄養をエネルギーに変える器官であるミトコンドリアは2μmしかないと言われています。

人間の目で見える限界は200μmだと言われているので、
“細胞”は、私たちの目には見えないほど小さいことになりますよね。

ちなみに、一番大きな細胞は卵子で200μm(0.2mm)あり、
これが唯一肉眼で見れる細胞になるそうです。

0.5mmのシャープペンの芯と比較すると、
卵子はその半分以下の大きさになります。

それが人間を形作る細胞の中で、一番大きな“細胞”だなんて、
とっても小さいですよね

そうした小さい“細胞”が栄養をきちんと取り込むことで、元気で健康な身体が作られ、身体を動かすエネルギーを養うことができ、私たちは健康を維持することができる仕組みになっています。

つまり、小さい“細胞”が栄養をきちんと『食べる』ことで、
ようやく私たちの身体は正常に機能し始めることになります。

しかし、私を含めたアトピーの方は、その“細胞”自体が酸化(サビている)し、二酸化炭素などの老廃物を溜め込んでしまっているので、“細胞”自体に元気がありません。

さらに、血液の流れも悪いので、残念なことに、
新鮮な酸素や栄養が身体の隅々の“細胞”まで、きちんと運ばれていないんですね。

そのため、アトピーの方は、
身体が持つ本来の働きを十分に発揮できていないことになります。

“細胞”自体に元気がないことだけが、アトピーの原因というわけではありませんが、“細胞”が本来の働きをしていないことが、アトピーを発症してしまった大きな要因の一つになっていることは間違いありません。

…と、少し話が逸れてしまいましたが、

要するに、私たちの身体にとって『食べる』とは、
私たちを形作る“細胞”一つ一つが栄養を『食べる』ということを意味しています

ところが、私たちがいつも食べている『食べ物』の大きさでは、
“細胞”の大きさに比べると、かなり大きすぎるとは思いませんか

私たちの肉眼では確認できない“細胞”が、
片手ほどの大きさのりんごを食べるなんて到底無理な話です。

あまりにも大きすぎますよね

そこで、その小さい“細胞”が栄養を食べられるようにするために、
体内でりんごを“細胞”よりも細かく小さく切り刻む必要があるわけなんです。

りんごを細かく小さく切り刻んで初めて、
“細胞”は『食べる』ことができます。

“細胞”は、片手ほどの大きさのりんごのままでは、
大きすぎて『食べる』ことができないんですね。

従って、“細胞”は、りんごを細かく小さく切り刻んだ、
つまり、りんごから分解した栄養素をご飯として頂くことになります。

説明が長くなりましたが、私たちの身体にとって『食べる』とは、「口に入れた食べ物」から、このように途方もない過程を経て、ようやく取り出された栄養素を“細胞”が『食べる』ことが、私たちの身体にとって『食べる』という意味になるわけなんです。

私たちが考えている『食べる』とは随分違いますが、
これが私たちの身体にとって『食べる』という行為になります。

このように、「口に入れた食べ物」を目では確認できないほど、細かく小さくするのですから、私たちの身体の中では、相当の労力とエネルギーが費やされていることが想像できますよね。

…ということは、私たちが食べ物を食べれば食べるほど、私たちの身体の中にある内臓がフル回転するので、食べ物を食べた分、内臓にはどんどん疲れが溜まってしまうことになります。

例えば、朝7時頃に朝ご飯を食べ、お昼までお腹がもたないからといって、11時ぐらいにお菓子をつまみ食いした後、1時間もしないうちにお昼の時間になるので、そのままお昼ご飯を食べ、、午後の一息といって3時か4時頃におやつを頂き、さらに、夕飯まで少し間が空くからといって6時頃にお菓子をつまみ食い、夜8時頃になってようやく夕飯を食べ、これで今日1日の食事が終了したかと思えば、小腹が空いたからとって寝る前に夜食を食べるといった生活を毎日送っていたとしたら、内臓はどうなってしまうでしょうか

先程も書いたように、口に食べ物を入れれば、あれゆる内臓がフル回転し、食べ物の処理に全力を注ぐので、食事と食事の間のほんの数時間しか空けないような食べ方をしていれば、内臓は1日中動いていることになります

