プロフィール

藤桜の姫

Author:藤桜の姫
『ようこそ!!ご訪問頂きありがとうございます。』

『ブログでは、長年苦しんだアトピーについて書いています。また、アトピーと“食事”、“季節”、“心”との関係や“身体の仕組み”、“アトピーから学んだこと”など、私がアトピーで悩んでいた時に知りたかった色々な情報を載せています。アトピーの方もそうでない方も、ぜひ読んでみて下さいね^^』

【☆始めての方は、左下のカテゴリ欄の目次をクリックして下さい。今までの記事のリスト載せていますので、そこから読んでみて下さいね!!】


最新記事


カテゴリ


月別アーカイブ


最新コメント


最新トラックバック


FC2カウンター


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
はじめまして。藤桜の姫といいます。
タイトルにも書いてある通り、『私はアトピー』です。

もう15年以上もの長い間、アトピーに苦しんできました。
実年齢はブログなのでふせますが、人生の半分以上、アトピーで悩まされてきました。
それは今も継続中です。

ただ、現在はある方に出会い、アトピーの症状も快方に向かっています。
アトピーが噴出した当初は、皮膚科と言われる病院は全て回りました。
しかし、どこの病院に行ってもステロイド剤を処方されるばかりで、
アトピーの症状は治まるどころか、一向に治りませんでした。

しかも、自分の手に負えない患者だと思うと、
病院は「紹介状を書きます」とだけ言って、
症状が悪化してしまった患者に手紙を一通、手渡すのです。

私は、その手紙を何度も受け取りました。
最初のうちは、「きっと次の病院でよくなることができる!」という期待で一杯でしたが、
何度もその手紙をいろんな病院でもらううちに、
「たらい回し」されていることに嫌でも気づかされました。

そんな状況だったので、病院に対する不満は積もるばかりでした。

でも何よりも心配だったことは、
「もしかして、一生このままなんじゃないか」ということでした。

今まで何ともなかった皮膚が、
赤く腫れたり、
黒く変色したり、
象の皮膚のように硬くなったり、
深いしわができたり、
そのしわが何かの衝撃で切れると、
そこから出血したり、
たまらなく臭くて、ねちょっとした黄色い膿が出てきたり、と

とにかく皮膚はボロボロの状態でした。

そんな状態だったので、体はとても動かしにくかったです。

しかも、頭は毎日ぼーっとしたような状態が続き、
体がだるくて、きつくて仕方ありませんでした。

この時は『生きている』という実感はなく、
『ただ毎日をやり過ごしている』という感じがとても強かったです。

「生きる屍」という言葉がピッタリ当てはまる状態でした。

でも一番ショックだったことは、
顔が別人のように変わってしまったことでした。

本当にショックでした。

まるでお岩さんのように赤く腫れあがった顔が、
自分の顔だという現実を受け入れることはできませんでした。

だから、極力、自分の顔が映る鏡やガラスなどを見ないようにしていました。
どうしても見ないといけない時は、
目を細めて、なるべく自分の顔を見ないですむようにしていました。

今まで経験したことのない状況に、
私の精神の糸は今にもはち切れるばかりの状態に達していました。


こんな私を救ってくれたのは『母親』でした。


この話は長くなるので後で書きますが、
二人で話し合った結果、薬(ステロイド剤)を使うことを止め、
自分が本来持っている免疫力で治していくことにしました。
いわゆる「自然治療力」というやつです。


ここから『私と母の長い長い脱ステロイドの道』が始まりました。


それから今まで、漢方薬や温泉治療、指圧や様々な民間療法を試してきました。
しかし残念ながら「体の底から快方に向かっている」と感じることは全くありませんでした。

もちろん、漢方薬や温泉治療などで一旦は症状は落ち着くのですが、
またアトピーの症状がぶり返していました。
『治っては、またぶり返す』、この繰り返しです。

一度、自然治療で治していくと固く決意したものの、
何度挫折しようと思ったかわかりません。

特に、アトピーの症状が「ぶり返し」た時は、
『せっかく、あそこまで良くなっていたのに、どうして!!』
という気持ちで一杯でした。

そして、いつも思っていました。
「私が一体何をしたの?」
「何も悪いことなんてしてないのに!」
「どうして私だけこんな目にあわないといけないの!!」
「死んだほうがまし!!!」って。
母親にも何度暴言を吐いたことか・・・

アトピーを治そうと頑張っても、
その努力が報われないことへの苛立ちと一向に改善しないことへの不満は
脱ステロイド中、ずっと続きました。

でも、そんな心の葛藤がある中で、
少しずつ「アトピー」や「人間の体」のことを本屋インターネットで調べていくうちに
「どうして今私がアトピーの症状が出ているのか?」ということが
なんとなく分かり始めてきました。

そんな矢先に、最初に書きましたが、ある方と出会いました。

そして、
今ようやくアトピーの症状のぶり返しも治まり始め、
本来の元気な体を取り戻そうとしています。

今まで感じることのできなかった「体の底から快方に向かっている」実感があります。
体に生命のエネルギーがみなぎっているような感じがあるのです。

ようやく、ようやく、ここまで辿り着くことができました。

あともう少しです。

今回、ブログを書こうと思ったのは、
ただ単純にアトピーを克服しましたという報告をしたかったからではありません。

現在、アトピーの治療には様々な方法が世の中にはあります。
西洋医学、漢方やアロマテラピー、指圧やお灸、断食などたくさん存在しています。
別にどの方法が悪くて、どの方法が良いということをここで議論しようとは思っていません。
どの方法を選んで治療していくかは、その人自身が選択すべきであるからです。
病気を治すのは、医者でも、家族でもありません。
病気を治すのは、その人自身でしかないからです。

私が『脱ステロイド』に関するブログを書こうと思ったのは、
とても辛いことでしたが、この15年に起こった出来事を忘れないためです。
そして、アトピーの現状、特に脱ステロイドすることがどういうことかを
みなさんに知ってもらいと思ったからです。

脱ステロイドをしている方には「同じ悩みを持っている人がいる」ということを。
アトピーを知らない方には「アトピーがどんなものか」ということを。
少しでも知って欲しいです。

15年間、本当にいろいろなことがありましたが、
今ようやく脱ステロイドをしてよかったと思える私がここにいます。
15年前はそう思える自分がいるとは思ってもみませんでしたが、
諦めないで今日まで来ることができたことを感謝しています。
特に、今まで私を支え続けてくれた家族には感謝してもしきれません。

それでは、15年の間に起きた出来事を書いていこうと思います。
よろしくお願いします。

*ランキングに参加しています。
ブログ更新の励みになるので、どうぞポチッとクリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : アトピー性皮膚炎 - ジャンル : 心と身体

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。