プロフィール

藤桜の姫

Author:藤桜の姫
『ようこそ!!ご訪問頂きありがとうございます。』

『ブログでは、長年苦しんだアトピーについて書いています。また、アトピーと“食事”、“季節”、“心”との関係や“身体の仕組み”、“アトピーから学んだこと”など、私がアトピーで悩んでいた時に知りたかった色々な情報を載せています。アトピーの方もそうでない方も、ぜひ読んでみて下さいね^^』

【☆始めての方は、左下のカテゴリ欄の目次をクリックして下さい。今までの記事のリスト載せていますので、そこから読んでみて下さいね!!】


最新記事


カテゴリ


月別アーカイブ


最新コメント


最新トラックバック


FC2カウンター


皆さん、お盆休みはいかがお過ごしでしたか

私はというと、何十年かぶりに、父親の実家に帰省してきました。

父親の実家は、私の住んでいるところから遠く、船に乗らないといけない場所にあるので、アトピーが噴き出してから、父親の実家に帰ることができませんでした。

そのため、祖父や祖母にも、十五年ほど会っていないことになります。

そのため、祖父や祖母に会う時は緊張しましたが、二人とも「よく来たねー」と言って、久しぶりに帰ってきた私を温かく迎え入れてくれたので、とても嬉かったです。

それに、祖父や祖母も、歳を取ってはいるものの、
とても元気な様子だったので、一安心しました

まだ体調が完全ではないので、日帰りで帰って来ましたが、
お盆休みはとても充実した日を過ごすことができました。

今までのお盆休みとは、比べものにならないほど、
楽しい時間を過ごすことができたと思います。

努力は実るものなんですね。

今回、つくづくそのように感じました。

というのも、お盆休みといえば、毎年、ずっと家で過ごしていたからです。

遠出をするほどの体力もなかったですし、
そんな気力もありませんでした。

でも、この暑い夏に、私は毎日、欠かさずにやっていたことがあります。

それは、『汗をかくこと

えっ??と思われた方もいらっしゃるかもしれませんが、私の身体はとても冷えている上に、汗をかけるような皮膚ではなかったので、汗をかける皮膚にするために、この暑い夏は毎年『汗をかくこと』に必死になっていたんですよね。

それで、何をしてたかというと…

この暑い日に、クーラーもつけずに、家の階段の登り下りや家の中を1時間ほど歩き回ったり、日中の暑い時を見計らって掃除機をかけたりしていました。

とても地味ですよね

でも、こうでもしなければ、私の皮膚は汗をかくことができなかったんです

30度を越す暑い日でも、私の身体は冷えきってしまっていたので(中医学でいえば、極陰の状態)、ただ暑い場所にいるだけでは、汗をかくことなんてできませんでした。

そのため、暑い夏こそ、
身体を動かして、汗をかける皮膚に鍛え直すことが必要だったんすよね。

健康な方からみれば、この30度を越す暑い日に汗をかくことができないこと自体に驚くかもしれませんね。

しかし、『汗を上手にかけない』ということは、
それほど皮膚の機能が落ちているということでもあります。

要は、働いていないわけです

「汗を上手くかけないことが、どういうことを意味するのでしょうか?!」

『汗を上手くかけない』ということは、身体の体温調整も上手くできないだけでなく、身体に溜まった毒素を上手く排泄できないということを意味しています。

これは、とても恐ろしいことなんですよ

アトピーの方であれば、身体がとても冷え切ってしまっているので、汗をかくまでもない方が多いかもしれませんが、汗をかくという機能が使われなければ、その機能は自然と衰えていきます。

だって、使わないわけですからね。

そして、身体に溜まった毒素を出すという手段の一つも失うので、便や尿、呼吸といった別の方法で、身体に溜まった毒素を出していかなくてはいけないことになります。

もちろん、便や尿、呼吸で身体の中に溜まった毒素を出してあげることができれば問題はないのですが、なかなか自分の都合の良いように、身体に溜まった毒素は出ていくことはありません。

アトピーの症状で苦しんだ経験のある皆さんなら、お分かりだと思います。

だからこそ、働いていない機能を呼び起こすためには、その機能をサポートしてあげる環境を作り、鍛えなくてはいけません

そうなんです。

汗をかけないのであれば、自分で鍛えてあげなくてはいけないんですよね。

私は…
“食事療法をしているから大丈夫”
“サプリメントを飲んでいるから大丈夫”
“漢方薬を飲んでいるから大丈夫”
“マッサージに通っているから大丈夫”、という問題ではありません。