しかも、これが1日だけではなく、毎日休みなく続くのですから、
こんな食生活を送っていれば、内臓はすっかり弱ってしまっているはずですよね

さらに付け足して言えば、内臓も“細胞”からできているので、
内臓が疲れていれば、自ずと“細胞”も非常に疲れた状態に陥っていることになります。

こんなに疲れ弱りきった状態の内臓では、
病気を患ってもおかしくはないですよね。

アトピーも「食べ過ぎ」が原因で起きているともよく言われますし…

だからこそ、内臓にも休憩する時間を作ってあげる必要があるわけです

そのためには、「人間の生理のリズム」に合わせて、
内臓にも休む時間を取ってあげること
がとても大切なことになってきます。

日本のことわざに「腹八分目に病なし、腹十二分に医者たらず」という食べ過ぎを戒める言葉がありますが、昔の方は、食べ過ぎが、ありとあらゆる病気の種を増やし、いくら医者が増えても対処しきれない状態を招くことを知っていたのでしょう。

やはり、内臓も、そして“細胞”も、
無限に動くことができるわけではないんですよね

飽食の時代に生きる私たちは、
このことをしっかりと肝に銘じておかないくてはいけませんね

それでは次回の記事で、「人間の生理リズム」に合わせた内臓の休み時間の取り方について、詳しく紹介していきたいと思います。

*************************************
いつもブログを読んでくださる皆さんへ

『いつもブログを読んで下さってありがとうございます

今回は、いかに『食べる』という行為が、
私たちの身体の内臓のエネルギーを浪費するのかについて、詳しく書きました

私たちが、たとえどんなものを口にしようが、毎回同じように、
休むことなく内臓はフル回転する仕組みになっています。

そのことをきちんと知っていれば、
自分が好き食べ物を、好きな時間に、好きな分だけ食べるといったような、
食生活を送り続けていれば、最終的に内臓は疲れ弱りきってしまうことは、
目に見えていますよね

そのため、内臓が日頃の疲れを取るためにも、
休む時間をきちんと取ってあげる必要があります。

「人間の生理リズム」に合わせて内臓を休ませてあげれば、
内臓も疲れを取ることができるので、
次回はそのことについて記事にしたいと思います。

『それでは、更新の励みになりますので、今後とも応援もよろしくお願いします
 ↓↓         ↓↓
にほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
*************************************
スポンサーサイト

テーマ : アトピー性皮膚炎 - ジャンル : 心と身体

日中はまだ暑いですが、
9月も終わりに近づいてくると、朝晩が急に冷え込んできましたね。

真夏と比べると、
朝晩は本当に過ごしやすくなりました。

もうすぐ残暑も終わり、
季節は秋へと少しずつ移行しているようですね。

私たちの知らぬ間に、
秋はすぐそこまでやって来ているようです。

そこで、本格的に秋が始まる前に、
私たちの身体の方も一足早く、秋の食べものに切り替えておく必要があります。

もし、まだ夏野菜を生のまま食べたり、冷たいものを飲んだりしている方は、それらを食べることを止め、煮込み料理やこの時期採れる“いも類”や“でんぷん質の仲間”など、身体を芯から温める食べ物を増やしていくと良いのではないかと思います。

というのも、水分を多く含んでいる夏野菜や冷たいものを大量に摂取し続けていると、身体の中に余分な水分が溜まってしまうからです。

秋が深まり冷たい風が吹き始めた時、そうした余分な水分が身体の中に溜まってしまっいると、急激に身体を冷やし、風邪を引いたり、体調を崩す原因を作ってしまいます。

なるべく早く胃腸の働きを整え、代謝を活発にすることで、身体全部の細胞を引き締め、秋口の不調を事前に予防しておくと良いのではないでしょうか。


そして実は、今の時期、私たちの身体自体も来るべき秋に備え、
身体の生理を秋仕様に変化させている真っ最中です。

実際、秋に移行する気圧の変化を、私たちの身体は敏感に感じ取っています。

この時期に、鼻づまりやくしゃみ、鼻水などの症状が出たり、
下痢や便秘が続いたりすることはありませんか?

また、春ほどではないにしても、アトピー性皮膚炎や乾燥肌などの症状が出たり、
悪化したりしていませんか?

これらの症状は全て“秋”という季節に関係しています。

というのも、秋は『肺の毒出し』の季節に当たるからです。

つまり、秋は「肺の病気が出やすく、肺に溜まっている毒素が出てくる季節」であり、逆に言えば「肺が毒素を出すことによって、病気を治そうとする季節」であるとも言えるのです。

皆さんもご存知の通り、肺は二酸化炭素を排出し、酸素を体内に取り入れるといったガス交換をする臓器ですが、冷たい空気や乾燥に弱いため、秋に近づくにつれ、喘息などの呼吸器の不調を起こしやすくなります。

