プロフィール

藤桜の姫

Author:藤桜の姫
『ようこそ!!ご訪問頂きありがとうございます。』

『ブログでは、長年苦しんだアトピーについて書いています。また、アトピーと“食事”、“季節”、“心”との関係や“身体の仕組み”、“アトピーから学んだこと”など、私がアトピーで悩んでいた時に知りたかった色々な情報を載せています。アトピーの方もそうでない方も、ぜひ読んでみて下さいね^^』

【☆始めての方は、左下のカテゴリ欄の目次をクリックして下さい。今までの記事のリスト載せていますので、そこから読んでみて下さいね!!】


最新記事


カテゴリ


月別アーカイブ


最新コメント


最新トラックバック


FC2カウンター


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
皆さん、お久しぶりです
今年の梅雨入りは、例年と比べると、とても早かったですね。

梅雨時期といえば、自律神経が気圧の変動や湿度に多大な影響を受けるため、体に様々な症状が出てくる季節だと言われています

そのため、アレルギー疾患はもちろん、アトピーや喘息、蕁麻疹や意味不明の湿疹が長引くといった、様々な症状が出てくる時期でもあります。

そして、この時期を乗り越えれば、暑い夏がやってきますよね

この梅雨から夏にかけての時期は、身体の排泄能力が春よりもさらに高まってくるので、皮膚に出ている症状が悪化したり、痒みが増したりと、アトピーの方にとっては、辛い時期が続きますが、こういった時だからこそ、身体を労わってあげることが、とても大切なことだと私は思います。

というのも、「この時期をどのように過ごすか」で、
秋以降、アトピーの状態の明暗を分けることにもなるからです。

だからといって、皆さんを脅しているわけでは決してありませんよ。

この時期は、食事や睡眠、運動など日常生活を見直す良い機会でもあります。

この絶好の機会に、皆さんも、日頃の生活を見直されてみてはいかがでしょうか。

秋以降のアトピーの状態に、変化がでてくるかもしれませんよ。

ただ、『ただ』です

自分の限界を超えるほど頑張り“すぎる”と、
逆に、身体には悪影響を与えてしまいます。

とても矛盾した言い方になってしまいますが、
何事も度が“すぎる”と自分の思うように事が進まなくなってしまうのです。

やはり、何事もバランスなんですよね。

ここが難しいところです。

私もアトピーが酷く出ていた時は、食事や睡眠、運動などの生活習慣を徹底的に見直し、規則正しい生活を送ることに必死になって取り組んでいました。

だって、アトピーを治したいですから。。。

だから、家族が、私の前で自分の好きなものを食べていても、いくらでも我慢できたんです。(今は無理ですけどね)

私は、何年もの間、そうしてきました。

まるで、何かに取り憑かれたかのように、
必死になってアトピーを治そうとしていましたね

アトピーを治すことに必死になりすぎて、
当時の私は、自分を冷静に見つめ直すことができなかったように思います。

きっと、心の感覚が鈍くなっていたのでしょう。。。

でも、いくら必死になって頑張っても、我慢しても、
なかなかアトピーは治らなかったんです。

食事も、睡眠も、運動も、どれも規則正しい生活をしているのに、
一体、何がいけなかったのでしょう

一生懸命頑張っているのに、アトピーが治らないなんて、不思議ですよね

しかも、その頑張りは、アトピーに命を捧げるくらいの勢いで、
並大抵の頑張りではなかったわけですからね。。。

そのため、『一体、自分のどこに問題があるのか』、
当時の私は全く気づくことができませんでした

むしろ、『私自身には、問題なんて全くない』と思っていましたね。

でも今思うと、当時の私は、
アトピーのことだけに囚われすぎていたのではないかと思うんです。

アトピーという症状が出ている以上、
治そうとするのは当然のことです。

アトピーの症状が酷く出ると、
日常生活を送ることが、とても難しい事態に陥ってしまいますからね。

ただ、アトピーのことだけに囚われ“すぎる”と、
自分自身が見えなくなってしまいます。

つまり、「本当は、何がしたいのか」という、
本当の自分の思いが分からなくなってしまいます。

そして、アトピー以外のことが、目に入らなくなってしまうんですよね。

すると、自分の世界が“アトピー、一色の世界”になってしまいます。

これでは、一生懸命、頑張ってアトピーを治しているつもりが、逆に、自分自身の心がアトピーに囚われてしまい、その囚われた状態から抜け出さない限り、アトピーはなかなかよくなりません。