もちろん、そのような方法で、落ちた機能をサポートする身体の環境作りだけは、整えることができるかもしれません。

しかし、環境作りだけでは、
落ちた機能を正常な機能まで戻すことはできません。

やはり、自分の力で鍛えることがとても重要になってきます

つまり、努力しなければなりません。

汗をかけないのであれば、汗をかけるように鍛える努力が必要です。

そして、『しっかり汗をかける』ようになれば、排毒作用も高まります。

アトピーは身体に溜まった毒素が出てきている状態でもあるので、汗をしっかりかけるようになることで、アトピーを治す近道にもなります。

もちろん、炎症が起きている部分に汗をかくと、
痒くなったり、症状が酷くなることもあるかもしれません。

でも、痒くなったり、症状が酷くなることを恐れていては、
いつまで経っても、皮膚の機能を回復することは難しいと私は思います。

私も以前は、汗をかくと、痒みや症状が酷くなるので、
なるべく汗をかかないようにしていた時期がありました。

なるべく、扇風機やクーラーの前にいるようにしていたんですよね。

だからでしょう。

私の皮膚は、いつまで経っても汗をかくことができませんでしたし、
皮膚に刺激を一切与えないので、皮膚は一向に強くなりませんでした。

これでは、健康で丈夫な肌を取り戻そうと、
必死なってアトピーを治しているのに意味がありません。

そこで、私は暑い夏に、身体を動かして汗をかくようにし始めたんですよね。

夏に汗をかくように努力し始めてから、1年毎に身体は少しずつ温かくなり始め、夏にクーラーの部屋に入れないほど冷え切っていた私の身体は、二年後にはクーラーの部屋に入れるようになっていきました。

そして、いつも冷たかった手足も温かくなりましたね。

もちろん、暑い夏でも汗をかけなかった皮膚が、今では身体が暑いと感じると、すぐに汗が出るような皮膚になっていきました。

そうなるまでに、三、四年ほどの年月が必要でしたが、
汗をかく努力をして良かったと思います。

骨折をしてギブスを取った後、リハビリをして鍛え直すことが必要なように、皮膚も鍛え直す必要があるのだと私は思います。

やはり、皮膚もいつまでも甘えかしてばかりでは駄目なんですね。

甘えかしてばかりいると、
そのつけは、必ず自分がいつか支払わなくてはいけませんから。

そのつけが大きくなる前に、
支払う方が、つけも少なくて済むのではないでしょうか。

『あなたの皮膚は汗をかけますか?!』

どうするかは、あなた次第です。


*************************************
いつもブログを読んでくださる皆さんへ

『いつもブログを読んで下さってありがとうございます

「皆さんの皮膚は、汗をかけていますか?!」

もし、汗をかくことで、痒みが増すことが心配な方は、
すぐに汗を流せる環境で汗をかく努力を始めてみてはどうでしょうか。

汗も、身体に溜まった毒素を“排泄する手段”の一つです。

そのことは忘れないで下さいね。

また、悩みがある時には私にメールを下さい。

自分一人で悩まないで下さいね。

『それでは、更新の励みになりますので、今後とも応援もよろしくお願いします
 ↓↓         ↓↓
にほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
*************************************
スポンサーサイト

テーマ : アトピー性皮膚炎 - ジャンル : 心と身体

皆さん、ゴールデンウィークはいかがお過ごしでしょうか

ゴールデンウィーク中は、天気の良い日が続くそうのなので、
絶好の行楽日和になりそうですね。

日頃のストレスから解放される良い機会ですから、
自分の好きなことをして、お互いエネルギーを充電しておきましょうね


今回は『内臓にも休む時間を』の続きの記事を書いてきたいと思います。

皆さんは、1日24時間の人間の生活に、
「生理のリズム」があることをご存知でしょうか。

「生理のリズム」というと、少し難しく聞こえますが、
簡単に言えば、「体内リズム」のことです。

実は、人間の身体は、
毎日、ある一定のリズムを繰り返しているんですよ

その人間の「生理のリズム」ですが、
大きくつに分けられています。

まず、一つ目の時間帯は、朝から昼間までの時間帯、だいたい午前4時からお昼12時までの時間は、「排泄・浄化の時間帯」となっています。

次に、二つ目の時間帯は、お昼から夕方までの時間帯、だいたいお昼12時から午後8時までの時間は、「活動・消費の時間帯」となっています。

最後に、三つ目の時間帯は、夕方から朝までの時間帯、だいたい午後8時から午前4時までの時間は、「休養・蓄積の時間帯」となっています。

この人間の「生理のリズム」は、先程書きましたが、私たちの「体内リズム」でもあるわけですから、内臓がどのような時間割で働いているのかということを示しているものでもあるわけなんです。