そこで、まず肺の不調は鼻に現れるため、鼻づまりやくしゃみ、鼻水などの形で、肺に溜まった毒素を外へ出そうとするのです。

さらに、肺は大腸や皮膚とも繋がっているため、肺機能の低下が下痢や便秘などの原因になるだけでなく、この時期に皮膚トラブルを抱えることが多くなることとも密接に関係しているのです。

そのため、私を含めたアトピーの方は、注意が必要な時期でもあるわけです。

実を言うと、このようなことを書いている私も、9月に入った頃から、アトピーの症状が出ていない膝裏に、赤いプツプツとした湿疹が突然出き始めました。

今はその湿疹も枯れ始めていますが、
湿疹ができ始めた当初は、何が原因で湿疹ができたか分からず戸惑ってしました。

しかし、今思うと、9月の初め頃と言えば、二十四節気でいう白露の時期に当たるので、私の身体もちょうど秋の生理に変わり始めた時期だったのでしょう。

(※白露・・・野には薄の穂が顔を出し、秋の趣がひとしお感じられる頃。朝夕の心地よい涼風に、幾分の肌寒さを感じさせる冷風が混じり始める時期のこと。)

私の場合は、秋の生理に合わせて、
体内に溜まった毒素を湿疹という形で出していたのだと思います。

それ程、私たちの身体は、
季節の変化や気圧の変化を敏感に感じ取っているということなんでしょう。

でも、ここで誤解しないで欲しいことは、
こうした身体の反応が、決して間違った反応ではないということです。

というのも、私たちの身体には、自らの身体を外部の環境に適応させ、安定させるために「ホメオスタシス」という自然に備わった機能があり、その機能が季節や気圧の変化に応じて働いているだけだからです。

その「ホメオスタシス」には3つの大きなシステムがあります。

1つは身体の働きを調節する“自律神経”、2つはホルモンを分泌する“内分泌”、3つは外部から侵入する異物から身体を守る“免疫”です。

私たちの身体は、これら3つの働きのバランスを保つことで健康を維持しているのです。

ただ、私を含めたアトピーの方は、これら3つのバランスが上手く取れないために、季節や気圧の変化を健康な方以上に敏感に感じ取ってしまうだけでなく、そうした変化が身体への負担となってしまい、その結果、皮膚にアトピーの症状が酷く出たり、体調を崩したりしてしまうのです。

特に目に付く皮膚に症状が出てしまうと、薬などで抑えてしまいたい気持ちに駆られてしまいますが、まずその前に冷静になって、皮膚に出てきた症状と向き合うことも大切なことだと私は思います。

“皮膚は内臓の鏡”という言葉があるように、
身体の外側に現れる症状には、必ず身体の内側に原因を抱えているものです。

そのため、皮膚に症状が出てきた時には、必ず身体の内側で、身体の機能を正常に戻そうと様々なことが繰り広げられていることを決して忘れないで欲しいと思います。

そのため、皮膚に出てきた症状を無理やり抑えてしまうのではなく、
症状を出し切ってしまうことも必要なことだと私は感じます。


でもやはり、皮膚に出てきた症状は、
少しでも早く治って欲しいですよね。

私もそう思います^^

そこで、皮膚に湿疹などアトピーの症状が特に酷く出た時は、
私は必ず『小食』にするようにしています。

なぜ小食にするのか疑問に思われた方もいらっしゃるかもしれませんが、皆さんが想像する以上に、『食べる』という行為がエネルギーを消費してしまう行為だということをご存知でしょうか。

そして、皆さんは“私たちの身体にとって、『食べる』という行為がどういうことなのか”
考えたことがあるでしょうか?!