だって、『自分の心までもアトピー』に犯されてしまっているわけですからね。

当時の私が、まさにそのような状態でしたから、アトピーを治そうと頑張れば頑張るほど治らない、そんな悪循環にはまってしまっていました。

そして、その悪循環から抜け出すことができたからこそ、
私は、自分のアトピーを治すことができたと感じています。

私が、その悪循環から抜け出すためにしたことは、ただ一つです。

それは、『アトピーへの執着を手放す』、ということです。

ただ、それだけです。

だからといって、規則正しい生活を全て放棄するということではないんですよ。

規則正しい生活をベースとしながらも、「自分の心が望むこと」「自分の心が満足すること」もしてあげる、そんな生活に変えていきました。

要するに、「自分の心が疲れないように労わってあげる」ような生活にシフトしていったんです

例えば、時には自分の好きなものを気の済むまで食べる、
といった自分へのご褒美の日を作りました。

そうすることで、何より心が楽になっていきましたね。

というのも、「アトピーを治すまでは頑張らなくてはいけない、少しでも気を抜いたらいけない」と思っていましたから、その呪縛から解き放たれたので、気持ちが随分と軽くなりました。

すると、不思議なことに、アトピーも少しずつ治まってきたんですよね。

嘘のようですが、本当の話です。

だからもし、アトピーを治すことだけに頑張りすぎているのであれば、一度アトピーへの執着を手放してみてはいかがでしょうか。

“アトピーを治したい”という気持ちが強いほど、
アトピーへの執着を手放すことは、なかなか難しいかもしれません。

しかし、一旦、アトピーへの執着を手放すことで、
自分の心が軽くなってきます。

そして、心が軽くなることで、
アトピーも自然とよくなってくるのではないかと私は思います。

皆さんの心は、今、何色でしょうか

アトピー、一色になっていませんか

もし、アトピー、一色になっているのであれば、
一度、“ポイッ”とアトピーへの執着を捨ててみませんか

何か変わるかもしれませんよ

*************************************
いつもブログを読んでくださる皆さんへ

『いつもブログを読んで下さってありがとうございます

“皆さんはの心の世界は、何色ですか??”

“心までアトピーになってませんか??”

この機会に、自分の心をを見つめ直してみてはいかがでしょうか

そして、どうしようもない時には私にメールを下さい。

自分一人で悩まないで下さいね。

『それでは、更新の励みになりますので、今後とも応援もよろしくお願いします
 ↓↓         ↓↓
にほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

*************************************
スポンサーサイト

テーマ : アトピー性皮膚炎 - ジャンル : 心と身体

*************************************
お知らせ

記事の内容に関して分かりづらかった部分があったため、補足しました。
*************************************

皆さん、『悪魔の種』についてご存知ですか?

農家の人たちは、「(モンサント社による)遺伝子を組み換えられた作物の種」のことを、そのように呼ぶのだそうです。

私はこの事実を、先日テレビ東京で放映された「ウソかホントかわからない やりすぎ都市伝説スペシャル2012」で、Mr.都市伝説こと関暁夫さんのお話を聞いて初めて知りました。

しかし、なぜ「(モンサント社による)遺伝子を組み換えられた作物の種」が、
『悪魔の種』と呼ばれているのでしょうか?!

本来、植物は、芽を出し、花を咲かせ、実が育つと、種を落とし、その種から新しい芽がまた育つといった絶え間ないサイクルを繰り返しながら、次の世代に自分の子孫を残すことで命を繋いできました。

しかし、「(モンサント社による)遺伝子を組み換えられた作物の種」は、
この当たり前の営みを行うことができないというのです。

これは、「(モンサント社による)遺伝子を組み換えられた作物の種」を畑に蒔いても、一代限りしか育つことができず、次の世代に自分の子孫を残すことができないため、その種は一世代で絶滅する運命にあるということを意味しています。

