プロフィール

藤桜の姫

Author:藤桜の姫
『ようこそ!!ご訪問頂きありがとうございます。』

『ブログでは、長年苦しんだアトピーについて書いています。また、アトピーと“食事”、“季節”、“心”との関係や“身体の仕組み”、“アトピーから学んだこと”など、私がアトピーで悩んでいた時に知りたかった色々な情報を載せています。アトピーの方もそうでない方も、ぜひ読んでみて下さいね^^』

【☆始めての方は、左下のカテゴリ欄の目次をクリックして下さい。今までの記事のリスト載せていますので、そこから読んでみて下さいね!!】


最新記事


カテゴリ


月別アーカイブ


最新コメント


最新トラックバック


FC2カウンター


こんにちは。

10月に突入しましたが、いかがお過ごしでしょうか。

9月に入ってから朝晩が冷え込むようになりましたが、

10月に入ると、お昼の時間帯も汗をかくほどの暑さもなくなってきましたよね。

朝晩とお昼の気温の差があるので、体調に異変を感じている方もいるかもしれませんね。


私も、最近、朝起きると、喉が乾燥して、少し痛むことがあります。

そういう時、私は少しのお湯にプロポリスを数滴入れ、

喉の痛い部分に当たるように飲んでいます。

簡単な対処法ですが、結構、これが効くんですよね!!

風邪を引いてしまうと、その後が大変なので、

喉が痛い方は試してみて下さいね。


10月といえば、秋、秋といえば、運動。。。。

と、無理やりこじつけてみましたが、今日は運動と呼吸法について、

簡単に書いていこうと思います。


ご存知の方もいるかもしれませんが、

中医学では、皮膚は肺ととても関連があると言われています。

中医学とは、中国を中心とする東アジアで行われてきた伝統医学のことで、

東洋医学と言った方がイメージしやすいかもしれませんね。


「皮膚と肺が関連しているから、何??」と思われるかもしれませんが、

皮膚と肺が関連しているということは、

肺が健康であれば、皮膚が健康であるということであり、

逆にいうと、

肺が健康でなければ、皮膚に症状が出るといことを意味しています。


つまり、肺を治せば皮膚は健康になると言いたいところですが、

アトピーはそれだけが原因ではなく、色々と複雑に問題が絡み合っているので、

肺を単純に治せば良いという訳でないのですが、

アトピーの症状が出る一つの原因として、肺に何らかの原因があると考えられています。


でも、肺に原因があるとして、

その肺を治すにはどうすればいいいのか、分からないですよね

それに、肺は空気を吸ったり吐いたりするところで、

悪くなることってあるのかな?!と思いません?!

だって、私たちは呼吸を今この瞬間だけでなく、

寝ている時も、いつだって呼吸しているわけですから。


しかし、現代人の多くは、呼吸が浅く、体は常に酸欠状態に陥っているのが現状です。

そのため、体内の酸素が足りないことで、全身への血液の循環が上手くいかずに、

冷え性や肩こり、慢性的な倦怠感など、体調不良になることが多いのです

アトピーも「血液循環の悪さ」や「体の冷え」によることから、

引き起こされるので、肺を少しでも改善することが、

皮膚の状態をよりよくすることにも繋がります。


では、どうすれば肺を改善できると思いますか?!

お気づきの方もいると思いますが、

それは、正しい呼吸をすることです


正しい呼吸とは、

吐く息を、吸う息よりも長くすることです。

吐く時に、ゆっくり7カウント数え、

吸う時は、4カウントくらいでよいと思います。

まずは、吐く息を意識してみて下さい

そして、呼吸法を行う時は、

必ず、吐く息からするようにして下さい。

これを一日一回でも良いので、意識してやってみて下さい。

すぐに効果が表れるわけではありませんが、

少しずつ3か月、6か月しているうちに、

知らない間に、肺の機能も高まってくると思います。


そして、それと同時進行で、運動するが最も効果できです。

運動をすることで、肺活量を高まりますし、

アトピーの改善にも一躍かってくれるはずです。

自分の好きな運動で良いのですが、

一番手軽にできるのは、近所を散歩することでしょうか。

季節を感じながらの散歩も楽しいと思います。


アトピーを治そうと思うと、

アトピーを治すことに一生懸命になってしまい、

心に余裕がなくなることが多いですが、

何事も楽しく、根をつめないように行ってみて下さい。


それでは、季節の変わり目でもあるので、

体調管理には十分にお気をつけ下さいね


また、アトピーに関するご相談などあれば、

コメント欄でもメールでもよいので、いつでも連絡して下さいね


『それでは、更新の励みになりますので、今後とも応援もよろしくお願いします

 ↓↓         ↓↓

 にほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
こんばんは。
もう9月に入りましたね。
9月といえば、季節の変わり目の時期でもありますが、
アトピーの調子はいかがでしょうか。