私たちの身体は、食べ物を食べると、
まず、その食べ物を身体に取り込む作業を開始します。

口で噛み砕かれた食べ物は、食道を通って胃に運ばれ、胃では消化酵素により、食べ物を腸内で吸収できるように、分子レベルまで細かく小さく切り刻むのです。

そして、腸では分子レベルまで細かく小さく消化された栄養素が吸収され、
その吸収されなかったカスが便として排出されます。

さらに、体内に取り込んだ食べ物を貯蔵、分解、合成し、毒素の処理も行います。

他にもあらゆる臓器が協力し合い、
口から入ってきた食べ物の処理に力を注ぐのです。

私たちの身体は、食べ物を『食べる』度に内臓をフル回転させ、
食べ物を『食べる』度に、この過程を繰り返します。

要するに、身体にとって『食べる』という行為は、大量のエネルギーを消費する行為でもあり、私たちの身体に非常に負担をかける行為でもあるのです。

何も考えずに好きな物を好きなだけ食べれば、私たちの身体は、それらの食べ物を消化・吸収することだけに大量のエネルギーを使ってしまうのです。

そのため、私たちの身体が『食べる』ことだけに大量のエネルギーを使ってしまえば、その残った少ないエネルギーで、傷ついた身体の細胞の修復にあたることになります。

たとえ自分の身体あっても、好きな物を好きなだけ食べてしまえば、その食べた物の消化・吸収にエネルギーは奪われてしまうのです。

残念ながら、自分の都合の良いように、この身体の働きを変えることはできません。

身体には身体のシステムがあり、身体には決まったルールがあります。

そのことを私たちはきちんと理解し、
自分の身体と上手く付き合っていくことが大切だと思います。

このような理由で、私は皮膚に症状が出た時は、まず『小食』という選択をします。

そうはいっても、小食にしたからといって、
皮膚にできた湿疹がすぐに治るわけではありません。

私も膝裏の湿疹が落ち着いてくるまで1ヵ月以上かかりました。

しかし、小食にした分、エネルギーは身体の修復に使われたでしょうし、
身体に余計な負担をかけないで済んだと感じています。

薬を使うわけではないので、すぐに湿疹が治まるわけではありませんが、
身体に溜まった毒素を出すことが出きて良かったのではないかと思います。

どの方法を選び、何を実践するかは、
自分自身が考えて決めることですが、参考になれば嬉しいです。

皮膚に症状が出ると、気持ちばかりが焦ってしまい、自分の身体を責めてしまいますが、自分の身体を責めるよりは、身体の中に溜まった毒素を頑張って出してきているのですから、自分の身体をどうぞ労わってあげて下さい。

その方が身体もきっと喜ぶはずです^^


☆『いつもブログを読んで下さってありがとうございます^^
今回は、「秋の季節の身体の変化」と「身体にとって“食べる”とはどういうことか」
について書きました。これから本格的に秋が始まりますし、是非参考にして下さい^^


最後に更新の励みになりますので、応援もよろしくお願いします^^』
   ↓↓         ↓↓
にほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

テーマ : アトピー性皮膚炎 - ジャンル : 心と身体

今回は、以前の記事「人間の本当の食べ物は何だろう?!」、「“まるごと”食べるがポイント!!」の続きの記事になります。

以前の2つの記事で、人間の持つ「歯の構造」から、人間は“穀物”を中心とした食生活が適していること、そして、一つの食べ物を“まるごと”食べる(無農薬のものに限る)ことで、食べる側の私たちは、全ての栄養素を完璧に取り入れることができ、余計な老廃物を出さずに、体内でスムーズに代謝されていくということをお話ししました。

そこで、今回注目して欲しいのが「玄米」です。

「玄米」は、完全“まるごと”食品の代表とも言われています。

というのも、精白していない「玄米」の糠や胚乳には、酵素やビタミン・ミネラル、食物繊維など身体の機能を整える成分が多く含まれているからです。

“米を白くすると粕(かす)”という字に、また“米を健康にすると糠(ぬか)”という字になりますが、昔の人々は精白すると失われてしまう糠や胚乳にこそ、大切なものが多く詰まっていることを知っていたのかもしれません。

精白された白米は、「玄米」と比べると、精白したことにより、炭水化物の割合はあまり変わらないものの、タンパク質や脂質、繊維質を始め、各種のビタミン・ミネラルといった栄養素の割合が激減しています。

まさに、白米は“粕(かす)”という字、そのままになってしまっているのです。

こういった成分が少ない白米には、
身体を健やかに保つ機能が、かなり失われてしまっています。

さらに、人間の体内では代謝がスムーズに行われず、
疲労物質である乳酸を作ってしまうことにもなり、体に余計な負担をかけてしまうのです。

一方の「玄米」は、“まるごと”食べるだけで完璧な栄養バランスや機能バランスを取り入れることができるため、とても理想的な食べ物だと私は思っています。

ただ、オールマイティな「玄米」にも、少し足りないものがあります。

それが、人間が体内で合成できないと言われている必須アミノ酸の『リジン』です。

しかし、「玄米」にリジンの含有率が低いからといって、
特に心配する必要はないと思います。

というのも、日本には『ご飯に味噌汁』という伝統的な食べ合わせがあり、味噌の原料となる大豆には米に足りないリジンが多く含まれており、米と豆のタンパク質が合わさることで、必須アミノ酸を完璧な構成にしてくれるからです。