そのため、世界中の農家の人たちは、毎年毎年、永久に種を買い続けなければならず、この種のことを『悪魔の種』と呼ぶのだそうです。

そして、ここからが重大な問題なのですが、スーパーに並んでいる作物が、いつの間にか『悪魔の種』から採れたものに入れ替わってしまっているのだそうです。

というのも、現在の種と苗には、ほぼ“ハイブリッドF1種”という種が使われており、実は、この種こそまさに、子孫を残すことができない種だと言われています。

 補足:
 “F1”とは、品種に関する用語で「雑種一代」を意味していて、“F1種”からできた作物が人間が意図したとおりの形や性質を備えていれば、それで使命を果たしたことになります。そのため、“F1種”からできた作物から二代目以降が生まれることを想定し、品種改良されていないそうです。常に一代目の作物として消費され続けるのが、“F1種”の宿命ということになります。実際に、“F1種”の個体から二代目はできにくいと言われます。つまり、子孫ができにくいというわけです。たとえできたとしても、二代目にできた作物は親とは全く違った形や性質を持っているなど、同じ品種としての特性を保持しずらくなっているそうです。
 問題は、その“F1”品種の種子を、アメリカの「モンサント社」という多国籍企業がほぼ独占しているということです。「モンサント社」は、アメリカで1901年に設立され、世界46カ国に進出している多国籍バイオ科学メーカーで、ポリ塩化ビフェニル(PCB)、枯れ葉剤、牛成長ホルモン、除草剤ラウンドアップ、遺伝子組み換え作物の開発企業として知られています。製品はどれも人体や環境への悪影響を及ぼし、世界中で問題を起こしてきた会社です。そのため、もともと“F1”は遺伝子組み換えではないものの、「モンサント社」が“F1”品種の種子を独占してしまっているため、「モンサント社」が開発した“F1種”にすりかえられてしまっているのです。つまり、巷で出回っている“F1種”は、私たちの知らないところで、『悪魔の種』と入れ代わっており、“ハイブリットF1種(遺伝子組み換えによる)”となっているそうです。

参考URL:
・「どうなってんの?~ミツバチ失踪とモンサント、そしてF1種子。「国を開く」って一体…~」
⇒http://rockbell4.blog25.fc2.com/blog-entry-50.html
・「映画『モンサントの不自然な食べ物』公式サイト」
⇒http://www.uplink.co.jp/monsanto/commentary.php
・「知っとうや?~種の支配~」
⇒http://calseed.blog31.fc2.com/?m&no=203

以上。


そんな作物が、私たちの身近に出回っていると思うとぞっとしますが、『悪魔の種』からできた作物でなければ、消費者には売れないという現実もあるようです。

なぜなら、『悪魔の種』から育った作物は、病気に強く育てやすい上に、味や大きさも均一であり、見映えを重視する消費者には非常に好まれるため、農家の人たちも『悪魔の種』を使わざるを得ないという状況があるようです。

思い返せば、スーパーに並んでいる作物は、どれも同じ形をしていますよね。

たまねぎも、人参も、ピーマンも、キャベツも、とうもろこしも…どれも同じ形をしていますし、ましてや虫に食われている作物なんて、スーパーで目にすることはほとんどありません。

何といっても、味や見栄えが良い作物は、とても魅力的ですもんね。

しかし、あるイギリスの学者がこの「遺伝子組み換え食品」を試験したところ、「遺伝子組み換え食品」を食べ続けた人間は、肺と心臓が半分になり、脳も縮小したという研究結果が出たそうです。

やはり、“子孫を残せない、自然の摂理に反した種からできた作物”は、たとえ見た目や味に全く変わったところがないように見えても、私たちの体には非常に様々な影響を及ぼしてしまうようです。

以前「“まるごと”食べるがポイント!!」という記事でも書きましたが、“生命力溢れるものを食べることが、私たちの命に繋がっていく”のですから、“次の世代に命を繋ぐことができない、生命力に乏しい作物”を食べ続けていれば、いずれは私たち人間も次の世代へ命を繋ぐことができなくなってしまうかもしれません。

もしかしたら、いえ間違いなく、私たちはもうすでに、「遺伝子組み換え食品」の影響を何らかの形で被っていることでしょう。

確証はありませんが、現代病と言われるアトピーも、その影響を受けていないとは、断言できませんよね。

色々なことを考えれば考えるほど、不安ばかりが募っていきますが、この恐ろしい現実から、ただ目を背けるのではなく、今、その現実に気づくことができたからこそ、“これから私たちはどうすれば良いのか”、真剣に「考える」必要があるのではないでしょうか。

『自分たちの命を未来へ繋ぐ』ために、私たちは何をするべきなのか、今改めて考えてみてはいかがでしょうか。

“今からでも決して遅すぎることはない”、と私は思います。

「自分たちの命の行方を、他人に委ねるのではなく、自分たちの手で守っていく」、そのことを改めて考え直す時期が来たのかもしれませんね。



*************************************
最後に・・・
『いつもブログを読んで下さってありがとうございます^^』

今回は、今現在直面している食の脅威に関する記事を書きました。
スーパーに並んでいる見栄えや味が良い野菜に、このような脅威が潜んでいるとは私自身思いもしませんでした。