もし、今の時期に悪化しているのであれば、
悪化の一つの原因として、気候や気圧の変化が考えられると思います。

アトピーの症状が悪化すると、
「なんで悪化したのだろう?」と悩んでしまいますが、
悪化する原因を知っておくことで、
変に悩み過ぎることも少なくなると私は思います。

難しいとは思いますが、症状が悪化した時こそ、
気持ちを落ち着け、なるべく、
アトピーのことばかり考え過ぎないようにして下さいね。

信じられないかもしれませんが、
アトピーのことを忘れるほど、自分の好きなことに熱中することが、
アトピーの改善にも繋がっています。

実際、私も自分の好きなことに熱中することで、
アトピーを改善された方に出会ったことがあります。

その方は、顔から膿が止まらず、
病院で顔を包帯をぐるぐる巻きにされたことのある女性の方です。
携帯でその時の写真を見せて頂いたのですが、
包帯巻きにされた姿を見た時は、
写真とはいえ、言葉を失ってしまいました。
でも、そんな方が、食事治療をする傍ら、
ダンスという自分の好きなことに出会うことで
半年でアトピーが改善したという話をその女性の方から聞きました。
きっと、その半年の間、自分にしっかりと向き合ったからこそ、
半年で劇的にアトピーが改善されたのだと思います。
辛い時も沢山あったと思いますが、それを乗り越え、
アトピーを改善しただけでなく、自分らしさも取り戻されたのだと、
お話を聞いて感じました。

アトピーの症状が出ると、落ち込んでしまいますが、
そのアトピーが、あなたに何かを教えてくれているかもしれません。

例えば、今お話した女性のように、
本来の自分自身を取り戻して!!という意味だったり、
それは人それぞれですが、きっとアトピーを通して、
あなたに伝えたいことがあるはずです。

それが何かを知るためには、
ちゃんと自分と向き合うことが必要になってくると思います。

その初めの一歩として、
今日は「自分の好きなこと(もの)は何だろう?!」と考えてみませんか。

好きなことがどんどん出てくる人は、案外少ないので、
出てこなくても気にしないで下さいね。

まずは、自分に質問して、考えることが大切ですから
ぜひ、試してみて下さいね(^ ^)

 『それでは、更新の励みになりますので、
今後とも応援もよろしくお願いします』 
 ↓↓         ↓↓



みなさん、お久しぶりです


3年ぶりのブログ更新なので、当時このブログを見てくれている方が、

まだ見てくれているか分かりませんが、本当にお久しぶりです。


そして、お元気でしたか


久しぶりにブログを書きたいという思いが出てきたので、

最近感じたことをブログに書いていこうと思います。


まずは、私の状態ですが、

この3年の間で、アトピーの症状は劇的に改善しました


本当に自分でもビックリするほどアトピーの症状がなくなりました。

十年以上もの間、アトピーで闘病生活をしていたのが、嘘のようです


今では、あの10年以上の月日が、

実際にあった出来事だったのか?!と思うくらいになっています。


本当に、魔法にかかったみたに治っていきました


傍から見ると、私をアトピーだったと思う人はいないと思いますし、

初めて会う人に、アトピーで闘病生活をしていたと言っても、

返ってくる言葉は、「本当に?!全然、分からないね。」という嬉しいお言葉

この言葉を闘病中に何度聞きたいと思ったことか


本当に不思議です。


人生のどん底、いやどん底を突き抜けて、

さらに下の下の下の下の下ぁ~にいた私が、

今、元気に暮らし、自分の好きなことができるようになっています。


人生って、変わるんですね。

いや、人生は自分が強く望んだ方向に進むようになっているんだと、

今回、アトピーが劇的に治ったことで感じることができました。


アトピーの闘病中だった時は、こんなこと考えもしなかったんですけどね


だって、「治りたい」と強く願っていたけど、

なかなか改善しなかったわけだし…


そんなふうに感じる人は多いのではないかと思います。


でも、その「治りたい」という、あなたの気持の奥の奥の奥ぅ~の方を

じーーーーーっと見つめてみたことはありますか??