もともと、豆が入って五穀と呼ばれていますし、五穀つまり“穀物”の仲間が完璧な栄養バランスを持っているということなのでしょう。

まず、この点が私が白米ではなく、「玄米」を選んで食べている理由の一つです。


他にも、私が「玄米」を好んで食べる理由があります。

それは、玄米の“解毒作用の高さ”にあります。

体内にある老廃物の約75%が便として排出されますが、
「玄米」は白米の約8倍ともいわれる食物繊維が排出のお手伝いをするのです。

また、玄米には“フィチン酸”が含まれているため、
化学物質や重金属を体外に排出させる作用が強いとも言われています。

特に、私を含めたアトピーの方は、アレルゲンや毒素となるものを体内に取り入れまないようにするだけでなく、体内に溜まった毒素をどんどん出してあげないといけません。

そのため、玄米の“解読作用の高さ”は、
アトピーを治療する手助けになるものだと私は感じています。

ただし、このフィチン酸は、少し厄介な問題も抱えています。

というのも、フィチン酸は鉄やカルシウムといったミネラルと強く結びつく作用があるため、ミネラルが体内に吸収されるのを妨げるだけでなく、そのままミネラルを体外に排泄してしまうのです。

これでは、「玄米」に並外れた“解毒作用”があっても、身体に必要不可欠なミネラルが吸収されないとなると、玄米を食べる意味がありません。

そこで、どうにかして「玄米」の“解読作用”だけを上手く働くようにしてあげなくてはいけませんよね。

そのためには、まず「玄米」をしっかり“発芽”させる必要があります。

つまり、「玄米」をしっかり“吸水”させれば良いわけです。

フィチン酸は胚芽の部分に多く含まれているのですが、水につけることで、このフィチン酸は減り、玄米が少し発芽状態になることで、フィターゼという酵素が生まれ、このフィターゼがフィチン酸とミネラルを切り離してくれます。

そして、ミネラルはフィチン酸にくっつくことはなく、
体内できちんと吸収されることになります。

こうして、身体に必要なものは問題なく吸収され、
体内に溜まった老廃物もきちんと排泄することができるわけです。

だから、「玄米」を食べる時はしっかり“発芽”させて下さいね。

そこで、吸水時間の目安ですが、
前の日の夕飯時に次の日の朝の玄米を準備するといった具合で問題ないと思います。

だいたい4~8時間くらい吸水してあげれば良いのではないでしょうか。


そして、「玄米」を食べる時は必ず“よく噛んで”食べてくださいね。

これは、とても大切なことです。

というのも、「玄米」は完璧な栄養バランスを持っているのですが、
体内で吸収されにくいという難点も持っています。

そのため、よく噛んでたべないと、
逆に体内の中に老廃物として残ってしまいます。

そうならないためにも、
「玄米」は必ず“よく噛んで”食べて欲しいと思います。

また、「玄米」をしっかり噛んで食べることで、唾液の分泌も高まり、副交感神経が刺激されるので、身体の修復機能が一気に働き始めます。

アトピーを克服するためにも、しっかり噛んで、
身体の修復機能を活発に働かせるようにしてあげましょう。


では、何回噛めば良いのでしょうか?!

年齢の分だけ噛めば問題ないと書いてある本など様々なことが言われていますが、
私は食べ物の形がなくなるまで噛むのが最も良いと考えています。

食べ物の形がなくなるまで噛むことで、胃や腸が食べ物を消化吸収する負担を軽くすることができますし、その負担が軽くなった分、身体は別のことにエネルギーを使うことができるので、やはり形がなくなるまで噛むのが身体に一番負担をかけないで済むベストな方法だと私は感じています。

特にアトピーの方は、皮膚や内臓といった身体全体の機能の修復にエネルギーが使われなければいけません。

そのため、身体が食べ物を消化することだけにエネルギーを費やしてしまわないように、身体に余計な負担をかけないようにすることこそが一番大事だと思うのです。

食養でも、病人は100回以上噛むことが大切だと言われています。

「玄米」をしっかり噛むことで、「玄米」の力を最大限に引き出すことが、
アトピーを治す手助けになると私は考えています。

玄米の力を見直されてみてはいかがでしょうか^^



☆『いつもブログを読んで下さってありがとうございます^^
次の記事では、「食べる」という行為が、
私たちの身体にとってどのような行為なのかお話できたらと思います。

もちろん、「食べる」という行為は、
私たちにとって楽しみの行為の一つではありますが、
私たちの身体は一体どのような行為なのでしょうか?!

ここにもアトピーを改善するヒントが隠れていると思いませんか^^??