しかし、この現実を知ることで、ただ闇雲に怖がるだけでなく、そのことに対し、自分たちできちんとした対策が取れるのではないでしょうか。

知らなければ良いこともありますが、知っておくべきことはきちんと知っておく必要があると私は思います。

皆さんも、今一度、食の脅威と自分たちの命の関係について、考えてみてはいかがでしょうか。


それでは更新の励みになりますので、今後とも応援もよろしくお願いします^^
↓↓         ↓↓
にほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
*************************************

テーマ : アトピー性皮膚炎 - ジャンル : 心と身体

*************************************
~最初に、皆さんにちょっとした「お知らせ」があります。~

・「拍手」をクリックした際にコメントをくれた方へ
 拍手をしてくれた記事の拍手をクリックすると、コメントに対する私の返事が見れるようになっています。コメントの返事がないと思われているかもしれませんが、そちらの方に返事をしているので覗いてみて下さいね^^

・毎度の事ですが、この記事を数日前、記事の途中にも関わらずアップしてしまいました^^;今日、書き上げることができたので、今回の記事が完全な記事となります。間違って記事をアップしてしまうこともありますが、これからも変わらぬお付き合いの程、どうぞよろしくお願いします!!

*************************************


10月に入ると、だんだんと秋らしくなってきましたが、
皆さんはいかがお過ごしですか。

とりわけ秋は、他の季節と比べると、「読書の秋」や「スポーツの秋」、「芸術の秋」や「食欲の秋」などと様々な枕詞が秋には使われますが、皆さんは何を一番に思い浮かべるでしょうか?!

私は、やはり、「食欲の秋を」一番に思い浮かべます^^

秋の味覚といえば、さんまに秋なす、きのこや栗、さつまいも・・・と、数え切れないほど沢山の食材がありますよね。

毎年のことですが、美味しい食材が多く出回る季節なので、つい食べすぎてしまいます。

しかし、どんなに美味しい食べ物でも、不消化を起こすと腸内で腐敗発酵し、体中に毒素を回す原因になってしまいます。

特に、私を含めたアトピーの方は胃腸が弱っているので、不消化を起こし、腸内で腐敗発酵してしまう可能性が高いと考えておいた方が良いでしょう。

でも、せっかく美味しく食べた物が、腸内で腐敗発酵しているかもしれないと思うと、
何だか悲しくなってきませんか?!

どうせなら、美味しく食べた物ほど、
私たちの身体を維持する栄養になって欲しいものです。

そのためには、やはり、『食べた分だけ運動をする』と良いのではないかと私は思います。

運動をすれば、代謝能力が高まるだけでなく、
カロリーの高い秋の食べ物の消化を助けてあげることができます。

また、寒さの厳しい冬に向けて、基礎代謝を高めておくことは、
何より、代謝能力が弱まる冬の身体の補強になります。

前回の記事(秋の季節と『食べる』という行為)でお話したように、私たちの身体は、季節の変化に合わせて上手く対応させようとしていますが、残念ながら、私を含めたアトピーの方は、その機能が上手く働いていません。

そのため、特にアトピーの方は、季節の変化に敏感に反応し、
皮膚が荒れたり、体調を壊してしまいます。

そうした不快な症状を少しでも和らげるためにも、
運動をしたり、食事などに気を付けたりすることは、とても大切なことだと思うのです。

こうした季節の変わり目だからこそ、「自分の身体の声に耳を傾け、今、何をする必要があるのか」、冷静に考え直すには良い機会かもしれません。

またその反面、記事の冒頭にも書きましたが、秋は芸術からスポーツに至るあらゆる分野において、最も適した季節でもあるので、アトピーのことは一旦忘れて、秋という季節を十分に満喫するのも良いのではないかとも感じています。

何と言っても、心の充足はとても大事なことですからね^^

心の状態は良くも悪くも体に多大な影響を与えるので、この時期に、自分の心の赴くままに行動してみるのも良いのではないでしょうか。

モヤモヤした心をリセットするには、絶好の機会だと思います。

何れにせよ、この秋をどのように過ごすかは自分次第です。

アトピーであることで、なかなか自分の思う通りにいかないことも多いですが、お互い自分のペースで進んで行くことができたらたら良いですね。



話は変わりますが、実は1ヶ月ほど前、自宅に占い師の方を呼び、
生まれて初めて占いをしてもらいました。

もともと占いには興味があり、インターネットの無料占いサイトで、
自分の性格や人生、仕事や恋愛など占って楽しんでいました。

それだけで十分満足していたのですが、色々なタイミングが重なり、母がいつも買い物をしているオーガニック店のオーナーの奥さまが占いを始めたという話を前々から聞いていたので、その方に占いをお願いすることにしました。