ということは、この「生理のリズム」を知っておくことで、私たちは「いつ食事を摂っったら良いのか」、また「この時間帯は食事を控えた方が良いのではないか」ということが、自分でも把握できるようになってきますよね

『皮膚は内臓の鏡』とよく言われますが、まさに『アトピー』は“内臓の疲れ”が一つの引き金となって発症したものだと私は思います。

そこで、アトピーの肌の状態を少し思い浮かべてみて下さい。

皮膚がパックリ割れたり、そこから出血したり、
肌が乾燥したり、炎症が起きたり、リンパ液が出たりしますよね。

この皮膚の状態は、
決して皮膚の表面だけで起こっているわけではありません。

こうした状態は、
私たちの目に見えない“内臓”でも同じことが起こっているわけなんです

特に“内臓”は、私たちの目には見えないため、なかなか自覚しづらいですが、『アトピー』を持つ私たちの“内臓”はとても弱っているんですよね。

「内臓にも休む時間を」の記事でも書きましたが、口に食べ物を入れれば、あらゆる“内臓”がフル回転し、食べ物の処理に全力を注ぐので、食事と食事の間のほんの数時間しか空けないような食べ方をしていると、“内臓”は1日中休みなく働きっぱなしの状態になります。

しかも、これが1日だけではなく、毎日休みなく続くわけですから、
こんな食生活を送っていれば、“内臓”はすっかり弱ってしまっているはずですよね

さらに付け足して言えば、内臓は“細胞”からできているので、“内臓”が疲れていれば、自ずと私たちを形作っている“細胞”も非常に疲れた状態に陥っていることになります。

こんなに疲れ弱りきった状態の“内臓”であれば、
『アトピー』を発症してもおかしくはないですよね。

だからこそ、“内臓”にも休む時間を取ってあげることが必要になってくるわけなんです

先程の「生理のリズム」を簡単にまとめると…

①午前4時からお昼12時が“排泄の時間”
②お昼12時から午後8時が“摂取の時間”
③午後8時から午前4時が“吸収の時間”

となります。

この時間に合わせて、私たちの“内臓”は、身体に溜まった老廃物を排泄し、食べたものから栄養を取り込み、その取り込んだ栄養素で代謝し、細胞の入れ替えを行っています。

朝ご飯抜きと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、朝からしっかりご飯を食べることで、昨日食べたものからできた老廃物を体外に排泄する妨げになります。