最後に更新の励みになりますので、応援もよろしくお願いします^^』
    ↓↓         ↓↓
にほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

テーマ : アトピー性皮膚炎 - ジャンル : 心と身体

今回は、前回の記事「人間の本当の食べ物は何だろう?!」の続きの記事になります。

前回お話した通り、人間の持つ「歯の構造」から、
人間は“穀物”を中心とした食生活が適していることをお話ししました。

縄文時代から稲作が行われていた日本では、
「麦」や「雑穀」、豆なども含めた“五穀”の仲間やいも類を主食として生きてきました。

人間が生きていくために一番多く必要とする栄養素は「糖質」ですが、
この「糖質」を日本人は昔から“穀物”やいも類などのでんぷん質に頼ってきたわけです。

また、穀物に含まれる「糖質」の割合70%弱は、
人間が必要とする全栄養素の「糖質」の割合と一致しています。

そのため、人間は食べ物の大部分を穀物で栄養を補給し、
他には野菜と塩さえあれば十分生きていけることになります。


ただ、穀物から十分な栄養を摂取するためには、“ある条件”が必要となります。

それは、食べ物を“まるごと”食べるということです。

つまり、『精白していない』穀物を食べることに限り、
今お話した十分な栄養素を体内に取り入れることができるということになります。

というのも、
全ての食べ物は、栄養素が過不足なく絶妙なバランスを保って構成されているからです。
(栄養素というと少しわかりにくいかもしれませんが、食べ物を構成する成分のことです。
食べる側の私たちにとってみれば、食べ物を構成する成分は、栄養素ということになります。)

これは、食べ物だけでなく、命ある全ての生き物にもいえることで、
動物や植物、そして人間も同じように、様々な成分が絶妙なバランスを取り構成されているのです。

そのため、食べ物に関していえば、
一つの食べ物を“まるごと”食べることで、
食べる側の私たちは、全ての栄養素を完璧に取り入れることができるのです。

逆に、食べ物を勝手に削ったり細分化したりすれば、
せっかくバランスの取れた栄養素がバラバラになり、
食べる側の私たちも十分な栄養を体内に取り込めないことになってしまいます。

それなら、別の食べ物で補えばよいのではないかという意見もあるかもしれません。

しかし、“まるごと”食べない場合、摂取した栄養バランスが不十分になるだけでなく、人間の体内での働きにも不調和が生じてくることになるのです。

私たち人間は約60兆個の細胞からできていますが、細胞は、全身を巡る血液によって運ばれてきた酸素と栄養を取り込み、細胞は人間の生命活動に欠かせないエネルギーを作り出します。

「細胞が栄養を取り込むこと」つまり「細胞が栄養を食べること」を代謝というのですが、その代謝によりエネルギーを作り出した後は、必ず二酸化炭素や水、アンモニアといった不要物が出てきます。

つまり、私たちは何かを食べると、人間の体内における代謝の過程で必ず老廃物を出すことになっています。

これは『精白していない』穀物であろうが関係なく、エネルギーを作り出した後、人間の体内では二酸化炭素や水などの不要物が出ます。

ただ、『精白していない』穀物を食べた場合、不要物は「肺から息」として「腎臓から尿」として、きちんと排泄されるのです。

ところが、〝精白された〟穀物の場合、様々な栄養素が削られてしまっているので、当然、代謝を助けてくれるビタミンやミネラルも不足していることになります。

そのため、削り取られたビタミンやミネラルを、体の中の組織、例えば骨からカルシウムを奪って代謝を行うことになってしまいます。

このように、人間の体内できちんと代謝することができなくなると、さらに乳酸といった余計な老廃物まで体内に残してしまうのです。

だからこそ、“まるごと”食べることが重要になってきます。

わざわざ別の食べ物で不足した栄養素を補わなくても、“まるごと”食べることで、十分な栄養素を摂取することができるだけでなく、体内の代謝もスームーズに行われていくことになるのです。

この食べ物を“まるごと”食べるという考えは、食養でよく言われることでもあります。

食養では、“まるごと”食べることを「一物全体」と言っています。

「一物全体」とは、食べ物を“まるごと”食べる、つまり「生きたままの状態を食べる」ことで、
生きるために必要な栄養素をそのまま取り入れることができるということです。

要するに、“生命あるものを食べることが私たちの命に繋がっていく”、
そういう意味だと私は解釈しています。

やはり、生命力溢れる物を“まるごと”食べることが、
私たちの食生活において重要なポイントとなってくるのだと思います。



しかし、私たちが見逃すことのできないない問題があります。

それは、「農薬に関する問題」です。

当然、農薬を散布された穀物の表皮には、農薬が付着しています。

農薬が付着した穀物をそのまま食べることは、とても危険です。

特に、アトピーの方の体には、多大な影響を及ぼしてしまいます。

皆さんもご存知の通り、アトピーとは、体内に毒素が溜まり過ぎてしまい、通常の排泄では間に合わなくなった結果、毛穴から出てきている状態です。

アトピーの方の食事の基本は、
「アレルゲンや毒素となるものを体内に入れない」ことだと私は考えています。

というのも、アトピーという形で体内の毒素をせっかく出しているにも関わらず、
さらに、アレルゲンや毒素を体内に取り込んでしまっては、アトピーの症状が一向によくならないからです。