占い師の方といえば、派手な化粧と奇抜な衣装を身に纏った女性のイメージが私の中では強かったため、自宅に占い師の方が来るまで、どんな風貌の方が来るのか楽しみにしていました。

ところが、自宅に訪れた占い師の方は、私のイメージしていた方とは全く違い、至って普通の方で、とても親しみやすい近所のおばさんといった感じの方でした。

占いに関しては、聞きたい内容をファクスするように言われていたので、その内容に沿って、姓名判断や算命学、西洋占星術といった様々な占術を使い、自宅に来て頂いた時にはすでに鑑定して下さっていました。

その鑑定結果を、占い師の方は、自分自身の経験を交えつつ、
時には真剣に、時には冗談を言いながら、丁寧に話してくれました。

無料占いでは分かりえなかった、自分の性格や今後の人生の流れ、結婚や仕事など、細かい部分まで知ることができ、人生初の占いでしたが大満足の鑑定結果でした。

しかし、今回占い師の方をわざわざ自宅に招いたのには、
実は、別の目的が私にはありました。

その目的とは、「自分のアトピーが本当に治るかどうか」について、
家族や友達以外である第三者の方の意見を聞くということです。

…というよりは、正直な事を言うと、家族や友達といった身近な方以外の方から、「あなたのアトピーは絶対治るよ」と太鼓判を押して欲しかったわけなんですよね^^;

私の中では、家族や友達から“絶対治るよ”と言ってもらえることが、すでに当たり前のことになっていたので、それ以外の方の口から「あなたのアトピーは絶対治るよ」と言ってもらうことで、さらに自分の自信につなげたい、そんな気持ちがありました。

もちろん、占い師の方に「自分のアトピーが本当に治るかどうか」について聞くことはお門違いでしょうし、今取り組んでいる治療法に不安があるわけでもありません。

そうは言ってもやはり、誰かに言って欲しいわけです。

『絶対治るよ』、『大丈夫だよ』 と。

それだけで自分の心が満たされるんですよね。

嘘でも良いので、ただその一言だけが欲しかったのです。

その言葉を聞けば、また明日から新たな気持ちで頑張ることができる、そう感じていました。

しかし、こうした私の考えが、少し、いや、かなり甘かったことを、
占い師の方と話すうちに、思い知らされることになりました。

占い師の方の話によれば、アトピーの原因は人それぞれで、たとえ占いであっても、昔から「病は気から」という言葉があるように、アトピーは精神や真意的な面が大きく関わっていると考えられているそうです。

そのため、治療に関しては自分が納得し安心できる方法であること、そして何より「自分のアトピーは必ず治ると信じること」がとても大切だと話して下さいました。

占い師の方は、結局最後まで、私が望んだ言葉をかけてはくれませんでしたが、占い師の方の言葉の裏には、
「あなたのアトピーは、あなたにしか治せない」という強いメッセージが込められているような気がしてなりませんでした。

そのため、占い師の方の言葉が私の心に深く刺さり、ほんの少し前まで考えていたことが、自分の甘えでしかなかったことに気づかされました。

当たり前のことですが、自分のアトピーは、自分にしか治せないんですよね。

その当たり前のことから、私は少し逃げ腰になっていたのだと思います。

たとえ、そこから一瞬逃げることができたとしても、何も解決はしないんですよね。

自分がアトピーであるということ、それ自体は何も変わらないわけですもんね。

そんな当たり前のことを、私はすっかり忘れてしまっていました。

アトピーの治療が長く続くと、身体的にも精神的にも本当に辛い事の方が多いですから、
“誰かに頼りたい”そんな気持ちがよく湧いてくるんです。

もちろん、時には自分一人だけで抱え込まずに、誰かに頼ることもとても大切なことなのですが、その度が過ぎると、ただ他人に依存しているだけになってしまいます。

やはり、アトピーは自分の問題ですから、周りの方たちのサポートを受けつつも、自分自身で解決しないといけないと改めて考えさせられました。

そのことに気づくことができただけも、
今回の占いは、私にとって大きな意味があったと思います。

そして、そのことに気づかせてくれた占い師の方には本当に感謝しています。

「人生は“気づき”の連続で成長していく」とよく言われますが、まさにその通りだと改めて感じました。

「気づき」があるのとないのとでは、人生の選択も違ったものになるでしょうし、その選択の違いで180度違う人生を送ることにもなるでしょうからね。

私もまだまだ成長が足りないようです^^;