また、食べた物を消化、吸収するには莫大なエネルギーが必要となるので、排泄の時間帯に、余計な仕事を増やすと、身体も内臓も細胞も非常に疲れてしまいます。

その結果、不要物を体外に上手く排泄することができずに、
そのまま体内に不要物を残してしまうことになります。

それが、むくみや冷えを引き起こし、
基礎代謝量を低下させてしまうことにもなるわけなんですよね

そのため、この人間の「生理リズム」に合わせて食事を摂ることで、“内臓の疲れ”を効果的に取ってあげることができるようになります。

そして、“内臓の疲れ”を取ってあげることは、
最終的に、荒れた肌を健康な状態に戻すことにも繋がるんですよ。

アトピーの原因は人それぞれですし、原因がたった一つということはありませんが、食事を摂る時間を見直されてみてはいかがでしょうか。

日中活動をして夜眠るといった脳と身体の休息のリズムは意識されますが、食べ物を消化したり、老廃物を排出したりする“内臓の休息”はなかなか意識されませんよね。


ただ、成長過程の子供は栄養をきちんと取らないといけないので、
子供が朝食を摂らないのは問題だと私は思います。

あくまで、今回のお話は成人の方向けのお話ですので、
その点はご理解下さいね。


“内臓の疲れ”を取ることに意識を向けることは、
自分の身体を大切に扱うということでもあります。

今まで皆さんは、自分の身体を大切に扱ってきましたか

このくらいは平気だと思い込み、
身体に負担のかかる食生活を送ってきたりしませんでしたか

この機会に、身体の内なる声に耳を傾けてみませんか


*************************************
いつもブログを読んでくださる皆さんへ

『いつもブログを読んで下さってありがとうございます

今回は、『体内リズムの時間割』について書きました

皆さんは、どのような食生活を送ってきたでしょうか

「皮膚は内臓の鏡」と言いますが、身体の外に出ていえる症状は、身体の中でも同じように起っているものです。

今一度、自分の身体の扱い方について見直してみてはいかがでしょうか。

それでは、残り少ないゴールデンウィークですが、十分楽しんで下さいね


『それでは、更新の励みになりますので、今後とも応援もよろしくお願いします
 ↓↓         ↓↓
にほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

*************************************

テーマ : アトピー性皮膚炎 - ジャンル : 心と身体

皆さん、お久しぶりです
12月に入ると、また一段と寒さが厳しくなってきましたよね

去年はもっと温かかったような気がするのは私だけでしょうか
あまりの寒さに心が折れてしまいそうです。

何れにせよ、これから寒さも一層厳しくなるでしょうから、
皆さん、体調管理には十分に気をつけて下さいね


ところで、冬といえば、東洋医学では『腎の季節』だと言われいます。

『腎』というと、腎臓をすぐに思い浮かべてしまいますが、東洋医学でいう『腎』とは、単に腎臓のことを指すのではなく、膀胱や生殖器、泌尿器なども含めたもので、髪の毛や歯や骨、耳や喉、呼吸器やホルモンバランスなどにも関係しているそうです。

冬は、その『腎』が活発に働く時期で、
汗として排出していた毒素が尿として排出されます。

しかし、『腎』は冬の寒さの影響を受けやすく、
冬は『腎』の気が消耗しやすくなるそうです。

そのため、この冬の寒い時期は、頻尿や浮腫(むくみ)、膀胱炎を起こしたり、
腎炎やネフローゼなどの腎臓病が悪化しやすくなります。

また、先程少し触れましたが、東洋医学では、骨や腰も全て「腎」の統括下にあると考えられているため、リウマチや関節炎、腰痛なども、この時期に悪化しやすいそうです。

しかし「なぜ、冬に症状が悪化してしまうのでしょうか

それはどうやら、この冬の厳しい寒さによって引き起こされる『冷え』と密接に関係しているようです。

寒くなってくると、
私たちの身体には自ずと『冷え』が入り込こみます。

冬は夏とは違い、
椅子にずっと座ったままでいると、身体はどんどん冷えてきますよね

身体を動かしていないと、
夏のように自然と身体が温まることはありません。

そのため、ヒーターの前にいても、なかなか身体が温まらなかったり、身体が冷えてなかなか寝付けなかったりといった経験がある方もいらっしゃるのではなしでしょうか。

私も冬場はストレッチをして身体を温めてから布団に入らないと、身体が冷えたままでは、なかなか寝付くことができません

このように、寒さの厳しい冬は、
私たちが知らない間に、『冷え』が身体の中に忍び込んできているのです。

そして、この『冷え』が、私たちの身体の中に忍び込むと、全身の筋肉が緊張するだけでなく、血管も収縮するため、血液の流れが悪くなり、さらに『冷え』が進行してしまいます。

すると、内臓の働きまでも悪くなってしまい、
体の至るところで、様々な不調が起こり始めるというわけです。

もともと身体が『冷え』ているアトピーの方にとっては、
さらに身体の『冷え』を助長する原因にもなるので、冬の寒さは特に大敵ですよね


実は、この冬の寒い季節から身を守るために、
体内で一生懸命頑張って働いてくれている器官があります。

それが、“腎臓と膀胱”です。

水分を排泄する器官である“腎臓と膀胱”が上手く働くことで、体内の余分な水分を排出し、冬の厳しい寒さから身体の『冷え』を防いでくれているのです。

ただ、そう言われてもなかなか想像しにくいですよね

そこで、例えばコップに水を入れて、その水の入ったコップを「冷たい場所」と「暖かい場所」のそれぞれに1個ずつコップを置いてしばらく放置した時のことをイメージしてみて下さい