自分の気持ちの奥の奥の方を観察したことがない人は、

ぜひ自分に隠れている気持を観察してみて下さい。


たぶん、いえ、きっと、こんな気持ちが隠れているはずですし、

時々、いや、常に、心の中でこんな言葉を呟いているはずです。


「こんなに酷いんだから治るはずない。。。」

「何をしても無駄!!」

「いつ治るんだろう??」

「なんでこんなに治療しているのに、何も変わらないの??」 などなど。


あなたの気持ちの奥には、まだ他にもあるかもしれませんが、

私もこんなことを闘病中に考えていたので、

きっと治療中の方だったら、こんな強い思いで心が満たされていると思います。


一方では、「治りたい」という気持ちはあっても、

その一方では、「治らない」に気持ちが強く傾いているのが分かりますか?!


これは、「治らない」方に、自分の思いを強く傾いている状態です。


だから、

もし、あなたが心の中で「治るかな??」と呟いたり、不安に思っているということは、

自分で「治らない」ことを選択していることになってしまっているんです。


あなたが、そんな選択してないといくら反論したとしても。。。


もちろん、私もこの考えを納得できるまでに時間がかかったので、

治療中の方は、この考えを受け入れることは難しいことだと分かりますが、

一度「自分が今、何を強く考えているのか?!」見つめ直してみませんか


その気づきが、アトピーの治療だけでなく、

これからの人生を渡っていく上で基礎になる考え方だと私は思っているので、

ぜひこの機会に自分の気持ちと向き合ってみて下さい。


最初は分からなくても、

あとでじわじわ~と自分が心の底から変わってくる感じがしてきますよ。


それでは、今日はこの辺で

また、これから少しずつブログを更新したいと思います。

今日は読んで頂きありがとうございました。


 『それでは、更新の励みになりますので、今後とも応援もよろしくお願いします』  ↓↓         ↓↓ にほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ
にほんブログ村




*************************************
大事なお知らせ

<この記事にコメントをくれた方へ>

昨日、この記事にコメントをくれた方に、コメント欄に載せてあったアドレス先に返事を書いたのですが、その返事を何度送信しても自分のもとに返ってきてしまいます。

コメントも非表示にされていたので、コメント欄に返事を書くのは避けた方が良いと思い、コメント欄には返事を載せていません。

もう一度コメント欄にアドレス先を書いて頂ければ、返事を送ることができるので、よろしければ、もう一度アドレス先を載せてコメントして頂ければと思います。

頂いたコメントはきちんと全て読ませて頂き、
返事も書いているので、心配しないで下さいね

*************************************

皆さん、お久しぶりです^^

9月まではまだまだ暑い日が続いていましたが、
10月に入ると、だんだん秋らしくなってきましたよね。

でも、急激な気温や気圧の変化に、身体がついていかず、
私の周りでは、体調を崩している方が多いようです。

…って、他人事のように言っていますが、
私もその一人なんですよね^^;

今回は、自分でも驚くくらい急激に体調が変化し、
今まで落ち着いて皮膚にも症状が出てきたので、本当に辛かったです。

まだ症状が落ち着いていないので、現在進行形なんですけどね。

特に、久しぶりに顔が赤く腫れ、
目が腫れたことが一番のショックな出来事でした。

顔に症状が出ると、人相は変わりますし、人目にもつくので、
私は顔に症状が出るのが、一番嫌なんですよね。

何より、ここ最近は、顔や目が腫れることがなくなっていただけに、
今回の症状のぶりかえしは、相当、心にこたえました。

だって、「もう顔には出ない、大丈夫だ」と自信を持っていましたから。。。

それが今回は、心の準備ができないうちに、2,3日の内に急に顔や目が腫れてしまったので、戸惑いと焦る気持ちが大きかったです。

しかも、そんな時に限って、
わざわざセミナーを連続して受講するように前々から決めていたりするんですよね。

もちろんセミナーですから、当日欠席することができないわけではないのですが、特に今回のセミナーは、前々から物凄く楽しみにしていたもので、何か非常事態が起こらない限り絶対に参加したいと思っていたものでした。

そのため、セミナー開催の2,3日前から顔に症状が出てきた時は、『よりによって、こんな時に顔に症状が出なくてもいいのに…本当についてない。。。。』と心の中で何度もそう感じていました。