最後に余談ですが、西洋占星術からみると、
アトピーの方の前世は、迫害された経験がある方が多いようです。

本人は前世のことなんて全く覚えてないので、その自覚はないとのことでしたが、そうした前世を持った方が多いそうです。

真意の程は分かりませんが、
占いからアトピーをみると、そのように捉えることもできるようですよ^^


*************************************
最後に・・・
『いつもブログを読んで下さってありがとうございます^^』
今回は、占いという少し変わった視点からアトピーを考えてみることにしましたが、皆さんはどのように思われたでしょうか?!

人それぞれ考えは違うとは思いますが、皆さんがアトピーと向き合うためのヒントや助けになって欲しいという思いから今回の記事を書きました。

アトピーであることで辛い事の方が多いですが、お互いアトピーときちんと向き合い、少しずつでも前進できたらいいですよね^^

それでは、更新の励みになりますので、今後とも応援もよろしくお願いします^^
   ↓↓         ↓↓
にほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
*************************************

テーマ : アトピー性皮膚炎 - ジャンル : 心と身体

私が住んでいる所では、雷を伴う、激しい雨が連日降り続いていますが、
皆さんの住んでいる地域はどうでしょうか。

もうそろそろ梅雨明けしても良い時期だと思うのですが、
一向にその気配が感じられません。

この連日の大雨で、九州の北部では多大な被害が出ていますし、
まだまだ大雨には注意が必要なようです。

梅雨時期は、いつ天候が悪化するか分かりませんので、
皆さんも梅雨が明けるまでは十分に気をつけて下さいね。



実は、2、3週間前辺りから、身の回りで思いもよらない出来事が、
次から次へと起こり、その対応に手を焼いていました。

私自身、ここ数年間はアトピー一色の日々を送っていたので、
久々のアトピー以外の出来事に、最初は新鮮な気分に少だけ浸っていました。

ところが、久々のアトピー以外の出来事のわりには、あまりにも刺激の強い出来事が次から次へと起こるので、最初に味わった新鮮な気分もすっかり忘れ、一転して、予想外の出来事に、どう対応したらよいのか分からず、私は戸惑ってばかりいました。

ただ戸惑いつつも、予想外の出来事に上手く対処したつもりでしたが、結局は不本意な結果で終わってしまったため、その結果に納得がいかず、自分の気持ちを整理するまで、少し時間がかかってしまいました。

しかも、パソコンの調子までも悪くなってしまい、
ブログを更新したくても更新できない状況が続き、踏んだり蹴ったりの2,3週間でした。

悪いことは重なるとよく言いますが、本当にそうですね^^;

今は気持ちの整理もつき、普段通りの生活に戻っていますが、
この2,3週間は、本当に慌ただしく、あっという間に過ぎてしまいました。

でも気づけば、この2,3週間、
私は何年かぶりにアトピー以外の出来事にだけ集中していました。

ここ数年間は、ほとんど毎日というよりはむしろ、
自分の全てをアトピーに捧げていたので、アトピー以外のことに目を向けることなんてできませんでした。

何をするにしても、“アトピー”という文字が頭をよぎり、
片時も、“アトピー”のことを忘れることはありませんでした。

それほど、“アトピー”に神経質になっていました。

そんな私が、アトピー以外の出来事に心を悩ませる日が来るとは、手がつけられない程アトピーの症状が酷く出ていた頃の私には、今の私の状況を想像すらできませんでした。

そのため、私の現状が本当に不思議でなりません。

まるで夢でも見ているのではないかと疑いたくなります。

“自分は一生アトピーで、
アトピーだけの人生を歩み続けなければならないのではないか、、、”

そんなことばかりを考えていた私には、
アトピー以外のことで悩むことができた、この2,3週間は、とても貴重な時間でした。

今回の出来事の結末が納得がいかなかったなんて、
そんな贅沢なことは言ってられませんよね。

そんなことよりも、アトピー以外のことにも関わりが持てるようになり、
アトピーを少しずつ克服していることに感謝したいと思います。

「後退ではなく、前進できていること」、それが本当に幸せです。

“アトピーを治したい!!”