すると、「冷たい場所」と「暖かい場所」のそれぞれに置かれたコップの水の温度はどうなるでしょうか

「冷たい場所」に置かれたコップの水は、
外の冷えた空気により、さらに水の温度は冷えてしまいますよね。

逆に、「暖かい場所」に置かれたこコップの水は、
外の暖かい空気により、水の温度も温められますよね。

‘コップ’を‘私たちの身体’に、そして‘コップに入った水’を‘体内の水分’に置き換えて考えてみると、人間も「冷たい場所」にずっといれば、当然、身体の芯から冷えてきますし、「暖かい場所」にずっといれば、身体は自然と温まってきますよね。

しかし、人間の体温はだいたい36.5度が正常であり、それ以上高過ぎても低く過ぎても、私たちの身体は上手く機能することができません

そこで、私ちの身体は、体温が高くなり過ぎたり、また低くなり過ぎたりしないために、体内の水分量を調節をすることで、体温を一定に保つよう働きかけています。

そのため、夏は皮膚から「汗」として、汗をかきにくい冬は腎臓と膀胱から「尿」として、体内の余分な水分を出すことで、身体が熱くなり過ぎたり、身体が冷え過ぎたりするのを防いでくれているんです。

…ということは、この冬の寒い季節は、“腎臓と膀胱”が「尿」として、体内の不要な水分をきちんと出すことが、身体を『冷え』から守ることにも繋がるということなのかもしれませんね。


ただ、だからといって、身体の『冷え』を取るために、腎臓だけを治せば良いかというと、そう簡単な話ではありません

というのも、人間の身体は、それぞれの機能が単独で動いているわけではなく、全てが一つに繋がっており、血管や皮膚、筋肉や骨、神経や脳、内臓の各器官は絶妙なバランスを取って成り立っているからです

そのため、身体の一ヶ所だけが悪く、
あとは健康で全く問題がないというわけではありません。

たとえ、腎臓が身体の中で一番弱っていたとしても、その一番弱い内臓の負担が、他の内臓や各器官にも多かれ少なかれかかっているということになります。

単に腎臓だけを集中して治せば、
冷え』が治るというわけではないんですね。

そして、このことは『冷え』だけなく、
実は『アトピー』にも同じことが言えるんですよ。

つまり、『アトピー』も酷く症状が出ている皮膚だけに問題があるわけではなく、身体全ての器官や臓器が関連して起こっている症状だといえるわけなんです。

もちろん、『アトピー』の原因は人それぞれ違うとは思いますが、身体の一ヶ所だけを治せば、『アトピー』が完治するという単純なことではないんですね。

このように書くと誤解されてしまうかもしれませんが、『アトピー』が複雑で治りにくいということを言いたかったわけではないので、その点は誤解しないで下さいね

ただ、私たちの身体を構成している、血管や皮膚、筋肉や骨、神経や脳、内臓などの各器官は、それぞれバラバラに働いているわけではなく、みんなで協力し支え合っているということを決して忘れないで欲しいのです。

そして、その視点から、
改めて自分に出ている『アトピー』について考えてみてはいかがでしょうか

今までとは違った視点から、
アトピー』を捉えることができるかもしれません。

それぞれの器官が、お互い協力し合い、また負担を補いながら、私たちの身体が正常に機能していること、そのことを頭の片隅にでも留めておいて下さいね



*************************************
いつもブログを読んでくださる皆さんへ

『いつもブログを読んで下さってありがとうございます

今回は、冬の季節にちなんで、冬に活発に働く器官の話を織り交ぜながら、
「私たちの身体の仕組み」について書きました

自分たちの「身体の仕組み」をきちんと知ることで、
『アトピー』の改善にも役に立つのではないかと思います。

やはり、『アトピー』を根本から治すためには、皮膚といった身体の一か所だけを治そうと考えるのではなく、“身体全体を治していくという意識”がとても大切になってくるのではないでしょうか。

また、表面化する症状には必ず原因があります。

自分に出ている『アトピー』が、どんなメッセージを出しているのか、
改めて考え直す機会なればと思います。

『それでは、更新の励みになりますので、今後とも応援もよろしくお願いします
 ↓↓         ↓↓
にほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
*************************************

テーマ : アトピー性皮膚炎 - ジャンル : 心と身体

 | BLOG TOP |