そして、『どうして…また、私ばっかり!!』と考える自分がいましたね。

でも、頭ではきちんと分かってはいるんですよ。

頭では分かってはいても、心が瞬時にそのように感じてしまうわけなんです。

こればかりは、止めようと思って、止められるものではないですね。

だって、心が勝手に感じるわけですから、抑えようがありません。。。

この抑えられない感情にまかせて、セミナーを欠席することもできたのですが、
今回、私は『セミナーに行く』という選択をしました。

以前の私だったら、即座にセミナーを欠席していたでしょうから、
以前の私が今の私の行動を見たら、きっと腰を抜かすでしょうね。

でも、今回は、たとえ顔に症状が出ていても、
セミナーに参加した方がベストな選択だと思ったんです。

もちろん、顔に症状が出ることは、本当に辛いことです。

顔だけには出て欲しくない、本当にそう思います。

特に、女性ならなおさらではないでしょうか。

顔に症状が出ていれば、周りから好奇な目で見られますし、「どうしたの??」、「大丈夫??」と心配してくれる周りの人たちまで、鬱陶しく感じてしまいますからね。

そんなことばかり考えていると、そんな自分に対して嫌気がさしてきますし、
そうすると、さらに深みにはまり、負のスパイラルに陥ってしまいます。

そう、いつまで経っても、負のスパイラルから抜け出せない。。。

私は、この15年もの間、そんなことを繰り返してきたんですよね。

だから、今回、セミナーに参加しなければ、
顔の症状が落ち着くまで、この調子がずっと続くと思ったんです。

何れにせよ、顔の症状が落ち着くまでは、時間がかかります。

最低、1ヶ月は必要でしょう。。。

だって、顔に症状が出たのも一つの身体の毒出しですからね。

症状が落ち着くまでには、時間が必要です。

でも、症状が落ち着くまで、ず~っと“心が沈んだまま”、“自分がしたいこともできないまま”、“楽しいことをしないまま”過ごすことは、さらに自分に追い討ちをかけることにはなるんじゃないかと思ったんですよね。

顔に症状が出ているだけでも辛いのに、
心まで落ち込んでしまったら、さらに辛くなるは当然ですよね。

自分で自分の首を絞めているようなものです。

もちろん、顔に症状が出ていることが全く気にならないわけではないですよ!!

当然、気になります。

早く良くなって欲しい!!、そう思います。

でも、症状が落ち着くまでの間、「心穏やかに過ごすのか」、「心が沈んだ状態で過ごすのか」では、症状の経過も全く違ってくると思うんですよね。

だから、今回は『セミナーに行く』という選択を私はしました。

一人で家にこもって、顔に出ている症状のことを考えながら、『どうして、私だけ…』と泣いているよりは、前々から楽しみにしていたセミナーに行けたので、とても勉強になり、有意義な時間を過ごせたと思います。

『皆さんだったら、私と同じような状況に陥った時、
どような選択をしますか?!』

*************************************
いつもブログを読んでくださる皆さんへ

『いつもブログを読んで下さってありがとうございます

この秋へと移行する時期、
特にアトピーの方の中は症状が悪化している方もいるかもしれませんね。

皮膚の症状が悪化すると、気持ちはどんどん凹んでしまいますよね

でも、症状が出たことを悪化したと捉えるのではなく、身体の毒素を出していると捉えることで、自分の身体に出ている症状に対する見方が変わってきます。

だって、皮膚に症状が出たからといって、
それが必ずしも悪化したことと繋がるわけではないですよね。

皮膚に症状が出たのも、身体が治る過程で起こったものかもしれないでしょ

そう考えると、気持ちも自然と変化していきますし、何より自分が楽になりますよ

もし、悩みがある時には私にメールを下さい。

自分一人で悩まないで下さいね。

『それでは、更新の励みになりますので、今後とも応援もよろしくお願いします
 ↓↓         ↓↓
にほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
*************************************





テーマ : アトピー性皮膚炎 - ジャンル : 心と身体

皆さん、お久しぶりです
日が暮れるのも早くなってきましたが、いかがお過ごしでしょうか

私の住んでいる場所では、9月末だというのに、夏のように暑い日がまだ続くかと思えば、2,3日前から急に涼しくなり始めたりと、なかなか気候が安定しません。

そのせいか、ここ2週間ほど体調を崩してしまっていました。

去年もそうでしたが、私の場合は、冬から夏へと移行する季節の変わり目よりも、夏から秋へと移行する季節の変わり目の方が体調を崩しやすいんですよね

それも、もしかしたら『秋』という季節と密接に関わりがあるのもかもしれません

以前ブログにも書きましたが、秋は『肺の毒出し』の季節に当たります。

そのため、秋は「肺の病気が出やすく、肺に溜まっている毒素が出てくる季節」であり、逆に言えば「肺が毒素を出すことによって、病気を治そうとする季節」でもあるんですよね。