つまり、「毒を出して、また毒を食べる」といったようなやり方では、悪循環の繰り返しになってしまい、アトピーの症状を軽減するためには、あまり効果がないように私は思います。

また何より、アトピーの方は、解毒する作用も非常に弱いので、
農薬が付いた食べ物は避けた方が良いでしょう。

では、どうすれば穀物を“まるごと”食べれることかできるのかというと、
“無農薬”のものを選ぶということになります。

無農薬のものであれば、アトピーの方でも、またそうでない方でも、
安心して穀物を“まるごと”食べることができます。

近所のスーパーで無農薬の食材を見つけることは大変難しいですが、
無農薬の食品を専門で取り扱っているオーガニックのお店などでは簡単に手に入れることができます。



もしかしたら、今回の記事を読んだ方の中には、食べ物を“まるごと”食べることや“無農薬”の食材を選ぶことに関して、あまりにも神経質すぎるのではないかと思われた方もいるかもしれません。

私も、これらのことを実践する2年前までは、そのように思っていました。

ただ実践してみると、体の浄化が加速していることを自分の体で実感することができただけでなく、以前と比べるとアトピーの症状が軽くなってきました。

何といってもやはり、私にはアトピーの症状が軽くなったことが一番嬉しいことだったので、実践して良かったと心から思っています。

そこで、次回は“まるごと”食べることや“無農薬”の食材を選ぶことにより、
「アトピーの私」の体に起きた変化を具体的に紹介していきます。

そして、穀物の中でも私たちの主食となるお米についてもお話しようと考えています。
次回は、玄米のお話ができると思います。

☆いつもブログを読んで下さってありがとうございます!!
『今回は、アトピーの食事について書きました。
食事の取り方は人ぞれぞれ違うとは思いますが、少しでも参考になればと思っています。
アトピーに関しては下のサイトからも調べることができました。
もしかしたら、参考になる記事がみつかるかもしれません。
最後に更新の励みになりますので、応援もよろしくお願いします^^』
   ↓↓            ↓↓
にほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

テーマ : アトピー性皮膚炎 - ジャンル : 心と身体

5月もあと1週間もすれば終わってしまいますね。
時が経つのは、本当に早いです。

ただ、5月も終わりに近づいているものの、
寒暖の差が激しく、なかなか気候が安定しません。

真夏日のような日もあれば、逆に肌寒く感じる日もあります。
こんなに気温の変化が激しいと、体調を壊しやすくなってしまいます。

また、もう少し経てば、梅雨に入りますが、
梅雨は、春から夏にかけての季節の変わり目でもあります。

そして、体の生理もまさに変わりゆく真っ最中です。

ようやく、春の季節の変わり目が終わったと思って安心していたところでしたが、
私たちの体は、まだまだ変化を遂げている途中です。

特に、私を含めアトピーの方は、
皮膚に出る症状も悪化しやすい時期なので、気をつけないといけないですね。



気づいている方もおられると思いますが、
1ヶ月前からブログの右下にアンケートを設置していました。

質問に答えてくれた方は、本当にありがとうございます。
とても参考になりました。

2回アンケートを取らせて頂いたのですが、
そのうちの1つは、「1日何食、食べますか?」という質問で、
もう1つは、「ご飯は白米それとも玄米ですか?」という質問でした。

「1日何食食べますか?」というアンケートでは、
朝食なしで1日2食を食べると回答された方が1番多かったです。
その次に多かったのは、1日3食を食べるという方でした。
他には、昼食や夕食なしで1日2食を食べるという方が少数いました。

一方の「ご飯は白米それとも玄米ですか?」というアンケートでは、
白米を食べる方が圧倒的に多かったです。
ただ、玄米や発芽玄米と五分搗き米を食べる方も少数いました。

私はというと、
“朝食なしで1日2食”そして、ご飯は“玄米”を食べています。

「なぜ1日3食ではなく1日2食なのか」、
「なぜ白米ではなく玄米を食べているのか」というと、
それは、私なりの考えがあってのことです。

その考えを書く前に、
まず、私の考えの前提となっていることからお話したいと思います。


突然ですが、「あなたの好きな食べ物は何ですか?」と聞かれたら
何を思い浮かべますか?!

