プロフィール

藤桜の姫

Author:藤桜の姫
『ようこそ!!ご訪問頂きありがとうございます。』

『ブログでは、長年苦しんだアトピーについて書いています。また、アトピーと“食事”、“季節”、“心”との関係や“身体の仕組み”、“アトピーから学んだこと”など、私がアトピーで悩んでいた時に知りたかった色々な情報を載せています。アトピーの方もそうでない方も、ぜひ読んでみて下さいね^^』

【☆始めての方は、左下のカテゴリ欄の目次をクリックして下さい。今までの記事のリスト載せていますので、そこから読んでみて下さいね!!】


最新記事


カテゴリ


月別アーカイブ


最新コメント


最新トラックバック


FC2カウンター


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
皆さん、お盆休みはいかがお過ごしでしたか

私はというと、何十年かぶりに、父親の実家に帰省してきました。

父親の実家は、私の住んでいるところから遠く、船に乗らないといけない場所にあるので、アトピーが噴き出してから、父親の実家に帰ることができませんでした。

そのため、祖父や祖母にも、十五年ほど会っていないことになります。

そのため、祖父や祖母に会う時は緊張しましたが、二人とも「よく来たねー」と言って、久しぶりに帰ってきた私を温かく迎え入れてくれたので、とても嬉かったです。

それに、祖父や祖母も、歳を取ってはいるものの、
とても元気な様子だったので、一安心しました

まだ体調が完全ではないので、日帰りで帰って来ましたが、
お盆休みはとても充実した日を過ごすことができました。

今までのお盆休みとは、比べものにならないほど、
楽しい時間を過ごすことができたと思います。

努力は実るものなんですね。

今回、つくづくそのように感じました。

というのも、お盆休みといえば、毎年、ずっと家で過ごしていたからです。

遠出をするほどの体力もなかったですし、
そんな気力もありませんでした。

でも、この暑い夏に、私は毎日、欠かさずにやっていたことがあります。

それは、『汗をかくこと

えっ??と思われた方もいらっしゃるかもしれませんが、私の身体はとても冷えている上に、汗をかけるような皮膚ではなかったので、汗をかける皮膚にするために、この暑い夏は毎年『汗をかくこと』に必死になっていたんですよね。

それで、何をしてたかというと…

この暑い日に、クーラーもつけずに、家の階段の登り下りや家の中を1時間ほど歩き回ったり、日中の暑い時を見計らって掃除機をかけたりしていました。

とても地味ですよね

でも、こうでもしなければ、私の皮膚は汗をかくことができなかったんです

30度を越す暑い日でも、私の身体は冷えきってしまっていたので(中医学でいえば、極陰の状態)、ただ暑い場所にいるだけでは、汗をかくことなんてできませんでした。

そのため、暑い夏こそ、
身体を動かして、汗をかける皮膚に鍛え直すことが必要だったんすよね。

健康な方からみれば、この30度を越す暑い日に汗をかくことができないこと自体に驚くかもしれませんね。

しかし、『汗を上手にかけない』ということは、
それほど皮膚の機能が落ちているということでもあります。

要は、働いていないわけです

「汗を上手くかけないことが、どういうことを意味するのでしょうか?!」

『汗を上手くかけない』ということは、身体の体温調整も上手くできないだけでなく、身体に溜まった毒素を上手く排泄できないということを意味しています。

これは、とても恐ろしいことなんですよ

アトピーの方であれば、身体がとても冷え切ってしまっているので、汗をかくまでもない方が多いかもしれませんが、汗をかくという機能が使われなければ、その機能は自然と衰えていきます。

だって、使わないわけですからね。

そして、身体に溜まった毒素を出すという手段の一つも失うので、便や尿、呼吸といった別の方法で、身体に溜まった毒素を出していかなくてはいけないことになります。

もちろん、便や尿、呼吸で身体の中に溜まった毒素を出してあげることができれば問題はないのですが、なかなか自分の都合の良いように、身体に溜まった毒素は出ていくことはありません。