これは私が何年もの長い間、願い続けていたことですが、
その願いに一歩ずつ近づいていることに、感謝しないといけないですよね。

身体が元気になってくると、今までできなかったことができるようになりますが、今度はそれが当たり前になってくると、なぜか何もできなかった時のことを少しずつ忘れいってしまいます。

あんなに苦しい思いをしたにも関わらずです。

そのため、“今までできなかったことができるようになった”という喜びよりも、
まだ“できないこと”に対して不満を募らせてしまいます。

今の私がまさにその状態なのですが、以前はこれだけできれば十分だと思っていたにも関わらず、それができるようになった途端、また別の欲が次から次へと出てきます。

別の欲が出てくること自体が悪いと言っているわけではありません。

ただ、“今までできなかったことができるようになった”ことに対して感謝するどころか、
“あれもこれもまだできない”、と最近の私は文句ばかり言ってしまっていました。

今回の出来事は、文句ばかり言っている私に対する忠告だったのかもしれません。

きっと、今できるようになったことに感謝しなさい、と教えてくれていたのでしょう。

自分の身の回りで起こる出来事には、自分が見過ごしているだけで、
自分へのメッセージがたくさん詰まっているのかもしれませんね。

私も文句ばかり言わず、
今できるようになってきたことに感謝する気持ちを忘れないでいようと思います^^

☆『いつもブログを読んで下さってありがとうございます^^
更新が遅くなったにも関わらず、ブログを覗いて下さりありがとうございました!!
本当に嬉しかったです^^
これからもどうぞ宜しくお願いします。

最後に更新の励みになりますので、応援もよろしくお願いします^^』
    ↓↓         ↓↓
にほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

テーマ : アトピー性皮膚炎 - ジャンル : 心と身体

最近は肌寒く感じる日もなくなり、暖かい日が続いていますね。
少し動いただけでも、汗が出てきます。

しかし、去年の今頃を思い返してみると、
暖かい日があっても、汗をかくことはありませんでした。

むしろ、梅雨に入る前は寒くもまた暑くもないので、
この時期は、とても過ごしやすい時期だと今までは思っていました。

というのも、梅雨が明けて7月の後半辺りから、30度を越す本格的な暑さがやってくるので、
私はいつもこの時期辺りからようやく汗を出すことができていたからです。

そのため、梅前入り前のちょうど今の時期は、
私にとって「汗をかく季節」ではありませんでした。

でも、“体は熱いと感じると、体から熱を逃がすために、汗を出す”のですね。

当たり前のことなのでしょうが、私にとっては当たり前のことではなかったので、
「体が熱いと感じて、自然と汗が出てくる」ことに、とても驚いています。

ただその一方で、私の体の機能がどれだけ低下していたかと思うと恐ろしくなりますが、
どれだけ体の機能が低下していようと、私の体は正常な機能を取り戻そうとしてくれていたようです。

そんなこととは知らずに、私はアトピーの症状が酷く出ると、
自分の体を憎んでばかりいました。

“どうして、私はこんな体に産まれてきてしまったんだろう、、、”
“、、、こんな体なら、死んだ方がましだ” といつも思っていました。

しかし、どんなに酷い状態であれ、今年は“自然と汗を出せる”までに私の体の機能は回復してきたわけですから、私の体は、毎日、毎日、正常な機能を取り戻すために一生懸命頑張ってくれていたのでしょう。

アトピーは皮膚に症状が出るので、出ている症状に目を奪われてしまいますが、
皮膚に出ている症状だけでは、“自分の体が良くなっているかどうか”について判断することは難しいようです。

アトピーの症状が一向に良くならないと、気持ちばかりが焦ってしまいますが、
焦る気持ちを抑えて、長い目でアトピーと付き合っていくことが必要なのかもしれません。

先が見えない治療は辛いことの方が多いかもしれませんが、
『人間には本来、自分の身体を自分の力で治す力』が備わっていると言われています。

私は、アトピーも“その一つ”だと思っています。

というのも、通常の排泄では間に合わなくなった結果、体内に溜まった毒素を皮膚の毛穴から出すことで、体の正常な機能の回復に努めている状態が、まさに“アトピー”だからです。