ステーキやすき焼きを思い浮かべますか?!
それとも、刺身や焼き魚ですか?!
はたまた、ケーキやプリンといったお菓子でしょうか?!

飽食の時代と言われる現代社会において、
私たちの多くは、何でも好きなものを好きなだけ食べることができます。

しかし、これは生き物としては例外中の例外で、
自然のルールに沿っているとは言えないのです。

そこで、人間以外の生き物を考えてみて下さい。

ライオンや狼といった動物は何を食べて生きているでしょうか?
また、牛や馬といった動物は何を食べて生きているでしょうか?

肉食動物と言われるライオンや狼は野生動物を食べ、
草食動物と言われる牛や馬は草を食べて生きています。

つまり、本来、生き物には生き物の生理があり、
消化吸収にあった食べ物や食べ方があるということです。

それを見分けるために重要なのが、「歯の構造」になります。

肉食動物と言われるライオンや狼の歯は、
肉をさいたり、骨を噛み砕いたりするために、鋭く尖っています。
そのため、特に犬歯が発達しているのです。

一方の草食動物と言われる牛や馬の歯は、
肉食動物のような尖った歯はなく、草を消化しやすい形にするための歯が揃っています。
そのため、草を噛み切る門歯(前歯)が発達しており、奥歯は草や果物を磨り潰すために臼のようになっているのです。

要するに、「歯の構造」を見れば、
“その生き物が一番適している食べ物が何であるのか”を知ることができるのです。

そして、「歯の構造」に沿った食べ物こそ、
“生き物の本来の生理に合った食べ物”ということになります。

これは、ライオンや狼といった肉食動物や牛や馬といった草食動物だけでなく、
人間も同じことなのです。

その証拠に、全ての人間の「歯の構造」は共通しています。

人間の歯は全部で32本あります。
そのうち、門歯が8本、犬歯が4本、臼歯が20本となっています。

門歯とは前歯のことで、
野菜や果物、海藻を噛むためのものです。

犬歯とは門歯の隣にある尖った歯のことで、
肉や魚をひきさくのに丁度良い形をしています。

臼歯とは犬歯よりもさらに奥にある一番多い歯のことで、
穀物を磨り潰すのに最も適しています。

(自分の歯を鏡で確認してみると分かりやすいと思います。)

すると、門歯、犬歯、臼歯の歯の中で、
圧倒的に“臼歯”が多いことに気づくはずです。

“臼歯”とは何をするための歯かというと、
先程も書きましたが、「穀物を磨り潰す」ためのものです。

つまり、人間の「歯の構造」から考えると、
人間は“穀物を一番多く食べる”ことが、人間の生理に合っているといえるのです。

野菜や果物、海藻を噛むための門歯や肉や魚をひきさくための犬歯を含めて考えると、
人間の本来の食べ物は、『穀物が62.5%、野菜類が25%、かたいものや肉・魚は12.5%』ということになります。

このバランスこそ、人間に適した食べ方であり、
「歯の構造」に合う割合で食べていくだけで、人間は健康に生きていくことができるのです。

サバンナに生息するライオンやシマウマといった野生動物に、
胃潰瘍などの病気が見受けられないのも、自然の摂理に沿った生き方をしているからでしょう。

ということは、私たち人間も同じように、
“本来の生理に合った食べ物を食べれば良い”ということになります。

要するに、穀物主体の食事をすることこそ、
人間の生理を正しく機能させるために重要なことなのです。

また、栄養のバランスからみてみても、
“穀物”には人間が必要とする栄養素である糖質や必須アミノ酸、脂質などが理想的な割合で含まれているだけでなく、ミネラルバランスも体細胞をほぼ同じだと言われています。

そのため、私は“穀物”中心の食生活を送っています。

ここまでが私の考えの前提となっていることです。

では、「なぜ1日3食ではなく1日2食なのか」、「なぜ白米ではなく玄米を食べているのか」については、話が長くなりそうなので次回に書きたいと思います。

☆いつもブログを読んで下さってありがとうございます!!
『今回は、アトピーの食事について書きました。
食事の取り方は人ぞれぞれ違うとは思いますが、少しでも参考になればと思っています。
アトピーに関しては下のサイトからも調べることができました。
もしかしたら、参考になる記事がみつかるかもしれません。
最後に更新の励みになりますので、応援もよろしくお願いします^^』
             ↓
にほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


ブログランキングNo.1


テーマ : アトピー性皮膚炎 - ジャンル : 心と身体

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。