アトピーの症状で苦しんだ経験のある皆さんなら、お分かりだと思います。

だからこそ、働いていない機能を呼び起こすためには、その機能をサポートしてあげる環境を作り、鍛えなくてはいけません

そうなんです。

汗をかけないのであれば、自分で鍛えてあげなくてはいけないんですよね。

私は…
“食事療法をしているから大丈夫”
“サプリメントを飲んでいるから大丈夫”
“漢方薬を飲んでいるから大丈夫”
“マッサージに通っているから大丈夫”、という問題ではありません。

もちろん、そのような方法で、落ちた機能をサポートする身体の環境作りだけは、整えることができるかもしれません。

しかし、環境作りだけでは、
落ちた機能を正常な機能まで戻すことはできません。

やはり、自分の力で鍛えることがとても重要になってきます

つまり、努力しなければなりません。

汗をかけないのであれば、汗をかけるように鍛える努力が必要です。

そして、『しっかり汗をかける』ようになれば、排毒作用も高まります。

アトピーは身体に溜まった毒素が出てきている状態でもあるので、汗をしっかりかけるようになることで、アトピーを治す近道にもなります。

もちろん、炎症が起きている部分に汗をかくと、
痒くなったり、症状が酷くなることもあるかもしれません。

でも、痒くなったり、症状が酷くなることを恐れていては、
いつまで経っても、皮膚の機能を回復することは難しいと私は思います。

私も以前は、汗をかくと、痒みや症状が酷くなるので、
なるべく汗をかかないようにしていた時期がありました。

なるべく、扇風機やクーラーの前にいるようにしていたんですよね。

だからでしょう。

私の皮膚は、いつまで経っても汗をかくことができませんでしたし、
皮膚に刺激を一切与えないので、皮膚は一向に強くなりませんでした。

これでは、健康で丈夫な肌を取り戻そうと、
必死なってアトピーを治しているのに意味がありません。

そこで、私は暑い夏に、身体を動かして汗をかくようにし始めたんですよね。

夏に汗をかくように努力し始めてから、1年毎に身体は少しずつ温かくなり始め、夏にクーラーの部屋に入れないほど冷え切っていた私の身体は、二年後にはクーラーの部屋に入れるようになっていきました。

そして、いつも冷たかった手足も温かくなりましたね。

もちろん、暑い夏でも汗をかけなかった皮膚が、今では身体が暑いと感じると、すぐに汗が出るような皮膚になっていきました。

そうなるまでに、三、四年ほどの年月が必要でしたが、
汗をかく努力をして良かったと思います。

骨折をしてギブスを取った後、リハビリをして鍛え直すことが必要なように、皮膚も鍛え直す必要があるのだと私は思います。

やはり、皮膚もいつまでも甘えかしてばかりでは駄目なんですね。

甘えかしてばかりいると、
そのつけは、必ず自分がいつか支払わなくてはいけませんから。

そのつけが大きくなる前に、
支払う方が、つけも少なくて済むのではないでしょうか。

『あなたの皮膚は汗をかけますか?!』

どうするかは、あなた次第です。


*************************************
いつもブログを読んでくださる皆さんへ

『いつもブログを読んで下さってありがとうございます

「皆さんの皮膚は、汗をかけていますか?!」

もし、汗をかくことで、痒みが増すことが心配な方は、
すぐに汗を流せる環境で汗をかく努力を始めてみてはどうでしょうか。

汗も、身体に溜まった毒素を“排泄する手段”の一つです。

そのことは忘れないで下さいね。

また、悩みがある時には私にメールを下さい。

自分一人で悩まないで下さいね。

『それでは、更新の励みになりますので、今後とも応援もよろしくお願いします
 ↓↓         ↓↓
にほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
*************************************
スポンサーサイト

テーマ : アトピー性皮膚炎 - ジャンル : 心と身体

コメント:

読みたいタイトルがいっぱいで、少しずつ読ませてもらいますね。

私も小さい頃からのアトピー体質で、ステロイドを使っていた時期もあるので、うなづく部分ばかりでした。

私も汗をかけなかったので、代謝が悪くて悪くて。私の場合は冷えとりしたり、最近はウォーキングしたりすることでかなり改善。汗をかくって、こんなに気もちいいことだったんだ~♪と30代後半にして気づくことができました。