そのため、アトピーは、“身体の強力な浄化作用”だと私は考えています。

アトピーという形で体内に溜まった毒素を出すことができ、正常な排泄が機能し始めれば、徐々に皮膚も落ち着いてくるのではないでしょうか。

事実、去年と比べると、私の皮膚の状態は断然違いますし、
治るスピードも速くなってきています。

たとえ今どんなにアトピーの症状が酷く出ていようとも、
体は必死に自分の身体を治そうとしてくれているのです。

そうすると、アトピーも悪いことばかりではないような気がします。



先日、楽天の検索サイトのニュース欄で、とても衝撃的な記事を見つけました。

それは、「アトピーは簡単に治るから金にならない。院長ブログ炎上」
というタイトルの記事です。

アトピーを長年患っている身としては、とても気になる記事だったので、
早速読んでみることにしました。

記事の内容は、某クリニックの院長により投稿された記事が
ネットで話題になっているということでした。

その院長が投稿した記事には、以下のようなことが書いてありました。

「アトピーは、非常に治りやすい。治りやすいが、儲からない。それを信じない患者は一時期話題になったアトピービジネスのような、「ニセ科学」の餌食になって頂くしかない」というのです。

この時点で、私はすでに度肝を抜かれていましたが、さらに、その記事にはアトピーの治療法についても衝撃的な内容が綴られており、驚かずにはいられませんでした。

(この記事に書いてあったアトピーの治療法については省略します)

そして、この院長の発言が波紋を呼び、ネットでは多くの議論が繰り広げられているそうです。

アトピーを薬を使わずに、自らが持つ自然治癒力で治してきた立場からすると、この記事に書かれた治療法に関しては、正直、疑問に感じることが多かったです。

現在、アトピーの治療法に関して、巷では様々な情報が飛び交っています。

それは事実です。

正しい情報だけが行き交うのであれば問題はないのですが、また、そうでない情報もたくさんあります。

残念なことに、その情報が正しいかどうかを判断する術はなく、
アトピー患者自身が、その情報が正しいかどうかを判断しなければいけない状態にあります。

私が知る限りでは、数十年という長い間、このような状態が続いています。

日本の医療は世界で最も進んでいるとよく言われますが、
アトピーの治療法に関しては、なかなか進歩が見受けられません。

きっと、医療の現場でも、アトピーを治療する明確な方法が、まだ確立されていないのでしょう。

それだけ、医療の立場からみても、アトピーは厄介なものであるのかもしれません。

そのため、アトピーを取り巻く環境は、年々複雑になってきているように思います。

そんな状況の中で、医者という立場にある方が、さらに追い打ちをかけるように、
不審に思われる記事を投稿したことに、私はとても憤りを覚えました。

院長がどのような意図でこの記事を投稿したかは見当もつきませんが、
アトピーで悩んでいる方の実情をもっと理解して欲しいと感じました。

アトピーで悩んでいる方の実情を本当に知っているのであれば、
誰もが目にすることのできるネット上で、このような発言をすることは決してできないはずです。

何といっても、アトピーに関する記事を書いているのですから、
アトピーで悩んでいる方が読むことを配慮した上で、発言するべきだったのではないでしょうか。

医者の一番の役目は、病気を治療することであるのかもしれませんが、
患者の心に目を向け、寄り添うべきだと私は思います。

治療する相手は、心を持たないロボットではなく、生身の人間なのですから。。。

医者である以上、そのことは決して忘れてほしくありません。


ただその一方で、私を含めアトピー患者の方も、忘れてはいけないことがあります。

それは、アトピーの治療に関して医者ばかりに頼るのではなく、
私たちも自分の頭で、自分が患っているアトピーに関して、きちんと考えるということです。

そのためには、アトピーの治療に関して、自分で調べ、理解し、判断する目を養わないといけません。

それこそが、アトピーを治す近道ではないかと感じます。

病気を治療する役目は医者にあるのかもしれませんが、
最終的に、アトピーを治すのは“私たち自身”です。

自分のアトピーを治すのは、医者ではないのです。

その点は、履き違えてはいけないと思います。

☆いつもブログを読んで下さってありがとうございます!!
『今回は、「現在の自分のアトピーの状態」と「アトピーについて思うこと」を書きました。
人それぞれ意見は違うとは思いますが、これが私の考えです。
下のサイトからは、アトピーに関する情報を調べることができます。
もしかしたら、参考になる記事があるかもしれません。

最後に更新の励みになりますので、応援もよろしくお願いします^^』
             ↓
にほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


ブログランキングNo.1

テーマ : アトピー性皮膚炎 - ジャンル : 心と身体

 | BLOG TOP |  NEXT»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。