そこで、まず肺の不調は鼻に現れるため、鼻づまりやくしゃみ、鼻水などの形で、肺に溜まった毒素を外へ出そうとします。

さらに、肺は大腸や皮膚とも繋がっているため、肺機能の低下が下痢や便秘などの原因になるだけでなく、この時期に皮膚トラブルを抱えることが多くなることとも密接に関係しているわけなんです。

だからこそ、私を含めたアトピーの方は特に注意が必要な時期でもあるわけですが。。。

今の私の症状と照らし合わせると、
『秋』という季節の影響を受けているように感じます。

というのも、秋口から肺と関わりがあると言われている指先にアトピーの症状が出始めただけでなく、鼻詰まりも起こっていますし、便も下痢気味で、まさに『肺の毒出し』が行われている最中だと感じざるをえません。

ただ、身体に不快な症状が出ると、やはりすぐに抑えてしまいたいですよね

特に、目に見える皮膚に症状が出ると、他の方たちの目に付きますし、少しでも早く症状が治まって欲しいと思うのは当然のことだと思います。

しかし、この季節の変わり目に、こうして体内の毒素を出そうとする反応は、目には見えない身体の内側の状態を、私たちに目に見える形で身体が教えてくれているということも忘れないで欲しいのです

というのも、
「肺に毒素が溜まってますよー!!」
「肺が弱っていますよー!!」
「大腸が弱っていますよー!!」
といった、身体からの大切なメッセージでもあるわけですからね

その身体からのメッセージを無視せず、きちんと受け止めて欲しいと私は思います。

そして、『自分の身体の声に耳を傾ける』ことが、身体に出ている症状を治す一番の近道だと思うからです。

アトピーとは言っても、アトピーの原因は人それぞれ違います。

それは、今までどんな食べ物を食べてきたのか、身体にどんな薬を飲んだり、塗ったりしてきたのか、ストレスのかかり具合や生活環境など、人それぞれ多種多様で、身体にどれだけの負担がかかっているのか違うだけでなく、体質も人それぞれ違います。

そのことを一番知っているのは、
お医者さんではなく、実は『あなたの身体』が一番よく知っているんですよ。

身体は素直に反応しますから、今あなたの身体に出ている症状は、今まであなたが自分の身体に行ってきたことの反応でもあるわけなんです。

よく考えてみて下さい。

「今まであなたはどんな食生活をしてきましたか?!」
「今まであなたはどんな生活を送ってきましたか?!」
「今まであなたはどんな環境で育ってきましたか?!」
「今まであなたは身体にどのくらいストレスかかえてきましたか?!」
。。。。

挙げたらきりがありませんが、それを知るためには、まず自分に起こる症状に目を向け、身体の声に耳を傾けることがとても大切なことではないかと私は思います。

皆さんの身体は、皆さんにどんなメッセージを送っているのでしょうか?!

身体に出ている症状をただ毛嫌いするのではなく、
その症状の裏に潜むメッセージは何か考えてみませんか^^?!

*************************************
いつもブログを読んでくださる皆さんへ

『いつもブログを読んで下さってありがとうございます

この秋へと移行する時期、
特にアトピーの方の中は症状が悪化している方もいるかもしれませんね。

皮膚の症状が悪化すると、気持ちはどんどん凹んでしまいますよね

私もそうでしたから、その気持ちはすごくよく分かります

でも、症状が出たことを悪化したと捉えるのではなく、身体の毒素を出していると捉えることで、自分の身体に出ている症状に対する見方が変わってきます。

だって、皮膚に症状が出たからといって、
それが必ずしも悪化したことと繋がるわけではないですよね。

皮膚に症状が出たのも、身体が治る過程で起こったものかもしれないでしょ

そう考えると、気持ちも自然と変化していきますし、何より自分が楽になりますよ

もし、悩みがある時には私にメールを下さい。

自分一人で悩まないで下さいね。

『それでは、更新の励みになりますので、今後とも応援もよろしくお願いします
 ↓↓         ↓↓
にほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
*************************************


テーマ : アトピー性皮膚炎 - ジャンル : 心と身体

 | BLOG TOP |  NEXT»»