汗をかけるようになると、少しずつですが、お肌のターンオーバーが機能してくるようですね。先日は、初めてお会いした方に「肌がキレイですね」と言われて、ビックリ。すごーく嬉しかったです☆

汗をかくという、他の人には当たり前のことが、できるようになった嬉しさを共有できて感謝です☆

Re: タイトルなし

> natsuさん

早速、ブログを覗いて下さってありがとうございます^^
とても嬉しかったです。

natsuさんもアトピー体質でステロイドを使っていた時期があるんですね。

アトピー体質で悩んでいたとは思えないほど、お肌がきれいなので、
私もnatsuさんがアトピー体質だなんて気づきませんでした。

きっと、冷え取りやウォーキングなどをされたということなので、
その努力が今のnatsuさんに現れているのだと思います。

今のnatsuさん、素敵ですもんね^^

少ししかお話したことはないですが、見た目もそうですが、コメントも心がこもっていて、とても温かいですし、natsuさんの人柄が滲みでてますもんね。

きっと、皆さんもそう感じていると思います^^

私もnatsuさんを見習わないといけませんね。

それに、「お肌がきれいですね」という一言は、
アトピーで悩んできた方にとっては、最高の言葉ですよね。

私も他の人には当たり前にできるようになった嬉しさを共有できるなんて、
以前は思ってもみませんでした。

今までは自分の悩みの種だったものが、
人と人とを繋ぐ架け橋になることもあるんですね^^

本当に感謝です^^!!

私も1年前に脱ステを行いました。
40年アトピーでした。いまは9割治りました
あと1割が治らないんですけどね。

ブログを少し読みまして
凄く勉強なさっているのがよくわかります。

食べ物の事など同じように勉強しました。

劇的に効果があったのが整体です。
youtubeで「セルフ整体」というのを見つけ固い筋肉の部分に
対して整体を行うと凄く効果があります。目からウロコでした。

私の場合は運動も好きで、10年〜20年カチカチに固くなっている部分がありまして(私の場合は背中側の腰の上、スネの外側、肩など)
ストレッチではいくらやっても柔らかくならなかった筋肉を
整体では柔らかくすることができます。
そうすると指先までぽかぽかします。
エネルギーが全身を回っている感じがします。


あともう一つ水毒に関してよく勉強されるといいです。
水毒の対策は
・湯船につかる(一番風呂のみ)
・腹巻きをする(できないときはTシャツなどは中に入れる)
・陽性の陰性野菜を理解して食べる
・しょうが紅茶を飲む
・コーヒー等をひかえる
・水分摂取を控える
・半身浴もいいです
・風呂で固い筋肉をよくもむ
などです。アマゾンで水毒に関する口コミの評価の高い本を買うといいです。
私にはぴったりでした。

あと少し!お互いがんばりましょうー!!

Re: タイトルなし

> ハッシィさん

はじめまして。
ブログを読んで頂きありがとうございます。

「よく勉強なさっている」、その言葉、本当に嬉しいです^^
アトピーでは、散々悩み、自分なりに色々と勉強してきたので、
そういった言葉をかけて頂くと、今までの苦労が報われる気がします。

ハッシィさんは、去年脱ステをされ、ほぼ治られたんですね。
40年アトピーで苦しまれ、大変な思いをたくさんしてこられたことと思いますが、
今までよく頑張られましたね。

その今までの頑張りが実を結び、アトピーが完治に近づいているのだと思います。
本当に、よく頑張られたと思います。

教えて頂いた「セルフ整体」については、今度youtubeで見てみますね。
固い筋肉の部分に対して整体を行うと凄く効果があるということですから、
筋肉が硬くなり、血流障害を起こしているアトピーの方には、効果的なものだと感じます。
今度、試してみますね。

また、水毒に関しては参考にさせて頂きます。
ご指摘ありがとうございます。

それでは、お互いがんばりましょうね^^

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。